全国のご当地ペイ分布マップと一覧!利用者330人に聞いたメリットとデメリットとは?

近年、全国各地で地域通貨といわれる独自のペイサービスが導入されています。
地域通貨は、地域活性化のカギとして、注目と期待を集めています。

本記事では、多種多様な地域通貨のうち、限定された地域で使えるアプリ式キャッシュレス決済サービスを「ご当地ペイ」とし、最新の状況を調査しました。

ご当地ペイが活用されている各都道府県一覧および実際に利用している人へのアンケート、ご当地ペイの導入例(東京都渋谷区、福島県会津若松市)を紹介します。

「ご当地ペイ」とは?

限定された地域やコミュニティー内で、お金の代わりに使うことができる決済手段のことを、一般に「地域通貨」といいます。
日本では、1999年に流通した「地域振興券」がその先駆けといえます。
紙で発行されるタイプの地域振興券には、発行や運用にコストがかかるといった問題点がありましたが、近年スマートフォン所持率の上昇やキャッシュレス決済の普及を受けて、デジタル化が進んでいます。

この記事では、下記に該当するタイプの地域通貨を「ご当地ペイ」としています。
●都道府県または市区町村単位で流通しているもの
●スマートフォンアプリの利用でキャッシュレス払いができるもの
●利用者の任意で繰り返しチャージをして利用できるもの

当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、売上の一部が運営者に還元されることがあります。なお、得た収益が記事中での製品・サービスの評価に影響を与えることはありません。

気になる内容をクリック

全国のご当地ペイマップ!ご当地ペイの導入は群馬県が最多

ご当地ペイは、2020年以降、全国で増加しています。

使用期間や金額が限定された「デジタル商品券」から、繰り返しチャージをして利用できるご当地ペイへの移行を検討している自治体もあります。

そこで、2024年1月現在の全国のご当地ペイの分布をまとめました。
分布図で見ると、群馬県がご当地ペイの導入がもっとも多いことがわかります。

全国ご当地ペイ分布図&ご当地ペイの例

【調査】ご当地ペイ利用者に聞いた!メリットとデメリットや利用状況など

「ご当地ペイ」利用者330人にアンケート調査を行い、実際に使って感じたメリットやデメリットなどについて聞きました。

メリットの圧倒的1位は「買い物でポイント付与やキャッシュバック、割引が受けられる」でした。

デメリットとしては、「ポイントアップなどのキャンペーンが終了したらメリットが感じられない」と回答した人が多くいました。

調査地域:福島県、群馬県、千葉県、東京都(2種以上のご当地ペイが流通している都道府県からサンプリング)
調査対象:事前調査にて「ご当地ペイ(地域通貨)を利用している」と回答した人から330人を抽出(年代比:10代0.3%、20代24.6%、30代29.1%、40代16.4%、50代13.9%、60代15.7%)
調査期間:2023年12月6~13日
調査主体:MoneyGeek編集部
調査委託先:アイブリッジ株式会社

高い還元率がご当地ペイの一番の魅力

ご当地ペイを使ってみて良いと思う点の回答

ご当地ペイのメリットとして、「買い物でポイント付与やキャッシュバック、割引が受けられる」がもっとも多く選ばれました。

ご当地ペイは、支払いの際にポイントが付与されたり、チャージ時に額面が上乗せされたりすることがあります。
期間限定の場合が多いですが、キャンペーンによっては30%や20%とほかのキャッシュレスではあまりない高い還元率でポイント付与されることもあります。これらを利用者は一番の魅力として感じているようです。

メリットの2位は、「地域の活性化に貢献できる」でした。
地域の活性化は、ご当地ペイが発行される一番の目的です。利用者にも十分に伝わっているといえるでしょう。

ポイントアップキャンペーンが終了したらメリットなし?利用可能店舗の少なさもデメリット

ご当地ペイを使ってみて悪いと思う点の回答

ご当地ペイのデメリットとしてもっとも多かったのは「ポイントアップなどのキャンペーンが終了したらメリットが感じられない」でした。

次に「使える店舗等が少ない」「チャージ方法などがめんどう」と続きます
調査により、ご当地ペイの課題が浮き彫りになりました。

ほかのキャッシュレス払いとの利用状況は「ご当地ペイのみ」が35.0%

ご当地ペイとほかのキャッシュレス払いとの利用状況のグラフ

ご当地ペイを利用している人は、ほかのキャッシュレス払いとどのくらい併用しているのでしょうか?

