クレジットカード会社のおすすめは?5種類の国際ブランドを比較

クレジットカードを作りたいと思っているものの、「種類が多過ぎてどの会社のカードが自分に合うのかわからない」と悩んでいませんか。そもそもVISAやMastercard、JCBといった国際ブランドと、三井住友カードやJALカードといったカード発行会社や提携会社の違いも、わかりにくいですよね。

この記事では国際ブランドと発行会社の違い、クレジットカード会社の種類、種類別のおすすめのクレジットカードを紹介します。あなたに合ったクレジットカード会社を見つけましょう。

国際ブランドとクレジット発行会社の違いをチェックしよう

国際ブランドとクレジットカード発行会社は、役割がどのように異なるのでしょうか。それぞれの役割の違いを確認しておきましょう。

国際ブランドとは?

VISAやMastercard、JCBといった国際ブランド。お店のレジなどでも、よく見かけますよね。日本で発行されているクレジットカードのほとんどに、これらの国際ブランドが付いています。

国際ブランドは、「世界中に決済機能を提供する」役割を担っています。世界中に決済機能を提供する国際ブランドがあるおかげで、日本国内はもちろん、海外でもクレジットカードを利用することが可能なのです。

クレジットカード発行会社とは?

クレジットカード発行会社は、国際ブランドに決済機能を借りて、クレジットカードを発行している会社のことです。例えば三井住友カードやJALカード、楽天カードやイオンカードなど数多くの種類がありますよね。

クレジットカードの申し込みやポイントの付与といったサービス、利用者のサポートなどを担うのがクレジットカード発行会社の主な役割です。

クレジットカード発行会社と信販会社は別

クレジットカード発行会社と信販会社を混同している方もいるかもしれません。クレジットカード発行会社は、クレジットカードのみを取り扱っています。

一方、信販会社はクレジットカード以外にローンなどの信用販売も行っている会社のことをいいます。例えば教育ローン、オートローン、カードローン、ギフトカード事業なども行っています。

どの国際ブランドを選ぶべき?ブランドごとの違いを比較

クレジットカードを選ぶ際には、「クレジットカード発行会社」と「国際ブランド」の2つを選ぶことになります。基本的に1枚のクレジットカードに、1つの国際ブランドが付与されます。

まずはどの国際ブランドが自分に合っているのかを比較し、確かめてみましょう。

国際ブランドの種類を一覧表で紹介

日本で利用できる主な国際ブランドは、次の5つになります。それぞれ特徴を見てみましょう。

国際ブランド名 特徴
VISA(ビザ) 世界でもっとも多くのカード会員と加盟店を誇るブランド。取扱店舗が多いため初めてカードを作る方におすすめです。
Mastercard(マスターカード) 世界2位の国際ブランド。VISAと共に加盟店が多いため初めてカードを作る方におすすめです。
JCB(ジェイシービー) 唯一日本生まれの国際ブランド。海外での加盟店はまだ少ないものの日本国内でのサービスやキャンペーンを提供しています。
American Express(アメリカン・エキスプレス) ステータスの高い国際ブランド。ホテルの優待や空港ラウンジの利用など、ワンランク上のサービスを提供。JCBと加盟店相互開放の提携。JCBが利用できる店舗でAmerican Expressも利用可能。
Diners Club(ダイナースクラブ) 世界最高のステータスカードで、JCBと提携。JCBが利用できるほとんどの店舗でDiners Clubも利用可能。

この中でもシェア数が多いのが「VISA」と「Mastercard」で、世界で約7割のシェアをもっています。

どの国際ブランドが付与されているかはカードによって異なりますので、まずはこの2つのどちらかを選びましょう。加盟店が多いので、海外旅行でも利用しやすくなります。

なお、三井住友カードではVISAとMastercardの2つを申し込む「デュアル発行」も可能です。VISAとMastercard両方の加盟店での利用が可能になるので、利用できる場所の幅が広がります。デュアル発行の場合、2枚目の年会費は優遇されます

JCBは海外で使えない場合も

海外旅行で利用する際に、注意したいのがJCBブランドです。日本国内でのサービスには手厚いですが、一部の海外では利用できないこともあります。

ハワイやグアム、台湾といった日本人観光客の多い地域では利用可能店舗も多く、今後も利用範囲を増やしていく方針です。現段階では、JCBだけでなく、他の国際ブランドも保有しておくと、海外旅行でも安心でしょう。

クレジットカード発行会社の選び方

それでは次にクレジットカード発行会社を選びましょう。それぞれの特徴や向いている人をご紹介します。

安全性重視なら大手銀行系

メガバンクから第二地銀まで、多くの銀行がクレジットカードを発行しています。三菱UFJカードや三井住友カード、みずほマイレージクラブカードなどがあります。

銀行やグループ会社が発行しているので信頼感があり、セキュリティ面でも安心です。また、キャッシュカードとクレジットカードが一体になったカードもあるので、カードを多く持たなくて済みます。

