実家暮らしは家にお金をいくら入れる?平均は54,009円で年代別では50代の約7.5万円が最も高い

独身実家暮らし1,000人に調査を実施

社会人が実家暮らしをする場合、「タダで実家暮らし」というわけにもいかず、毎月家にお金を入れるケースも多いのではないでしょうか。

この記事では、独身の社会人で実家暮らしをしている1,000人にアンケートを実施。「実家暮らしとお金」について詳しく調べた内容を公開しています。

本記事で紹介しているデータは、アンケート結果から算出した平均値です。
あくまで参考としてご利用ください。

毎月家に入れるお金は全年代平均54,009円!一人暮らしにくらべて6万円以上浮いている

独身の社会人で、実家暮らしをしている1,000人に調査を行なった結果、毎月家にお金を入れる人の割合は全体の61%でした。

毎月家に入れるお金は、20〜50代の全年代平均で54,009円。
年代別平均で見ると20代が33,232円、30代が41,750円、40代が59,131円、50代が75,473円と、年代が上がるにつれてアップするという結果に。

また一人暮らしと比較すると、実家暮らしによって62,641円のお金が浮き、81%が幸福を感じていることもわかりました。

独身の実家暮らしにおける要約

ここからは、家に入れるお金についてより詳しく紹介していきます。

調査地域:実家暮らしの社会人(独身) 1,000人(内訳:20代189人、30代255人、40代311人、50代245人)
調査対象:全国
調査期間:2023年6月29日~7月5日
調査主体:株式会社モデル百貨「暮らしのマネー百貨編集部」
調査委託先:アイブリッジ株式会社

家にお金を入れている社会人は61%!「入れる派」「入れない派」で年収額に大きな違いが

調査の結果、独身実家暮らしの61%が実家にお金を入れていることがわかりました。家にお金を入れているのは606人。全体の半数以上を占めています。

家にお金を入れる実家暮らしの人は61%

「入れる派」と「入れない派」は、背景になにか違いがあるのでしょうか?
回答者の年収額に注目したところ、「入れる派=平均3,437,129円」、「入れない派=平均1,855,872円」と、収入面で大きな差がありました。
年収額が大きな判断基準となっている背景があるようです。

家に入れるお金は全年代平均で54,009円!年代別では50代が75,473円でトップ

実家にお金を入れる場合、20〜50代の全年代平均は54,009円でした。
もっとも多い金額帯は「20,001~30,000円」で28%、ついで「40,001~50,000円」が22%でした。これらで全体の半分を占めています。

実家暮らしの人が毎月家に入れるお金は平均54,009円

年代別で見ると、50代が75,473円とトップ。20代が33,232円と最下位でした。
20代と50代では年収額も大きく異なるでしょうから、家に入れる額に差がつくのも当然といえるかもしれません。

家に入れるお金の額は「自分で決めた」が58%と半数以上

家に入れる金額をどのように決めたか調査したところ、「自分で決めた」が58%で最多でした。ついで多いのが22%の「相談して決めた」です。

58%の人は実家に入れるお金を自分で決定

半分以上の回答者が自分で決めたというのは興味深いポイントです。ケースバイケースですが、基本的に本人の意思が尊重されるケースが多いようですね。

実家暮らしをするのは「金銭的な理由」が53%を占める

実家暮らしを選んだ理由を聞いたところ、1位が「お金に余裕がないから」で32%でした。さらに、2位は「お金を貯めたいから」で21%。合計すると、半数以上が金銭的な理由で実家暮らしを選択していることになります。

実家暮らしを選んだ最大の理由はお金に余裕がないから

そのほか「職場から近いから」「介護のため」「家事など任せられるから」という回答も。

家事は忙しい社会人にとって大きな負担。家族にお願いできるならそうしたいのが本音でしょう。

自分が担当する主な家事は「自室の掃除」それ以外は家族におまかせの傾向

気になる家事の分担については、「主に自分が担当する家事」の1位は「自室の掃除」で71%でした。
そのほかの家事については、いずれも主に自分が担当するケースは30%以下となり、社会人の実家暮らしは家事の苦労から解放されているケースが多いようです。

実家における家事分担の割合

「主に家族が担当する家事」では、1位が「料理」、2位「その他家事」、3位は「洗濯」です。

つまり実家暮らしでは料理をはじめ、洗濯までしてもらえる場合もあるということです。一人暮らしの社会人からすれば、夢のような環境に映ることでしょう。

一人暮らし経験者が実感する実家暮らしのメリット

一人暮らし経験者を対象に、実家暮らしで実感しているメリットについても聞きました。

一人暮らしとくらべて平均62,641円のお金が浮く

一人暮らしとくらべ、実家暮らしでいくらお金が浮くかを調査したところ、全体平均で62,641円でした。
回答者の多い順に、1位は「40,001~50,000円」で27%。2位は「90,001~100,000円」の15%、3位が「20,001~30,000円」で13%でした。

実家暮らしは62,641円浮く

毎月平均で62,641円が浮くということは、一人暮らしにくらべて年間およそ75万円ものお金が手元に残るということです。

このお金を趣味に使ったり貯金したりすれば経済的にも精神的にも豊かになれるでしょう。これが実家暮らし最大のメリットといえそうです。

一人暮らし経験者の81%が実家暮らしに幸福を感じている

実家暮らしに幸福を感じているかを聞いたところ、81%が「はい」と答えています。

実家で暮らす人の幸福度は81%

その理由としては「趣味に使えるお金が多くなった」「お金が減らないので貯蓄が増えた」など、やはり金銭的なものが多数。

そのほか、「居心地が良すぎる」「家族だんらん」など、実家暮らしならではの意見もありました。

一人暮らし経験者の72%が「このまま実家暮らしを続けたい」と回答

「今後も実家暮らしを続けたいか」という質問には、一人暮らし経験者の72%が「続けたい」と答えています。

さらに、あとどのくらい実家暮らしを続けたいかを聞いたところ、一番多かった答えが「10年」。2番目が「5年」、3番目が「3年」と「30年」で同順位でした。

実家暮らしを続けたい人は72%

3年や5年など短期間の人は、将来設計を立て、実家暮らしの期間をきちんと決めている人たちでしょうか。

一方、10年や30年など長期間の回答は、この先もずっと実家暮らしを続けたい、もう実家を出たくない、という気持ちの表れのようにも思えます。

実家暮らしならではのエピソード

最後に、アンケートで集まった「実家暮らしならでは」のエピソードを抜粋して紹介します。

実家暮らしのエピソード

実家暮らしでは、家族とのコミュニケーションが増えたり、健康的になったりと、「金銭面」や「家事軽減」ばかりでなく、さまざまなメリットを感じているようです。

一部では、家族からの干渉や親の世話に対する愚痴も聞こえてきましたが、それ以上のメリットを感じているからこそ、実家暮らしを続けているのかもしれませんね。

本記事の内容(画像、データ、その他情報)は、以下のルールに準じたうえで引用可能です。

・本記事へのリンクを貼ること
・引用元として下記を記載すること

 暮らしのマネー百貨「実家暮らしは家にお金をいくら入れる?平均は54,009円で年代別では50代の約7.5万円が最も高い 」