dカード GOLDの海外旅行保険は自動付帯で家族も対象!補償金額と注意点

dカード GOLDの海外旅行保険は自動付帯で家族も対象!補償金額と注意点

dカード GOLDの海外旅行傷害保険は自動付帯で、カードを持っているだけで何度でも保険が適用されます

また、家族含めて補償が受けられる点や、家族カード会員が本会員と同様の補償を受けられる点も特徴です。

この記事では、dカード GOLDに付帯する海外旅行保険について、補償の対象や範囲、補償金額を網羅して徹底解説します。

dカード GOLDの海外旅行傷害保険のポイント

  • dカード GOLDの海外旅行傷害保険は自動付帯だが、利用付帯にすると補償額が上がる項目もある
    ・傷害死亡:自動付帯では5,000万円、利用付帯では1億円
    ・傷害後遺障がい:自動付帯では200~5,000万円、利用付帯では程度により400万円~1億円
  • 19歳未満は無条件、19歳以上は家族カードを発行すれば家族も補償が受けられる
  • 海外航空便遅延費用特約が付帯しており、飛行機の遅延で乗り継ぎが間に合わない、手荷物が予定通り届かないなどの場合も補償される
  • 傷害・疾病治療費用は自動付帯で、旅行期間中の事故が原因で負ったケガに対して事故の日から180日以内に受けた医師の治療の費用は、最大300万円補償される

dカード GOLD

dカードGOLDの券面画像

総合評価

表示しない
年会費 11,000円(税込)
還元率 1.0%
国際ブランド visamaster
電子マネー
iD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

特徴

  • ドコモケータイ、ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)ごとに10%のポイント還元
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用が無料に
  • 18歳以上の学生から申込可能
  • dカード GOLD会員数が1,000万人突破、ゴールドカード利用者数No.1のカード
  • カード情報の裏面印字でセキュリティ面にも配慮
  • 環境に配慮したリサイクル素材を使用
  • 利用速報通知・利用制限通知が届く

キャンペーン情報

  • 入会&利用&エントリーで合計最大5,000ポイント

当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、売上の一部が運営者に還元されることがあります。なお、得た収益が記事中での製品・サービスの評価に影響を与えることはありません。

気になる内容をクリック

dカード GOLDの海外旅行保険の3つのメリット

dカード GOLDに付帯されている海外旅行保険は、以下の3つメリットがあります。

  • dカード GOLDの海外旅行保険は自動付帯
  • dカード GOLDの海外保険は子ども・家族も対象
  • 旅行費用をdカード GOLDで払っておくと補償金額がUP

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

dカード GOLDの海外旅行保険は自動付帯

クレジットカードには、旅行保険が自動付帯または利用付帯されているのが一般的です。自動付帯では、クレジットカードを持っているだけで旅行保険が付帯されます。利用付帯では、クレジットカードで旅行代金を支払った場合のみ旅行保険が付帯されます。

dカード GOLDは海外旅行保険が自動付帯され、事前の加入手続きや保険料の支払いは不要です。持っているだけで、何回でも自動的に海外旅行保険が適用されます。

dカード GOLDの海外旅行保険は家族も対象

dカード GOLDに付帯する海外旅行保険の補償対象は以下のとおりです。

  • dカード GOLDを契約中の本会員
  • 家族カード会員
  • dカード GOLD本会員と同一生計の配偶者
  • 19歳未満で同居の親族
  • 19歳未満で別居・未婚の子ども

家族カード会員になれるのは満18歳以上(学生を除く)です。そのため、高校生以下は発行できません。しかし、dカード GOLDの海外旅行保険には家族特約が付与されており、高校生以下の子どもも含めて補償を受けられます

なお、本会員と家族カード会員の補償内容は変わりません。家族カードは1枚目まで年会費無料で発行できるため、家族旅行の機会が多い場合は、作っておいて損はないでしょう。

