スーパーホワイトはクレジットカードの審査に落ちる?クレヒスの作り方

「スーパーホワイトだとクレジットカードは作れない?」
「スーパーホワイトを脱却するにはどうすればいいの?」

スーパーホワイトとは、一般にクレジットカードや住宅ローンなどを一切利用したことがない人を指す用語です。

この記事では、そうしたスーパーホワイトでいるとどんなリスクがあるのか、スーパーホワイトから抜け出すにはどんな方法があるのかなど、詳しく解説します。

この記事でわかること

  • 「スーパーホワイト」や「クレジットヒストリー」の意味
  • スーパーホワイトでいるとどんなリスクがあるのか
  • 自分がスーパーホワイトかどうかを確認する方法
  • スーパーホワイトから脱却するための方法
  • スーパーホワイトでも利用しやすいとされるクレジットカードについて

スーパーホワイトはどんなリスクがあるの?

スーパーホワイトの人は、言い換えると「金融機関などからお金を借りたり、クレジットカードを利用したりして、お金の返済や後払いをした経験がない人」ということになります。

すると、「その人がどのくらいの返済能力があるのか」を客観的に判断する材料がないため、一般的にクレジットカードを作る際の審査各種ローンで借り入れをする際の審査に通りにくいといわれています。

スーパーホワイトはクレジットカード審査

スーパーホワイトとは?クレジットヒストリー(クレヒス)とは?改めて定義を確認

クレジットカードを使ったりローンを組んだりすると、その申し込み、契約、利用状況などの履歴が個人信用情報機関というところに登録されます。この記録のことを「個人信用情報」と呼びます。

「クレジットヒストリー(クレヒス)」とは、個人信用情報の中でも特にクレジットカードの利用に紐づいた履歴のことを指します。

クレジットカードやローンを利用している人が、支払いの遅延や滞納をしてしまうと個人信用情報に傷がつき、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態になります。

逆に、クレジットカードやローンを正しく利用し、個人信用情報に問題がない人を俗に「ホワイト」と呼びます。または、クレジットカードを持っているものの一定期間利用がないなどの理由で、クレヒスが白紙になっている状態を「ホワイト」と呼ぶ場合もあります。

「スーパーホワイト」は、そもそもクレジットカードやローンなどを一度も利用したことがないことで、結果的に個人信用情報やクレヒスが白紙(存在しない)状態になっている人のことを指します。

スーパーホワイトは住宅ローン審査に不利?

一般的には、スーパーホワイトの人はローンの審査で不利になると言われています。しかし、実際にそのようなケースはあるのでしょうか。ここでは、ローンの中でも比較的メジャーな住宅ローンについて、審査の中でスーパーホワイトがどう評価されるのかを監修者の手塚さんに聞きました。

Q.「スーパーホワイトであることが理由で住宅ローン審査に通らない」ということは、実際にあることでしょうか?

A.返済能力に不安があり、当落線上ギリギリという人の場合は、スーパーホワイトであることが審査でマイナス要素になることもあり得ます。

基本的には、スーパーホワイトであるという理由だけで住宅ローン審査に通らないということは考えにくいでしょう。

住宅ローン審査では、「勤務先」「勤続年数」「年収」「担保評価額」などさまざまな情報をもとに、その人の返済能力を判断します。そのためスーパーホワイトの人でも、勤務先や年収面で返済能力が高いと判断されれば、審査に通る可能性は十分にあると考えられます。

ただし、勤務先や年収面に不安があり、審査に通るかボーダーライン上にある人の場合は、スーパーホワイトであることも審査に落とされる1つの決め手となる可能性があります。

その意味で、住宅ローン審査ではクレヒスも重要な審査材料の1つではあるものの、「スーパーホワイトというだけで審査に落とされてしまう」ことはありません。

Q.ボーダーライン上の人がスーパーホワイトの場合、金融機関があまり良い評価をしにくいのはなぜですか?

