アメックスプラチナの審査に通る年収は?年会費や特典を他カードと比較

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレスが発行するステータスの高いカードの中でも、券面の品格と充実のサービスで、保有者に最上級の余裕と利便性を提供するプラチナ・カード。旅行や宿泊、ラグジュアリーな会食が多い人には特にメリットが大きいカードです。

この記事では、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(以下、アメックスプラチナと表記)の基本的な特徴から、メリット・デメリット、ライバルカードとの比較まで詳しく解説していきます。

プラチナ以外のアメックスカードも検討している方は、おすすめのアメックスカードの記事もご覧ください。

アメックスプラチナの基本情報と4つの特徴

まずは、アメックスプラチナの基本的な特徴から詳しく見ていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

総合評価

表示しない
年会費 143,000円(税込)
還元率 0.3〜1.0%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • プラチナ・コンシェルジェ・デスクが使える
  • カードを更新すると国内の対象ホテルの無料ペア宿泊券がもらえる(年1回、1泊分)
  • 家族カードが4枚まで無料で作れる

キャンペーン情報

  • 入会後3ヶ月以内のカード利用で、アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」で最大50,000ポイント獲得可能

アメックスプラチナの特徴

  • インビテーションがなくても申し込み可能
  • コンシェルジュデスクのサービス
  • メタルカードが示す高いステータス
  • 家族カードが4枚まで無料で発行可能
  • ETCカードを年会費無料で、5枚まで発行可能
  • 付帯の旅行傷害保険は、生計を共にする家族についても補償が自動的に適用となる
  • 無料ポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」登録で、JALやANAのマイルへ有利なレートで交換可能
  • 申し込んだ人の信用情報によっては、申し込みから10秒で審査完了・即日発行も

この中から、特に強調したい点を続けてご説明します。

特徴1:アメックスプラチナはインビテーションがなくても申し込み可能

アメックスプラチナはかつて、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用している人の中で、アメックス社からのインビテーションを受け取った人のみが申し込み可能でした。

しかし、2019年から一般に門戸が開かれ、アメックスカードのユーザに限らず誰でも申し込めるようになりました。

特徴2:24時間対応のコンシェルジュデスクサービス

アメックスプラチナの会員は、専用窓口「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」を利用することができます。24時間365日、カードやサービスの問い合わせ、旅行の準備やレストランの予約といった要望に応じてもらえます。
プラチナ・コンシェルジェ・デスクは、クレジットカードのサービスを比較する記事などでも、その提案力はかねてから高い評価を受けています。

「旅先の付近でおいしいお店を探してほしい」
「2泊目で立ち寄る観光名所の近くで、特典の受けられるホテルを予約したい」

といった要望ももちろん可能。ホテル予約では、宿泊予定のホテルがすでに満室の場合でも、コンシェルジュを経由すると空室を案内してもらえるケースもあり、旅行や出張に多く行かれる方には使い勝手の良いサービスです。

加えて、アメックスならではのスペシャルリザーブサービスも利用可能。グルメサイトや有名グルメブックで評判のレストラン、シェフがオススメする隠れた名店、表に出ない会員制のレストランなどを集めた予約・決済サービス「ポケットコンシェルジュ」にて、一流レストランのお席をアメックスプラチナ会員様に先行で案内してもらえます。予約が取れない名店の空席情報も提供してもらえます。

アメックスプラチナのコンシェルジュデスクは、アメリカン・エキスプレス・カードやゴールド・カードにはない、ワンランク上のサービスです。

特徴3:アメックスプラチナのメタルカードはステータスが高い

アメックスプラチナにはスタイリッシュなメタル素材が使用されています。金属製のクレジットカードは、手触りや重み、マットな輝きなど、総合的なクオリティが非常に優れており、上質なアイテムに囲まれたセンスの良いライフスタイルを送りたい方に、自信をもっておすすめできます。

プラスチック素材のカードとは違う、品格ある券面が所有者に高いステータスを感じさせてくれます。

セカンド・プラチナ・カード(追加カード)の色が選択できる

アメックスプラチナ会員は無料でもう1枚、追加カード(セカンド・プラチナ・カード)を発行してもらうことができます。これは通称「ACカード」と呼ばれるもので、プラスチック素材のカードです。

セカンド・プラチナ・カードはプラチナ・ゴールド・グリーンの中から色を選ぶことができます。たとえば、ステータスのあるアメックスプラチナにはそぐわない買い物をする場合などに、グリーンのセカンド・プラチナ・カードなら気兼ねなく利用でき、人目につくことがありません。

普段使いという点では、メタルカードの品格を感じさせる「重み」が若干気になってしまうという方もいるようです。日常ではプラスチックカードを利用し、ハイクラスな飲食や宿泊での決済ではメタルカードを利用する、といった使い分けをするのもおすすめです。

特徴4:アメックスプラチナはレストラン特典や旅行関連サービスが充実

アメックスプラチナが提供するサービスは、国内外の旅行や、ラグジュアリーな食事を楽しみたい人を手厚くサポートし、お得に楽しめる特典を豊富にそろえています。143,000円という年会費は高額ではありますが、特典を存分に使いこなせすことで会費に見合う、あるいはそれ以上の価値を感じることができるでしょう。

