へそくりの平均額は155万7,197円!夫婦の秘密のお金を1,000人に調査

へそくりのアイキャッチ画像

家族に秘密でコツコツお金を貯める「へそくり」。
秘密だからこそ、なかなか実情が見えづらいものです。そこで本記事では、20代から50代の男女にアンケートを実施し、へそくりの総額や月々貯めている額、目的などを調査しました。

本記事で紹介しているデータは、アンケート結果から算出した平均などの値です。
あくまで参考としてご利用ください。

※記載の数値は、特に注記がない限り小数点以下を四捨五入しています。

当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、売上の一部が運営者に還元されることがあります。なお、得た収益が記事中での製品・サービスの評価に影響を与えることはありません。

気になる内容をクリック

へそくりをしているのは既婚者の35%!へそくり額は平均155万7,197円

貯めているへそくりの額は、全体平均で155万7,197円でした。
男女別に見ると、男性の平均は71万3,376円、女性の平均は144万2,450円で、女性は男性の約2倍という結果になりました。

さらに年代別で見ると、もっとも多いのが40代女性の219万3,774円。次いで多いのが50代女性で207万2,176円でした。いずれも200万円を超えています。

現在のへそくり金額のアンケート結果

調査の結果を分析し、内訳や毎月貯めている額などを詳しく見ていきましょう。

調査対象:
事前調査/20〜50代の既婚男女5,000人
【内訳:20代1156人(男544人、女612人)、30代761人(男297人、女464人)、40代1361人(男694人、女667人)、50代1722人(男1045人、女677人)】
本調査/事前調査で「へそくりをしている」と回答した1,000人
【内訳:20代143人(男59人、女84人)、30代155人(男65人、女90人)、40代305人(男151人、女154人)、50代397人(男225人、女172人)】
調査地域:全国
調査期間:2023年7月27日~8月1日
調査主体:MoneyGeek編集部
調査委託先:アイブリッジ株式会社

へそくりをしている既婚者は35%で20代は割合が低め

アンケートの結果、「へそくりをしている」と回答したのは全体の35%でした。

年代別で見ると、全年代の中でももっともへそくり率が高いのが30代男性でした。また、30代のみ女性より男性の方がへそくりをしている割合が高いというのも興味深いですね。
一方で20代は男女ともに30%以下と低めの結果に。

とはいえ結果全体を見ると、年代別・男女別で極端な差はないといえそうです。

へそくりをしているかのアンケート結果

へそくり額の平均は155万7,197円!年代が上がるごとに「へそくり格差」が広がる!

気になるへそくり額ですが、平均は155万7,197円という結果でした。
約半数の人が「20万円以下」と答えているものの、一部の人がかなり高額のへそくりを貯めているため、平均値を押し上げた結果となりました。
なかには、数千万円をへそくりしている人も。

また同年代の男女間で比較すると、30代、40代、50代は男性より女性の方が貯めているへそくり額が高いことがわかりました。

現在のへそくり額のアンケート結果

毎月のへそくり額は平均1万9,568円!約半数が10,000円以下

毎月へそくりに回す金額の全体平均は1万9,568円でした。
ボリュームゾーンは月5,000円以下で、5,001~10,000円と合わせて約半数を占めています。

月々のへそくり額が高いのは、20代男性(2万7,924円)で、50代男性(2万6,462円)、40代男性(2万5,667円)と続きます。

毎月のへそくり額のアンケート結果

興味深いのが、月々へそくりに回す額は男性の方が高いものの、貯めているへそくり額(累計額)は女性の方が高いということ。
女性はへそくりを貯め続け、男性はへそくりを何かしらに使っていることが想像されます。

毎月一定額を貯めるケースばかりではないので、目安の金額を調査しています。

へそくりの資金源は男女ともに給料が1位!ポイ活も貯まれば山となる

へそくりの資金源について聞いたところ、1〜3位は男女で同じ結果となりました。

男女ともに1位が「給料」であることから、共働きで「夫婦で財布は別」というパターンが多いのかもしれません。

3位の「ポイ活」とは、クレジットカードやポイントカード、ポイントサイトなどでポイントを貯める活動のこと。少しずつコツコツと貯めれば、立派なへそくりになるようです。

へそくりの資金減のアンケート結果

へそくりの目的は男女で違う!男性は「趣味のため」で女性は「将来のため」

へそくりの目的について聞いたところ、女性の1位は「将来のため・老後の備え」で、2位は「いざという時の備え」と、堅実な回答でした。

一方で男性の1位は「趣味・遊興費のため」で、貯めたお金を使うことを前提とした回答でした。

へそくりの目的のアンケート結果

へそくりがバレた経験は?人気の隠し場所はどこ?

へそくりが配偶者にバレた経験や、隠し場所について聞いてみました。

へそくりが配偶者に「バレた」のは16.5%。そもそも隠す感覚がない?

へそくりが配偶者にバレたことがあるのは全体で16.5%。男女別では見ると男性が22%、女性11%でした。
女性の方が「隠し上手」なのでしょうか?

へそくりがバレたことはあるか

またへそくりが配偶者にバレた時の相手の反応は「特になし」が回答の大半を占めていました。
お互いにへそくりが暗黙の了解となっているのかもしれません。

へそくりの隠し場所は「口座」が圧倒的多数

へそくりの隠し場所(置き場所)は、「銀行口座・証券口座」が圧倒的多数を占めました。当然といえば当然の結果でしょうか。

以降、「キャッシュレス決済アプリ」「クローゼット/タンス」「バッグの中」「本棚/本の中」と続きます。

へそくりの隠し場所

それぞれの隠し場所に関するエピソードもピックアップしましたが、思わずニヤリとさせられる内容が多いですね。

笑いあり涙あり?へそくりエピソードを紹介

最後に、回答者から集まった「へそくりエピソード」をピックアップして紹介します。

へそくりにまつわるエピソード

「相手にへそくりの事実を隠したい」「実は相手のへそくりを知っている」という内容が散見され、お金を巡る絶妙な夫婦関係が見え隠れします。

一方で「サプライズで家族旅行に行きたい」といった心温まるエピソードも。
へそくりは相手に秘密だからこそ、サプライズの効果もかなりのものでしょう。

いずれにしても、せっかく貯めたへそくりは有効に使いたいものですね。

本記事の内容(画像、データ、その他情報)は、以下のルールに準じたうえで引用可能です。

・本記事へのリンクを貼ること
・引引用元として下記を記載すること

 MoneyGeek「へそくりの平均額は155万7,197円!夫婦の秘密のお金を1,000人に調査 」

関連記事

時間アイコン24.04.19

JRE BANKとは?口座開設でもらえる優待や割引特典をわかりやすく解説

JRE BANKネットバンクサービス新始動

時間アイコン24.04.18

Amazonでdポイントが最大3.5%還元!d払いで三重取りする方法と使い方設定

dポイントがAmazonで貯まるサービスバナー

時間アイコン24.03.31

「モバイルPASMO通学定期券」が代理決済でスムーズに!「モバイルSuica通学定期券」も今春からより便利に!

時間アイコン24.03.19

自宅外から通う大学生への仕送りは家賃と生活費の合計で月平均10万8,350円!保護者500人に調査

時間アイコン24.03.18

貸したお金の平均は約36万円!お金を貸した相手や起きたトラブルを1,000人に調査