ご当地ペイとほかのキャッシュレス払いとの利用状況について、「キャッシュレス払いはご当地ペイのみを利用している」と回答した人が35.0%でもっとも多い結果でした。

ふだんあまりキャッシュレス払いを利用していない人へのアピールが成功しているといえるのではないでしょうか。

ご当地ペイを今後も使い続けたい人は45.7%

ご当地ペイを今後も使い続けるかの回答グラフ

繰り返しチャージして使用できるご当地ペイは、持続的に利用されるかどうかが重要な点でしょう。

「ご当地ペイを今後も使い続けますか?」という質問に対する回答でもっとも多かったのは「今後も使い続けるつもりだ」(45.7%)でした。
しかし「ポイントアップなどのキャンペーンが終了したら利用をやめる」(43.9%)の回答と僅差でした。

ご当地ペイのメリットは「買い物でポイント付与やキャッシュバック、割引が受けられる」だと感じる人が多かったことと合わせて考えると、無理のないことでしょう。

利用者に聞いたご当地ペイのメリットとデメリット

ご当地ペイ利用者のコメントから、ご当地ペイのメリットとデメリットをまとめました。

ご当地ペイ利用者の声でもっとも多かったのは「ポイント還元率がお得」という内容でした。

利用者が感じるメリットについてのコメント

  • ときどき行われる10%のポイント還元は、今の世の中にあって大きい特典だと思います
  • ポイント還元はお得なので継続してほしい
  • コンビニ利用でも30%分が還元されるのは驚異
  • キャンペーンで割引率が高いときがあり、使うのが楽しかった
  • キャンペーンがお得すぎる。チャージで10%上乗せのたびに限度額までチャージしている

デメリットとして、チャージの仕方や支払い方法に不便さを感じている人もいました。

利用者が感じるデメリットについてのコメント

  • 現金以外、できればクレジットカードでのチャージが可能になれば利用頻度が増えると思う
  • 年長者には使い方がわかりにくい
  • チャージがATMからしかできないのは不便
  • 使えるお店がまだまだ少ない
  • 支払いのときに料金を入力するのが手間
  • クレジットカードでチャージができるはずだけれど、カード会社に使用用途を疑われてクレジットカードを止められた

また、「地域との接点ができる」というのもご当地ペイならではの魅力のようです。

利用者の地域との繋がりについてのコメント

  • お店の人と話す機会が増えた
  • (ご当地ペイで)支払いをしたら、お店の人に喜ばれた
  • ご当地ペイの使い方(支払い方法やチャージの仕方など)の説明を通じて高齢の方々と話をしたり親しくなったりするきっかけになった
  • 地域を応援していることが実感できる
  • 行ったことのなかったお店に行くきっかけになった

ほかにも、「使えると思っていたお店で使えなかった」といった声もあり、課題はあるものの、ご当地ペイがきっかけで会話する機会ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