A.返済能力を推測する材料が不足し、その人にお金を貸すリスクを正しく判断できなくなる恐れがあるからです。

住宅ローンの申込者の年収が返済負担率ギリギリの場合や、勤務先が不安定などの場合には、それらの情報だけで返済能力を判断することが難しいため、金融機関はその人の個人信用情報にも何らかの判断材料を求めることになります。

しかし、スーパーホワイトの人は個人信用情報がないため、十分な判断材料をプラスすることができません。そのため返済能力の見極めがますます難しくなり、金融機関がリスクを取りたくないと考えて審査で落とされてしまうケースもあると考えられます。

Q.スーパーホワイトの人が住宅ローンの審査で不利にならないように、するべきことはありますか?

A.継続的にクレヒスを作ることです。

できればクレジットカードを契約し、毎月少額でもよいので継続的にカードを利用して、支払期日通りにカード利用代金を支払っていきましょう。

これによって、「期日通りに支払った」という個人信用情報が蓄積されていき、ローンの審査でプラスになるクレヒスを作ることができます。

1年程度、この状態を継続した上で住宅ローンへ申し込めば、少なくともスーパーホワイトであることが理由で審査に落とされてしまう心配はないでしょう。

スーパーホワイトが審査で不利になる理由

「スーパーホワイト」は、そもそも個人信用情報に何の情報も登録されていない人を指します。一方、「ホワイト」の人の中には、延滞などの問題によってクレジットカードやローンの利用ができず、その結果個人信用情報に何の情報も登録されていない、という人も含まれます。

  • 「スーパーホワイト」:初めから何の情報もない人
  • 「ホワイト」:何らかの問題により一定期間クレジットカードやローンの利用がなく、個人信用情報が白紙になっている人も含まれる

個人信用情報を参照しても、上記の「スーパーホワイト」と「ホワイト」の区別がつきにくいため、本当はスーパーホワイトなのに「過去に事故を起こしたことによってホワイトになっているのではないか?」と疑われ、審査で不利になるケースが起こり得るのです。

また、年齢が若い20代前半までの人なら、クレジットカードを作った経験や住宅ローンの利用経験がなくても問題視されませんが、ある程度の年齢に到達しているのに個人信用情報が白紙の人は、クレジットカード会社や金融機関などから不安視されやすいといわれています。

ですから、クレカの審査に通りやすくするためには、スーパーホワイトから脱却しておいた方がよいでしょう

自分がスーパーホワイトか確認する方法

「自分がスーパーホワイトに該当するのか気になる」あるいは「クレジットカードの審査に通らなかったが思い当たる理由がない」という場合は、一度確認してみることをおすすめします。

実はスーパーホワイトではなく、奨学金や携帯電話の割賦購入代などをうっかり滞納してしまっているケースもあり得ます。

自分の個人信用情報は、個人信用情報機関に問い合わせることで確認が可能です。ここからは、3つの個人信用情報機関ごとに、情報開示の請求方法を紹介します

CICで確認

CICとは、主に割賦販売や消費者金融、各種ローン事業者など、クレジット事業を営む企業を会員とする個人信用情報機関です。

CICの情報開示は、パソコン、スマートフォン、郵送、窓口で請求できます。

ここでは、パソコンでの手続きの流れを紹介します。

  1. 手続き前の確認事項を閲覧
  2. 電話で受付番号を取得
  3. 開示を希望する人の情報を入力
  4. 開示報告書が表示される

JICCで確認

JICCは、消費者金融、流通系・銀行系・メーカー系のクレジット会社、信販会社、金融機関、保証会社、リース会社などを主な加盟会社とする個人信用情報機関です。

JICCの情報開示は、スマートフォン、郵送、窓口で請求できます。ここでは、スマートフォンでの手続きの流れを紹介します。

  1. 専用アプリをダウンロードします
  2. 利用規約の確認をします
  3. パスワードの発行と入力をします
  4. 開示を希望する人の情報を入力します
  5. 本人確認書類の撮影と送信をします
  6. 開示手数料の支払い方法を選択します
  7. 開示結果が郵送されます

全国銀行個人信用情報センターで確認

全国銀行個人信用情報センターは、一般社団法人全国銀行協会が運営する個人信用情報機関です。

情報開示は、郵送で請求が可能で、次の3点の書類を送付する必要があります。

    「登録情報開示申込書」

  • 「本人開示手続き利用券」または「 1,000円分の定額小為替証書」(有効期限は発行日から6か月)
  • 、本人確認資料(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどのコピーを2種類)