自分が口座を持っている銀行のクレジットカードを利用すると、ATM利用料が無料になる場合もあります。例えば、住信SBIネット銀行の「ミライノカード」の場合、ランクによって月2回~月20回までATMで引き出しの際の手数料が無料になります。

ポイント重視とステータス重視派には信販系

信販系とは信用を販売している会社のことで、車のローンなども信販会社が行っています。セゾンカード、ライフカード、オリコカード、ジャックスカードが代表的です。

老舗のカード会社が多いので、安定したサービスを求める人に向いているでしょう。銀行に比べて、ポイントが貯まりやすかったり、還元率が高いという特徴があります。

また、ステータスの高いアメリカン・エキスプレス・カードやDiners Clubカードも、信販系になります。アメリカン・エキスプレス・カードやDiners Clubカードは「プロパーカード」といい、国際ブランドが直接発行するクレジットカードのことです。

よく利用するサービス・店舗があるならメーカー系

メーカー系のクレジットカード発行会社は一般企業が発行するカードのことで種類も豊富です。自動車メーカー、家電メーカー、航空系など、多くの企業がクレジットカードを発行しています。

独自サービスがあり、商品を購入するとポイントが高く還元されたり、特別なサービスを受けることもできます。メーカー系クレジットカードの特徴として、ポイントの還元率が高いことがあげられます。

まずは自分がよく利用する家電や自動車、洋服などのメーカーが発行しているクレジットカードがあるかをチェックしてみることをおすすめします。

生活に根差した流通・石油系

流通・石油系のクレジットカードとは、百貨店やスーパー、コンビニ、ガソリンスタンドなどの会社が発行しているカードのことです。イオンカード、セブンカード、出光カードなどがそれにあたります。

流通系クレジットカードは、発行元会社の店舗で買い物をしたり、サービスを利用したりすると特典や割引が付くことが多く若者に人気があります。

例えば、イオンカードセレクトは、毎月20日と30日は買い物代金5%OFF。イオングループの対象店舗ならポイント2倍で200円に付き2ポイント付与されます。さらに「イオンカードポイントモール」を経由してネットショッピングを行うと、ポイントが最大で10%付与されます。

年会費無料のカードが多いのも、流通系の特徴です。いつも決まったスーパーやコンビニで買い物をする人、いつも同じガソリンスタンドで給油をする人は、クレジットカードを確認してみましょう。

還元率の高い交通系

交通系のクレジットカードとして有名なのが「ビックカメラSuicaカード」や「東京メトロ To Me CARD Prime」です。通勤でSuicaやPASMOを利用する方は、クレジットカードと一体化したカードに変えてクレジットカードからチャージすると、ポイントが付与されることが多いです。

「ビックカメラSuicaカード」の場合、クレジットカードでチャージをすると、JREポイントが1.5%付与されます。さらにチャージしたカードを使ってビックカメラでお買い物をすると、現金払いと同じように基本的には10%のポイントが付与。あわせて11.5%のポイントが付くことになります。

おすすめのSuicaクレジットカードをまとめた記事もありますので合わせてご覧ください。

発行が早い消費者金融系

消費者金融が発行するクレジットカードは、アコムの「ACマスターカード」が代表的です。基本的にクレジットカードは申し込みから発行まで1~2週間かかりますが、アコムの場合即日発行も可能なのが大きな特徴です。

年会費が無料で、キャッシング枠が最大300万円までと一般のカードよりも大きくついています。ただ支払いはリボ払いなので注意しましょう。

独自のサービスに強い独立系

独立系クレジットカードは上記にあてはまらないカードをまとめた呼称です。企業が発行するカードで、例えば「リクルートカード」、「NTTグループカード」などを指します。

特徴はそれぞれで、「リクルートカード」は、じゃらんnetやホットペッパービューティーなどのサービスを利用するとポイントが上乗せされます。自分がよく利用する会社のカードのサービスや特典を確認しておくといいでしょう。

人気は3通系

3通系とは、交通系、流通系、通信系の3つの「通」の字がつくクレジットカード発行会社。鉄道や航空会社、スーパー、携帯電話会社など、私たちが普段接する身近な会社との関わりが深いのが特徴です。

年会費が無料、またはクレジットカードを持っていることで受けられるサービスが充実していることから、高い人気を集めています。ポイント還元率も比較的高い傾向にあるので、ポイント重視の人には3通系のクレジットカードがおすすめです。

【種類別】おすすめクレジットカード

クレジットカード発行会社の種類別に特徴をご紹介してきました。ここからはクレジットカードをはじめて持つ方におすすめのカードを、クレジットカード発行会社の種類ごとに選び、詳細をご紹介します。

また、おすすめのクレジットカードの記事も合わせてご覧ください。

【銀行系】三井住友カード

三井住友カード

三井住友カード

総合評価

表示しない
年会費 1,375円(税込)*
還元率 0.5%
国際ブランド visamaster
電子マネー
iD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

*インターネット入会で初年度年会費無料

おすすめポイント

  • 約100の金融機関から支払口座を選べる
  • 最短で翌営業日にカード発行できる

キャンペーン情報

  • 新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント
  • Apple Pay・Google Pay利用で1,500円分プレゼント*2022年6月30日まで