ご当地ペイ一覧表と利用方法!サービス内容も多種多様

本記事では、ご当地ペイを「繰り返しチャージして利用可能であるデジタル地域通貨」としています。

ご当地ペイの名称は、地元の特徴やご当地キャラが用いられ、とてもユニークです。
全国のご当地ペイの種類とチャージ方法を一覧表にまとめました。

全国に60種類あるご当地ペイ一覧

ご当地ペイが導入されている市区町村と、それぞれのチャージ方法を一覧表にまとめました(都道府県名のみの場合はご当地ペイが一つもない地域という意味)。

愛媛県の「みきゃんアプリ」と鹿児島県の「Payどん」は、県全域で利用できます。

県全域で使用できるご当地ペイとしては、高知県の「ジモッペイ」も2024年3月開始予定です。

都道府県市区町村名称チャージ方法
現金クレジットカード銀行口座
北海道
北海道名寄市Yoroca http://cci.nayoro.biz/hp/Yoroca/
北海道美瑛町Beコイン https://town.biei.hokkaido.jp/life/currency/
北海道幕別町まくPay https://www.makusho.jp/makupay/
青森県
岩手県
岩手県盛岡市MORIO Pay https://morioka.yomsubi.com/
宮城県
秋田県
山形県
山形県長井市ながいコイン https://www.city.nagai.yamagata.jp/all_the_citizens/SmartCity/3/11044.html
福島県
福島県会津若松市会津コイン https://service.paycierge.com/aizu-zaifu/aizu-coin/
福島県磐梯町ばんだいコイン https://www.town.bandai.fukushima.jp/uploaded/attachment/5329.pdf
茨城県
栃木県
群馬県
群馬県前橋市めぶくPay https://www.mebukupay.com/
群馬県高崎市高崎通貨 https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2022090500046/
群馬県桐生市桐ペイ https://www.city.kiryu.lg.jp/shisei/machi/1018367/1020716/index.html
群馬県伊勢崎市ISECA https://www.city.isesaki.lg.jp/soshiki/kikakubu/jimu/digital/18433.html
群馬県太田市OTACO https://www.city.ota.gunma.jp/page/2635.html
群馬県沼田市tengoo https://www.city.numata.gunma.jp/jigyosha/chusho/yushi/1010407/index.html
群馬県館林市ぽんちゃんPay https://www.city.tatebayashi.gunma.jp/s058/jigyousya/030/150/20230126192406.html
群馬県渋川市渋Pay https://www.city.shibukawa.lg.jp/kurashi/shibupay/index.html
群馬県片品村おぜだっペイ https://www.vill.katashina.gunma.jp/gaiyou/kakuka/soumu/syomu/2023-0928-1333-38.html
群馬県みなかみ町MINAKAMI HEART Pay https://minakamiheart.jp/
埼玉県
埼玉県深谷市negi https://www.city.fukaya.saitama.jp/soshiki/sangyoshinko/sangyobrand/tanto/sangyobranding/tiikituuka/1590388003887.html
埼玉県寄居町Yori-Ca https://www.town.yorii.saitama.jp/soshiki/12/yoriimachichiikitsuuka.html
千葉県
千葉県市川市ICHICO https://www.city.ichikawa.lg.jp/pla02/0000421807.html
千葉県木更津市アクアコイン https://www.kisarazu-aquacoin.com/
千葉県大多喜町大多喜町電子地域通貨 https://www.town.otaki.chiba.jp/sp/index.cfm/11,0,26,189,html
東京都
東京都世田谷区せたがやPay https://www.setagayapay.com/
東京都渋谷区ハチペイ https://www.hachi-pay.tokyo/
東京都板橋区いたばしPay https://itabashipay.jp/
東京都東村山市アインPay https://einpay.jp/
神奈川県
新潟県
富山県
富山県魚津市MiraPay https://www.city.uozu.toyama.jp/event-topics/svTopiDtl.aspx?servno=2821
富山県氷見市ひみPay https://www.ccis-toyama.or.jp/himi/himipay/index.html
石川県
福井県
山梨県
長野県
長野県岡谷市Okaya Pay https://okayapay.jp/