スーパーホワイト脱却のためにできること

ここまでは、スーパーホワイトでいることのリスクや、自分がスーパーホワイトなのかどうかを確認する方法について解説してきました。では、実際にスーパーホワイトの状態にある人が、そこから脱却するにはどうすればよいのでしょうか。

これまで現金主義を貫いてきた、といった理由でスーパーホワイトの状態にある人は、良質なクレジットヒストリーを作ることで、審査に不利な状態から抜け出すことができます

携帯電話の分割払いで実績を作る

クレジットヒストリーがない人でも、まず実績を作りやすいのが携帯電話や家電製品の割賦購入です。この購入方法を利用して、「きちんと料金を返済した」という実績を作りましょう。

どのくらいの期間で割賦購入を利用すればクレジットカードの利用審査に通りやすくなるかは、個人信用情報以外の要素(年収や勤務先など)も関わるので一概には言えませんが、半年から2年程度、割賦購入の代金を返済した実績を作ってから、初心者向けのクレジットカードの利用申込をしてみましょう。

初心者向けのクレジットカードの利用実績を作る

クレジットカードも最初からグレードの高いものは選ばず、初心者でも利用しやすいと言われているカードを選んで、利用申込をしましょう。

その際に行われる利用審査は、個人信用情報だけをもとに行われるのではなく、現在の収入や勤務先、勤続年数なども審査の対象となります。

もし転職の予定がある人は、転職前にクレジットカードの利用申込をするなど、できるだけ審査に通りやすい状況を作る工夫も必要です。一般的に、転職したばかりの勤続年数が短い状態で利用申込をすると、審査では不利とされます。

スーパーホワイトでも利用しやすいと言われるクレジットカードを見つけるには?

結論から言うと、「スーパーホワイトの人でも確実に審査に通るクレジットカード」というものはありません。

しかし、一般的な傾向や申込者の置かれた状況(職業、収入など)によって、少しでも審査に通る確率を上げるために選んだ方が良いクレジットカードのタイプは、ある程度絞ることができます。

そのような意味で「比較的審査が甘いとされるクレジットカード」の選び方については、クレジットカード審査の記事でも詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

クレジットカード会社による審査の違いや、特徴を知る

クレジットカードには、大きくわけて次の4種類があります。

銀行系 大手都市銀行、地方銀行、銀行の子会社やグループ会社、ネット銀行などが発行しているクレジットカード 三井住友カード、三菱UFJカードなど
信販系 クレジットカードの発行やカードローンを専門に行う「信販会社」が発行するカード NICOSカード、オリコカード、セゾンカード、ライフカード、JCBカードなど
流通系 その会社で買い物をする人のために、流通各社が発行しているカード 楽天カード、セブンカード、エポスカード、イオンカードなど
消費者金融系 消費者金融会社がキャッシングに強みを持たせて発行しているカード アコムACマスターカードなど

各クレジットカード会社は、審査基準そのものを明らかにしていません

そのため一般論にはなりますが、銀行系のクレジットカードは年収や勤務先、勤続年数、個人信用情報などを厳しい目でチェックし、審査すると言われています。

信販系のクレジットカード発行会社は、もっとも長くクレジットカードを発行してきた歴史があり、クレジットカード会社ごとに審査のノウハウも確立しています。

流通系のクレジットカードは「お店で買い物をしてくれる人を増やす」「同じお店を使い続けてもらう」という目的で発行されています。お客さまを審査で落としてしまうと、お店に来てくれなくなるという事情があります。

消費者金融系のクレジットカードは、ショッピングよりもキャッシング機能に重きを置く傾向が強いため、審査基準が他の3つと異なると言われています。

以上のように、どの系列のカードかということで、審査基準やその方法も異なってくる点にも、注目しておきましょう。

なお、上記の系列を問わず、審査では基本的に電話による在籍確認が実施され、審査可否に大きな影響を与えます。これは「勤務実態がある=安定した収入がある」との判断になるためです。