銀行系の中で人気が高いのが三井住友カードです。年会費はインターネット入会で初年度無料。その後も「マイ・ペイすリボ」に登録し、買い物をしてリボ払いの手数料を年に1回以上払えば、年会費は無料になります。ICチップ搭載でセキュリティ万全。安全性と利便性を求める人におすすめのカードです。

【信販系】Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

orico card the point

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 1.0~2.0%
国際ブランド masterjcb
電子マネー
quicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップ

キャンペーン情報

  • 新規入会と利用で最大8,000円分相当のポイントプレゼント *2022年9月29日までにカード発行された方が対象

さまざまな種類のあるオリコカード。その中でもはじめてカードを保有する方におすすめなのが、高還元率カード「Orico Card THE POINT」です。還元率は常に1%以上。入会後、半年間はポイント2倍なので還元率が2%に上がります。「iD」と「QUICPay」も付いているので、1000円以下の買い物にも利用できます。

【メーカー系】JALカード(普通カード)

JALカード(普通カード)

JALカード(普通カード)

総合評価

表示しない
年会費 2,200円(税込)*
還元率 0.5%
国際ブランド visamasterjcb
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

初年度入会費無料

おすすめポイント

  • 普段のショッピング利用でもマイルが貯まる

キャンペーン情報

  • 新規入会で最大12,500マイルプレゼント
  • さらに、家族会員入会で200マイル、アプリダウンロードで30マイル
  • 【VISA】なら条件達成で最大2,000マイルもらえる

JAL機をよく利用する方におすすめのJALカードは、マイルをためやすく、使いやすいカードです。カード入会時や搭乗ごとにボーナスマイルがもらえるので、マイルを効率的に貯めることができます。JALカードの利用で、国内空港店舗や空港免税店で割引といったサービスもあります。

【流通・石油系】セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 0.5%
国際ブランド visamasterjcb
電子マネー
quicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 有効期限なしのポイントが1ヶ月の利用総額1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まる(1ポイント=5円換算)
  • Webでの申し込みで最短即日で全国のセゾンカウンターにて受け取りが可能
  • 最短5分のデジタル発行で電子決済やオンラインショッピングが可能

ポイントは使い忘れる場合がありますが、ポイントに有効期限がない「永久不滅ポイント」で有名なのがセゾンカードです。

【交通系】ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

総合評価

表示しない
年会費 524円(税込)*
還元率 0.5~1.5%
国際ブランド visajcb
電子マネー
suica
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

※初年度無料(前年1年間に1回でも利用があれば翌年も無料)

おすすめポイント

  • ビックカメラでの買い物で最大11.5%のポイント還元

交通系で選ぶなら、おすすめはビックカメラSuicaカードです。ビックカメラで買い物をすれば、現金払いと同様10ポイントが付与されます。Suicaへのオートチャージは1.5%還元。JRE POINT加盟店でカードを提示すると100円につき1ポイントが付与されます。

【独立系】リクルートカード

リクルートカード

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 1.2%
国際ブランド visamasterjcb
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

国際ブランドにより、ポイント対象の電子マネーが異なる

おすすめポイント

  • 年会費 永年無料なのに、常時1.2%の高還元率

キャンペーン情報

  • 新規入会と利用で最大6,000円分相当のポイントプレゼント(JCB限定)

高還元でサービスも手厚いリクルートカードのポイント還元率は1.2%です。1ポイント1円で利用でき、Ponta ポイントに交換も可能です。年会費は無料ですが、海外旅行保険が最高2000万円(利用付帯)、国内保険は最高1000万円(利用付帯)のほか、ショッピング保険も年間200万円ついています。

まとめ

今回は次の3点についてご紹介してきました。

  • 国際ブランドは「世界中に決済機能を提供する」、クレジット発行会社は「クレジットカードを発行し、サービスを提供する」役割を担う
  • クレジットカード発行会社には大きく分けて「銀行系」「信販系」「メーカー系」「流通・石油系」「交通系」「消費者金融系」「独立系」の7種類がある
  • クレジットカードを選ぶ際は、普段よく利用する会社からポイント還元率やサービス、特典などを比較して選ぶ

あなたに合う国際ブランドや、クレジットカード発行会社がわかったでしょうか。まずは身近なところから調べてみましょう。

関連記事

時間アイコン22.05.20

公共料金はクレジットカード払いで!おすすめのポイント高還元率カード10選

公共料金おすすめクレジットかーど

時間アイコン22.04.28

中国で使える銀聯カード(UnionPay)のおすすめクレジットカードを比較

no-image

時間アイコン22.05.15

ローソンで使えるおすすめクレジットカード4選!使い方や注意点も紹介

no-image

時間アイコン22.05.18

コンビニで使えるおすすめクレジットカード!還元率5.0%のカードと注意点

no-image

時間アイコン22.05.18

マクドナルドで使えるクレジットカード6選!おすすめはポイント3重取り

no-image

TOP