岐阜県
岐阜県高山市さるぼぼコイン https://www.hidashin.co.jp/coin/
岐阜県飛騨市さるぼぼコイン https://www.hidashin.co.jp/coin/
岐阜県白川村さるぼぼコイン https://www.hidashin.co.jp/coin/
静岡県
静岡県御殿場市富士山Gコイン https://www.city.gotemba.lg.jp/sangyou/f-3/f-3-6/3991.html
静岡県西伊豆町サンセットコイン https://www.town.nishiizu.shizuoka.jp/kakuka/kankou/syoukou/sunsetcoin.html
愛知県
三重県
三重県多気町美村PAY https://portal.mie-vison.org/visonpay_mie/
三重県明和町美村PAY https://portal.mie-vison.org/visonpay_mie/
三重県大台町美村PAY https://portal.mie-vison.org/visonpay_mie/
三重県玉城町たまネー https://tamaki-shokokai.or.jp/wp/
三重県度会町美村PAY https://portal.mie-vison.org/visonpay_mie/
滋賀県
京都府
京都府京丹後市・宮津市・伊根町・与謝野町Tango Pay https://tangopay.jp/
大阪府
大阪府河南町カナちゃんコイン https://www.town.kanan.osaka.jp/soshiki/machisozobu/norinshokokankoka/gyomuannai/4/1/2/5081.html
兵庫県
兵庫県尼崎市あま咲きコイン https://www.city.amagasaki.hyogo.jp/kurashi/siminsanka/1022002/1024632/index.html#anchor3
奈良県
奈良県天理市ichica https://www.city.tenri.nara.jp/kakuka/shichoukoushitsu/siminnsoukatuyakusuisinka/ichica/10406.html
和歌山県
鳥取県
鳥取県日南町たったもカード https://www.town.nichinan.lg.jp/soshikikarasagasu/kikakuka/syoukougyou/tattamokado/index.html
島根県
島根県飯南町い~にゃんPAY https://e-lsi.jp/iinan/
島根県美郷町みさとと。Pay https://misatotopay.jp/files/original/20220829142700770b616964d.pdf
岡山県
岡山県真庭市まにこいん https://manicoin.jp/
広島県
広島県庄原市な・み・か/ほ・ろ・か https://namica.net/about.shtml
広島県安芸太田町morica https://www.akiota.jp/site/morica/9676.html
山口県
徳島県
徳島県美馬市MIMACA https://www.city.mima.lg.jp/gyosei/docs/250061.html
香川県
香川県観音寺市銭形Kマネー https://zenigatakcoin.jp/
香川県三豊市Mito Pay https://www.city.mitoyo.lg.jp/kakuka/seisaku/sangyo/8/12593.html
香川県琴平町KOTOCA https://www.town.kotohira.kagawa.jp/site/denshitiikituuka-kotoca/
愛媛県
愛媛県みきゃんアプリ https://mican-app.jp/
愛媛県松山市マチカマネー https://machica.jp/machica/
愛媛県新居浜市新居浜あかがねポイント https://niihama.mypl.net/article/akaganepoint_niihama
高知県
高知県土佐清水市めじか https://www.city.tosashimizu.kochi.jp/kurashi/section/tourism/12473.html
高知県香美市kamica https://www.kamisci.biz/kamica_info/
福岡県
佐賀県
長崎県
長崎県佐世保市させぼeコイン https://saseboecoin.jp/
長崎県南島原市MINAコイン https://www.18shinwabank.co.jp/personal/service/minacoin/
熊本県
熊本県人吉市きじうまコイン https://www.kijiuma-coin.com/
大分県
宮崎県
宮崎県延岡市のべおかCOIN https://nobeco.jp/
宮崎県川南町トロン https://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/soshiki/7/1437.html
鹿児島県
鹿児島県Payどん https://paydon.jp/
鹿児島県南種子町あば!Pay http://www.town.minamitane.kagoshima.jp/life/abapay.html
沖縄県