旅行費用をdカード GOLDで支払う利用付帯で補償金額が最高1億円

dカード GOLDの海外旅行保険は、航空券代や国際線船舶代、ツアーなど海外旅行の費用をdカード GOLDで支払っていた場合、通常よりも補償金額がUPします。これは利用付帯と呼ばれ、通常利用は死亡・後遺障害の補償金額は最高5000万円ですが、利用付帯の場合は最高1億円にUPします。

dカード GOLDの海外旅行保険で補償される旅行期間

dカード GOLDの海外旅行保険は、「海外旅行の目的を持って住居を出発した時から住居に帰着するまで」が補償期間です。

しかし、長期滞在の場合だと、補償期間にある程度の限界があります。出発の翌日から起算して90日目の午後12:00までしか補償を受けられないので注意しましょう。

dカード GOLDの海外旅行保険の種類と補償額

付帯する海外旅行保険に期待してクレジットカードを申し込んだものの、補償内容が期待外れだった場合、申し込んだ意味がありません。海外旅行保険の種類と補償額を事前に確認しておくことが重要です。dカード GOLDに付帯する海外旅行保険の種類と補償額は以下のとおりです。

種類 本会員と家族会員の補償額 本会員の家族の補償額
傷害死亡 ・利用付帯:1億円
・自動付帯:5,000万円
1,000万円
傷害後遺障がい ・利用付帯:程度により400万円~1億円
・自動付帯:200万円~5,000万円
程度により40~1,000万円
傷害・疾病治療費用(1事故1疾病限度額) 300万円 50万円
賠償責任(1事故限度額) 5,000万円 1,000万円
携行品損害(年間限度額) 50万円(盗難時は限度額30万円) 15万円
救援者費用(年間限度額) 500万円 50万円

本会員の家族も補償対象で、dカード GOLDの家族会員であれば本会員に近い補償を受けられることもポイントです。通常のdカードには海外旅行保険が付帯されないことを考えると、dカードGOLDのサービスはかなり手厚いといえるでしょう。

dカード GOLDの海外旅行保険の各支払い条件

上述したとおり、dカード GOLDの海外旅行保険は担保する項目と補償額が充実しています。それでは、各項目の支払い条件についても詳しく見ていきましょう。

dカード GOLDの海外旅行保険の各支払い条件

  • 障害死亡は死亡から180日以内
  • 傷害後遺障がいは事故から180日以内
  • 傷害治療は事故から180日以内
  • 疾病治療は72時間を経過するまでに治療が行われたとき
  • 賠償責任は被害者から法律上の損害賠償を請求されたとき
  • 携行品損害は火災などの偶然な事故にあって損害を受けたとき
  • 救援者費用は運賃や捜索・救助費用などを支出したとき

障害死亡の場合は死亡から180日以内

傷害死亡とは、事故によってケガを負い、そのケガが原因で亡くなることです。旅行期間中の事故によるケガが原因となり、事故の日から180日以内に死亡した場合、保険金が支払われます。

傷害後遺障がいの場合は事故から180日以内

傷害後遺障がいは、事故によってケガを負い、そのケガが原因で後遺障がいが残ることを指します。旅行期間中の事故によるケガが原因となり、事故の日から180日以内に後遺障がいを生じた場合、保険金が支払われます。

傷害治療の場合事故から180日以内

傷害治療は、事故によってケガを負い、そのケガの治療を受けることです。旅行期間中の事故が原因で負ったケガに対して、事故の日から180日以内に受けた医師の治療の費用に保険金が支払われます。

なお、上述した「傷害死亡」「傷害後遺障がい」「傷害治療」については、事故の日から180日超、被保険者や保険金受取人の故意、危険なスポーツが原因などの場合、補償の対象外となるという点に注意しましょう。

疾病治療の場合は最長30日間を経過するまでに治療が行われたとき

疾病治療は、以下のいずれかの状況に該当した場合、保険金が支払われます。

  • 保険が適用される責任期間中または、責任期間終了後72時間以内に発病し、責任期間終了後72時間以内に治療を受けた場合
  • 一類感染症~四類感染症・新型コロナウイルスに罹患し、責任期間終了後30日以内に治療を開始した場合

「責任期間終了後72時間以内に発病した疾病」、「一類感染症~四類感染症・新型コロナウイルス」については、その疾病の原因が責任期間中に発生したものに限られます

例えば、責任期間中に海外で新型コロナウイルスに罹患する機会があり、帰国後に発症し、責任期間終了日から30日以内に治療を開始した場合は、最大300万円まで疾病保険が適用されます。