審査に落ちてしまった場合は半年以上待ってから行動する

もし「クレジットカードの利用申込を行い、審査に落ちてしまった」という場合、その情報は個人信用情報の一部として個人信用情報機関に登録されます。

仮に「審査に落ちた」という情報が残ったまま別のクレジットカードの利用申込をしても、「審査に落ちたということは、何らかの理由で信用力がない人」と考えられるため、次の審査結果も厳しいものになる可能性があります。

できれば半年から1年程度の時間をおき、審査に落ちたという情報が抹消されるのを待ちましょう。またその間に、審査に落ちた理由を考えることも大切です。雇用形態や勤続年数に問題があったと考えられるのなら、その部分の評価ができるだけ高くなるよう、状況を変えていく努力も必要です。

良質なクレジットヒストリーを作るために注意すべきこと

スーパーホワイトから脱却し、本当に欲しいクレジットカードを利用することができるまで、当面初心者向けのクレジットカードで良質なクレジットヒストリーを育てるためのポイントを、ここではまとめていきます。

まず1枚目のカードで1~2年の利用実績を積む

初心者向けのクレジットカードを1枚作ったら、そのカードを利用し、支払いをきちんと行ったという実績を作りましょう。

とはいえ、家計に負担がかかるような、大きな買い物をする必要はありません

  • これまで現金払いをしてきたスーパーやコンビニでクレジットカードを使う
  • 公共料金や保険料などの支払いにクレジットカードを使う

このような工夫をするだけで、カードの利用実績が育っていきます。

滞納などをせず着実に返済していく

現金払いは、収支状況が目に見えてわかり、使い過ぎを防ぐことができるというメリットがあります。それをクレジットカード払いに変えることで、お金の出入りの感覚がつかみづらくなるかもしれません。

しかし利用明細をこまめに確認したり、クレジットカードの利用履歴を自分でも残したりして収支状況を把握し、クレジットカードの支払いは遅延・滞納なく必ずきちんと行うようにしましょう。

参考:デビットカードなら審査なしで利用できる

スーパーホワイトであることが原因でクレジットカードの利用審査がなかなかクリアできないけれど、キャッシュレス決済の便利さを味わいたいという人には、デビットカードを作るという方法もあります。

デビットカードは、カードを利用すると同時に、あらかじめ指定した銀行口座から代金が引き落とされる仕組みです。クレジットカードのような審査がなく、銀行口座を持っていてのきちんと残高があれば、カードを作って利用できる手軽さが魅力です

まとめ

  • スーパーホワイトで年齢が高い人はクレジットカードや住宅ローンの審査で不利になる可能性がある
  • 自分がスーパーホワイトかどうかは個人信用情報機関に情報開示請求をすることで確認できる
  • スーパーホワイトを抜け出すには携帯電話などの割賦購入や初心者向けのクレジットカードを利用して良質なクレジットヒストリーを積み上げることが重要

これまでに、クレジットカードや割賦購入の利用実績がまったくないスーパーホワイトで、ある程度高い年齢に差し掛かっている人は、クレジットカードの利用審査で不利になる可能性があります。

スーパーホワイトを脱却し、本当に欲しいクレジットカードを作るためには、良質なクレジットヒストリーを育てましょう。

まずは携帯電話や家電製品の割賦購入から始めて、初心者でも利用しやすいクレジットカードを作り、利用と支払いの実績を積みます。こうして信用力を高めた後に、本当に欲しいクレジットカードの利用申込をするとよいでしょう。

関連記事

時間アイコン22.05.20

クレジットカードの有効期限の見方と確認方法!更新時にやるべきこと

クレジットカードの有効期限の見方

時間アイコン22.05.20

クレジットカードの番号の意味とは?番号流出だけで悪用される原因と手口

クレジットカードの番号の意味

時間アイコン22.05.20

クレジットカードの解約はタイミングが重要!解約のデメリットも解説

クレジットカードの解約

時間アイコン22.05.19

クレジットカードの利用限度額を引き上げるには?年収と上限額の関係

クレジットカード 限度額

時間アイコン22.04.19

クレジットカードの本人確認書類とは?書類がないときの対処法を解説

no-image

TOP