つづきを読む

閉じる

ご当地ペイのチャージ方法と支払方法

それぞれに特徴がある「ご当地ペイ」。利用者にとって使い勝手を左右するのはチャージ方法ではないでしょうか。
利用するにあたっての代表的なチャージ方法と支払い方法を解説します。

ご当地ペイのチャージ方法

ご当地ペイのチャージ方法は、おもに下記の3つの方法があります。
実際のチャージ方法はご当地ペイによって異なるため、各ホームページや店頭などで確認してください。

チャージ方法 特徴
クレジットカード クレジットカードチャージができるのは、ご当地ペイのうち3分の1程度。導入を検討中の地域もある
金融機関の口座 地方銀行や信用金庫等が運営するご当地ペイは、口座と連携できる物が多い
現金チャージ セブン銀行ATMでチャージ セブン-イレブンに設置されているATMを操作してチャージ。このチャージ方法を採用しているご当地ペイがもっとも多い
専用チャージ機を利用 役場や店などに設置されたチャージ機を利用する
加盟店の店頭でチャージ 加盟店のレジで、チャージ金額を支払う。ご当地ペイの支払いができてもチャージはできない場合もある
指定額面のカードを購入し、QRコードを読み取ってチャージ 加盟店や指定機関で額面カードを購入。販売期間が限定されていることもある

【セブン銀行ATMでの現金チャージの例】

セブン銀行ATMのチャージ方法

ご当地ペイの支払い方法

多くのご当地ペイはQRコード型決済を採用しています。
店舗は専用の決済端末を用意する必要がなく、導入コストが抑えられます。

【ご当地ペイの支払い方法の例】

ご当地ペイの支払いイメージ

【自治体インタビュー】ご当地ペイの成功事例!東京都渋谷区と福島県会津若松市

全国のご当地ペイの中から、ハチペイと会津コインの運営担当者にインタビューをし、「ご当地ペイ」に期待する役割や、今後の課題をうかがいました。

区が主体となり迅速なサービスを区民に届ける東京都渋谷区「ハチペイ」

「ハチペイ」を運営する東京都渋谷区は、ご当地ペイを導入している自治体の中でも大きな規模です。
渋谷区産業観光課の担当者に、「ハチペイ」導入のきっかけや、今後の課題についてお話をうかがいました。

ハチペイとは
ハチペイロゴ画像
2022年11月にサービスを開始。渋谷区内の加盟店での支払いができる、渋谷区が運営するキャッシュレス決済アプリ。2024年3月31日まで、利用金額の8%分のポイントが還元されるキャンペーンを実施中。
クレジットカードと連携したチャージ方法や、NFCタグを活用した決済など、利便性が高い。

「ハチペイ」公式サイト
https://www.hachi-pay.tokyo/

ー「ハチペイ」導入のきっかけについて教えてください。

コロナ禍で、区内の産業がダメージを受け、区としても産業振興のための施策を検討しました。
PayPayの地域応援キャンペーンの活用もしましたが、その場合、付与されたポイントは地域外でも使用可能になり、区内での消費促進にすべてが直結しませんでした。
そういった課題があったため、区独自でプラットフォームを作ろうということになりました。

財政面や人手などさまざまな課題がありましたが、1年ほど事業検討やほかの自治体へのヒアリングを行い、2022年に事業をスタートしました。

ー運用開始から1年が過ぎ、目標への達成度はいかがでしょうか。

利用者ベースで考えますと、こちらの想定以上の方にご利用いただいています。
加盟店については、2023年度の目標までもう少し届かないという状況で、課題の一つです。

ー利用者の目標が大幅に達成できた理由は、どのような点でしょうか?

やはり大きな理由は、キャンペーンです。現在、決済のたびに8%分のポイントが還元されるキャンペーンを定期的に行っています。
地元のスーパーなど、日常で利用できるお店が加盟店として参加していただいているので、そういった場所では、ほかのキャッシュレス払いよりもお得だということでご利用いただいているのだと思います。

ー渋谷区は、区民以外の方も多く訪れると思いますが、利用者の大半は区民の方なのでしょうか。

利用者にアンケート調査を行ったところ、ハチペイアプリをダウンロードした約6割が区民の方でした。そして、頻繁に利用してくれている方の約8割が区民の方です。

ーハチペイはさまざまなチャージ方法が可能ですが、もっとも多いのはどの方法ですか。

クレジットカードでのチャージが7割程度、セブン銀行ATMが2割程度です。

ー地域振興の方法として、デジタル商品券もありますが、繰り返しチャージ型のご当地ペイを採用したのはなぜでしょうか。

コロナ禍で、区内の産業やお店に対して支援が必要であるときに、すぐに対応できなかったというのが区としての反省点でした。
そういった意味でも、利用者や区内のお店と継続的なつながりを持てる独自プラットフォームを持つことを選択しました。