また、疾病治療はカード保有者の家族にも適用されますが、最高補償額が50万円なので注意しましょう。

ただし、被保険者や保険金受取人の故意による疾病、歯科疾病などは、補償の対象外なので覚えておきましょう。

賠償責任の場合は被害者から法律上の損害賠償を請求されたとき

賠償責任とは、旅行期間中に誤って他人をケガさせた、他人の物を壊してしまった場合に、被害者に負う責任です。このようなケースでは、被害者から損害賠償を請求される可能性があり、その際に保険金が支払われます。

被保険者の業務遂行に起因する事故や被保険者の親族に対する自己、自動車や船、航空機の所有・使用・管理に起因する事故などには、賠償責任が適用されません。

携行品損害の場合は火災などの偶然な事故にあって損害を受けたとき

旅行期間中に、携行する身の回りの物が、盗難・破壊・火災といった偶然の事故で損害を受けた場合、保険金が支払われます。

ただし、業務目的で他人から借りた物、すり傷といった外観の損傷、置き忘れや紛失などは、携行品損害の補償対象外となるので覚えておきましょう。

救援者費用の場合は運賃や捜索・救助費用などを支出したとき

旅行期間中に以下の事由に該当し、被保険者、被保険者の親族が、現地へ向かうための運賃や捜索・救助費用などを支出した場合、「救援者費用」として保険金が支払われます。

  • ケガをして事故の日から180日以内に死亡した
  • 病気によって死亡した
  • 病気にかかり医師の治療を受け、旅行行程終了後30日以内に死亡した
  • ケガまたは病気により継続して3日以上入院した
  • 搭乗している航空機、船舶などが行方不明または遭難した
  • 事故により生死が確認できない、緊急な捜索・救援活動が必要になった

「事故により生死が確認できない、緊急な捜索・救援活動が必要になった」については、被保険者の無事を確認後、現地に赴く救援者の費用は対象とはなりません。被保険者や保険金受取人の故意、危険なスポーツ中のケガなどは補償対象外です。

dカード GOLD海外旅行保険には海外航空便遅延費用特約も含まれる

海外航空便遅延費用特約とは、飛行機の遅延や手荷物の遅延・紛失などのトラブルが発生し、それらのトラブルに対応するために負担した一定の費用を補償してくれる保険です。

dカード GOLDの所有者は、本会員・家族会員・本会員の家族全員が海外航空便遅延費用特約の対象となっており、一律の補償額が定められています。

海外航空便遅延費用特約では、どのような補償を受けられるのか詳しく見ていきましょう。

dカード GOLD海外旅行保険の海外航空便遅延費用特約

  • 乗継遅延でかかった宿泊費や交通費の補償
  • 手荷物遅延のロストバゲージの補償
  • 出航遅延で予定通り出発できずにかかった費用の補償

乗継遅延でかかった宿泊費や交通費の補償

航空便の乗り継ぎを予定していて、乗継地点に到着する飛行機が遅延し、乗継予定の飛行機に乗れなかった場合、以下に該当する費用を負担すると、いずれかの高い金額が定額で支払われます。

  • 宿泊施設の客室料:30,000円
  • 交通費または旅行サービス取消料:10,000円
  • 食事代:5,000円

この補償を受けられるのは、到着便の実際の到着便から6時間以内に代替便を確保できなかった場合に限られます。また、乗継遅延が生じた原因が、保険契約者もしくは被保険者の故意、戦争などの場合には補償を受けられません。

手荷物遅延のロストバゲージの補償

搭乗した航空機は空港に到着したにもかかわらず、航空会社の手荷物遅延が原因となり、携行していた身の回りの品が予定どおりに目的地に運搬されなかった場合、衣類の購入など当座の生活必需品を購入すると、1回の事故につき30,000円を限度に補償してもらうことが可能です。

この補償については、航空便が到着してから6時間以内に手元に荷物が届かなかった場合に限られます。また、乗継遅延の場合と同様に、原因が保険契約者もしくは被保険者の故意、戦争などの場合には補償を受けられません。