そのおかげで、消費者の方への支援となるポイント還元キャンペーンなども区の状況に合わせて柔軟に行うことができています。
また、お店に対しても導入コスト・手数料0円など、区の判断でコスト等を設定できています。

ー今後の課題はどのようなことでしょうか。

持続的な運営が一番の課題です。
やはり、キャンペーンを打つことで利用していただけているのですが、キャンペーンに頼らず日常的な使用をうながす取り組みを考える必要が今後出てくるでしょう。

現在は、知ってもらう、使ってもらうという段階ですが、そこからさらに持続的な運用ができた時に、はじめて成功といえるのだと感じています。

ウェルビーイングな地域づくりを担う福島県会津若松市「会津コイン」

TIS株式会社(以下TIS)とみずほ銀行の共同事業で、みずほ銀行が発行する「会津コイン」は、福島県会津若松市のご当地ペイ。

システム開発・企画推進を担当するTISの担当者に、会津コインを中心としたこれからの地域づくりについてお話しいただきました。

会津コインとは
会津コインロゴ画像
会津若松市は、東日本大震災からの復旧・復興を機に、ITを活用した地域づくりの中で「スマートシティ」の取り組みを推進している。その取り組みの一端として生まれた「会津財布」。会津財布で使える地域通貨「会津コイン」は、みずほ銀行が発行する。連携できる口座はみずほ銀行以外にもいくつかの金融機関から選べる。

「会津財布」公式サイト
https://service.paycierge.com/aizu-zaifu/aizu-coin/

ー会津コインができた経緯を教えてください。

地方で特に顕著になっている人口減少に対応するため、政府がITやデジタルを使った持続可能な社会づくりを推進しています。
「デジタル田園都市国家構想」や「スマートシティ」といわれますが、会津若松市では、東日本大震災からの復興を機に、全国の地方自治体の中でも、先駆けとなってスマートシティの取り組みを進めてきました。
市民が中心になり、ITをうまく使いながら助け合って豊かに暮らせる社会を理想とした考えです。地域全体の生産性を向上させ、人口が少なくなっても持続可能な地域社会を作ることが重要ですが、そのためにはデジタル活用、特にデータの利活用が必要です。
ただ、地域にデータを還元できる決済手段は限定されており、その理想を実現するための一つの手段として地域通貨を導入しようということになりました。

ー地域通貨の中でも、「会津コイン」の特徴はどのような点でしょうか。

スマートシティを進めるためには「データが地域に残る」決済手段を普及させることが重要です。ただ、全国的にキャッシュレス化が進んでいる中で、特に地方都市では加盟店が支払う手数料が高いということがキャッシュレス決済普及の阻害要因になっています。
また、売上を現金化するまで時間もかかり、現金商売をしている事業者の中にはキャッシュフロー面からも導入が難しいというところもあります。
そこで「会津コイン」は、手数料を抑える仕組みの実現や、即時の現金化を可能にしました。最短で、その日のうちに現金化ができるというのは、地域通貨でもあまりないと思います。
地域で経済をまわすということも重要な役割です。キャッシュレス手段にクレジットカードを利用した場合、会津若松では手数料だけで年間5億円が域外に出てしまうという試算もあり、またデータの活用もできていないのが実態です。
会津コインではこの域外に流出してしまうお金と匿名化した決済データを地域内に残し、利活用することにより地域内経済循環を進めていく計画です。
会津コインは加盟店から集めてお金の一部を地域の子ども食堂や福祉団体、地域活性化イベントなどに寄付したりと「共助」の地域づくりに活用しています。

ー運用を開始してから、現時点での手応えはいかがでしょうか。

2022年10月に社会実装し、2023年12月時点で1万3,000人以上の方に利用していただいています。加盟店も486店舗(2023/12/26時点)となり、目標は達成できました。

ー普及させるために、どのような工夫をされたのでしょうか。

市民の方々に認知していただくために、会津まつりや鶴ヶ城ハーフマラソン大会など、地元の方が多く集まるイベントとコラボをしました。
また、多くの地元の方が利用する金融機関やスーパー店舗に操作方法の相談窓口を設置するなど、「地域密着で顔と顔が見えるサービス」を目指しました。

私たちはITのサービスを開発する企業ではありますが、システムを作って自治体まかせにするのではなく、地域との共創を積極的に行っています。
「持続可能な地域社会をつくること」が目的である以上、一部の企業や自治体だけではなく、みんなが参加する必要があります。
加盟店になっていただく店舗のみなさまにも、地元を盛り上げていくという目的をご理解いただき、参加していただいています。

ー「会津財布」は、地元を盛り上げるという意味で、決済以外にどのようなことができるのでしょうか。

たとえば、インスタグラムに投稿するときに「#会津財布」とタグをつけていただくと、そのタグをつけた投稿が会津財布アプリ上でも表示され、アプリを利用している方に投稿を告知することができます。
会津という地域のファンの方々に向けて、地域の魅力的なお店を認知していただける仕組みを提供しています。

ー今後の課題や目標はどのような構想がありますか。

会津コインのメリットとして、地域内での経済循環だけではなく、データの活用もあります。どのような商品が人気なのか、どういったイベントが盛り上がったのかということを「見える化」して、活用できるようにするのが今後の課題です。

また、一時的なポイント還元がなくても持続的に利用していただく仕組みづくりをしていく必要もあります。
その仕組みづくりのスタートとして、飲食店では会津コインの利用者にお店から1品サービスしていただくなど、地域全体で会津コインを活用していただけるようにする「おもてなしキャンペーン」といった施策も始めています。
今後もユーザーにもお店にも地域にもメリットがあるサービスを進めていきたいですね。

この記事のまとめ

スマホの普及に伴い、急速に進んだキャッシュレス社会。ユーザーにとっては、「現金を持ち歩かなくてもいい」「財布を出さなくてもスマホだけで支払いができる」といった利便性があります。
「〇〇ペイ」のようなキャッシュレス決済の手段は数多くありますが、その中で、今回は地域限定で使えるものを「ご当地ペイ」としてリサーチしました。

利用者にとって魅力的なのは、やはりその還元率の高さです。
しかし、ご当地ペイならではの特徴としては、地域への貢献や地元の公共サービスとの連携といったメリットがあります。

たとえば、コロナ禍でお気に入りのお店がなくなってしまった…そんなこともあったのではないでしょうか。ご当地ペイは、有事に対する一助となることが目的なのです。

助成金の受け取りなどに関しても、手続きの煩雑さや対応の遅さにいら立ったことがあるかもしれません。
自治体主導の場合のご当地ペイは、助成金などの手続きをスマートにする役割もあります。

これからも導入する地域、活用されるサービスの拡大が予想されるご当地ペイ。
住んでいる地域との関わり方を改めて考えるきっかけになりそうです。

関連記事

時間アイコン24.05.09

JRE BANKとは?口座開設でもらえる優待や割引特典をわかりやすく解説

JRE BANKネットバンクサービス新始動

時間アイコン24.04.18

Amazonでdポイントが最大3.5%還元!d払いで三重取りする方法と使い方設定

dポイントがAmazonで貯まるサービスバナー

時間アイコン24.03.31

「モバイルPASMO通学定期券」が代理決済でスムーズに!「モバイルSuica通学定期券」も今春からより便利に!

時間アイコン24.03.19

自宅外から通う大学生への仕送りは家賃と生活費の合計で月平均10万8,350円!保護者500人に調査

時間アイコン24.03.18

貸したお金の平均は約36万円!お金を貸した相手や起きたトラブルを1,000人に調査

クローズアイコン