出航遅延で予定通り出発できずにかかった費用の補償

利用する予定だった航空機が、出航遅延、欠航や運休、搭乗予約受付業務の瑕疵(かし)により、搭乗できず、被保険者が以下に該当する費用を負担した場合は、いずれか高い金額を定額で支払ってくれます。

  • 宿泊施設の客室料:30,000円
  • 交通費または旅行サービス取消料:10,000円
  • 食事代:5,000円

しかし、全ての出航遅延に適用されるわけではありません。遅延時間が4時間以上の場合や、従来の出航予定時刻から6時間以内に代替の航空便を利用できない場合に限定されます。保険契約者もしくは被保険者の故意や戦争などの理由で出航遅延が生じた場合も適用されないので注意しましょう。

dカード GOLD海外旅行保険金の請求と申込方法

dカード GOLDの海外旅行保険で支払われる保険金の請求・申し込みには、期限があります。事故の起きた日を含めて30日以内に「東京海上日動dカード保険デスク」へ電話で事故の内容を報告し、帰国後に手続きをして請求しなければなりません。

窓口:東京海上日動dカード保険デスク
受付時間: 9:00~20:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
番号:0120-619-360(フリーダイヤル)
※フリーダイヤルを利用できない場合:03-3946-1386
※海外からの場合:滞在国の国際電話アクセス番号-81-3-3946-1386(日本向けの通話料がかかる)

また、手続きには診断書や示談書といった現地でのみ手配できる書類が必要になります。これらの書類がなければ、保険金を請求できないため、事故が発生した場合にはどのような書類が必要になるか事前に確認しておきましょう。

dカード GOLD海外旅行保険の注意点

dカード GOLDの海外旅行保険は手厚いサポートが魅力ですが、利用する際は以下の2つについて注意しましょう。

  • キャッシュレス診療は非対応
  • 補償の適用外となるものがある

キャッシュレス診療は非対応

キャッシュレス診療とは、旅行先で万が一の事態が発生した場合に、自身は現地でお金を支払わずに診療を受けられるサービスのことです。診療にかかった費用は、保険会社が直接医療機関に支払ってくれるため、本人の費用負担はありません。

しかし、dカード GOLDの海外旅行保険はキャッシュレス診療に非対応です。診療にかかった費用を立て替えなくてはならないという点に注意が必要です。

補償の適用外となるものがある

dカード GOLDの海外旅行保険には、補償の適用外となるケースもあるので注意が必要です。例えば、以下のような条件に該当する場合は補償を受けることができません。あらかじめ確認しておきましょう。

  • 疾病治療費用については、歯科疾病や妊娠・出産は対象外
  • 危険なスポーツ(登山、スカイダイビングなど)中のケガ
dカード GOLDの海外旅行保険のまとめ

dカード GOLDの海外旅行保険の特徴をまとめると以下のとおりです。

  • 海外保険の条件、金額は家族カードの利用者も同じ
  • dカード GOLDを持たない家族への補償もあるが金額が異なる
  • 海外航空便遅延費用特約が付帯しているので乗継遅延費用もカバー

通常のdカードを持っていても、海外旅行保険は付帯されていないため、補償を受けることはできません。しかし、dカードGOLDであれば、本会員だけでなく、その家族も手厚くサポートしてくれるのが魅力です。家族カードも1枚目は年会費無料で発行できるため、持っておいても損はないカードといえるでしょう。

関連記事

時間アイコン24.02.26

【最新】dカード・dカードGOLDのキャンペーン!新規入会で11,000ポイントをもらう方法

dカードキャンペーン

時間アイコン24.04.16

dカードのメリット・デメリットとは?dポイントをお得に貯める使い方も解説

dカードのメリット・デメリットとは?dポイントをお得に貯める使い方も解説

時間アイコン24.02.22

dカードとdカード GOLDの違いは?年会費や還元率を徹底比較

dカードとdカード GOLDの違いは?年会費や還元率を徹底比較

時間アイコン23.10.10

dカード GOLDの審査に落ちた?結果の確認方法と厳しい審査基準

dカード GOLDの審査に落ちた?結果の確認方法と厳しい審査基準

時間アイコン23.10.10

dカードGOLDの特典全まとめ!お得に使える充実のサービスが魅力

dカードGOLDの特典全まとめ!お得に使える充実のサービスが魅力

クローズアイコン