アメックスプラチナのレストラン特典と旅行関連サービスをピックアップしました。

レストラン特典 アメックス・スペシャル・リザーブ グルメサイトや有名グルメブックで評判のレストラン、シェフがオススメする隠れた名店、表に出ない会員制のレストランなどを集めた予約・決済サービス「ポケットコンシェルジュ」にて、一流レストランのお席をアメックスプラチナ会員に先行で案内してくれるサービス。予約が取れない名店の空席情報も。
2 for 1ダイニング by 招待日和 国内外約250店舗のレストランにて、所定のコースメニューを2名様以上で予約すると、1名分のコース料金が無料となります。
月間の利用回数に制限がないうえ、対象レストランは定期的に入れ替わっており、食の楽しみを増してくれるサービスです。
旅行関連サービス フリー・ステイ・ギフト カード更新の際に、国内の対象ホテルで一泊できる無料ペア宿泊券がもらえるサービスです。8つのホテルブランド・50を超える対象ホテルから選ぶことができ、2連泊以上のご予約で5000円分のホテルクレジットが付くホテルもあります。
ホテルは定期的に追加されており、会員向けのインフォメーションで知ることができます。
ファイン・ホテル・アンド・リゾート 世界中のホテルから厳選された1,200ヶ所以上のラグジュアリーホテルやリゾート施設でアメックスプラチナならではの優待が受けられます。
その内容は、最安値水準での宿泊予約、部屋のアップグレードや朝食サービス、アーリー/レイトチェックアウト、Wi-Fi無料など多岐にわたります。
アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション 世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジが利用できます。アメックス会員が利用できる国内外空港ラウンジに加え、アメックスプラチナ・アメックスビジネスプラチナ・センチュリオンカード会員専用の「センチュリオン・ラウンジ」「デルタ スカイクラブ」「プライオリティ・パス・ラウンジ」などが、同伴者1名まで無料で利用可能です。
ホテル・メンバーシップ 通常では年間登録料もしくは年間数十泊が必要となるホテルグループの上級メンバーシップまたはVIPプログラムに登録できます。家族カード会員まで対象となる点は特筆ものです。
登録できるメンバーシップは「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員、「Radisson Rewards」Goldエリートステータス、「Marriott Bonvoy」ゴールドエリート会員などで、部屋のアップグレードやボーナスポイントなどさまざまな特典が受けられます。
プラチナ・カード・アシスト 海外旅行・出張で絶大な安心感があるサービスです。海外旅行中に急に体調を崩した際などに医療施設の紹介を受けたり、海外旅行中の忘れ物の探索など、日本語で相談できるホットラインが用意されています。
旅行傷害保険 アメックスプラチナ会員本人はもちろん、家族についても補償が自動的に適用となります。
傷害治療費用や疾病治療費用について、1000万円までの保障が自動付帯となるなど、非常に手厚い保険となています。

アメックスプラチナをお得に利用するにはメンバーシップ・リワードの加入がおすすめ

入会後3ヶ月以内のカード利用額に応じて、アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」のボーナスポイントがもらえます。

利用額100円につき1ポイントの通常ポイントに加え、50万円のカード利用で20,000ポイント、100万円のカード利用で20,000ポイントを獲得することができます。大きな買い物や旅行を考えている場合は、アメックスプラチナ加入直後にするとお得です。

アメックスプラチナの6つのメリット

メリット1:ホテル・メンバーシップ特典は、VIPプログラムに無条件で登録できる

アメックスプラチナ会員は、通常なら年間登録料もしくは年間数十泊が必要となる、以下の有名ホテルグループの上級メンバーシップまたはVIPプログラムに、無条件で登録可能。部屋のアップグレードをはじめとするざまざまな特典を受けることができ、高品質な旅をお得に楽しむことができます。

メンバーシップ/プログラム ホテルブランド 特典の例
「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員 ・ヒルトン
・コンラッド
・ウォルドーフ・アストリア
など
・80%のポイントボーナス
・部屋のアップグレード(空室状況による)
・朝食無料サービス
「Radisson Reward」Goldエリートステータス ・ラディソン
・カントリーイン&スイーツ
・パークプラザ
など
・25%のポイントボーナス
・部屋のアップグレード
・ホテルでの飲食15%オフ
・無料宿泊特典
「Marriott Bonvoy」ゴールドエリート会員 ・リッツ・カールトン
・マリオット
・シェラトン
など
・ポイントアップ
・部屋のアップグレード(空室状況による)
・ホテルでの飲食15%オフ

「フリー・ステイ・ギフト」で1泊無料ペア宿泊券がもらえる

毎年のカード更新ごとに、国内の対象ホテルで使える1泊無料ペア宿泊券がもらえます。ニューオータニやヒルトン、オークラなど8つのホテルブランド、50を超える対象ホテルから選ぶことができ、さらに2連泊以上の予約でホテルクレジット(5,000円分)が付くホテルもあります。

「フリー・ステイ・ギフト」利用可能ホテルの一例

  • ニューオータニホテルズ
  • ロイヤルパークホテルズ
  • マリオット
  • ヒルトン・ホテルズ &リゾ ーツ
  • ハイアット ホテルズ アンドリゾーツ
  • オークラ ニッコー ホテルズ
  • プリンスホテルズ&リゾーツ
  • 三井ガーデンホテルズ & ザ セレスティンホテルズ

メリット2:2名以上で1名分無料!「2 for 1ダイニング by 招待日和」

国内外約250店舗の高級レストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料金が無料となるサービス「2 for 1ダイニング by 招待日和」を利用することができます。

同一店舗以外は年間の利用回数に制限はなく、家族カード会員も利用できるので、非常に使い勝手が良くお得な特典となっています。日本国内では首都圏以外の店舗も多く利用でき、さらにハワイやシンガポール、台湾にも対象となる店舗があります。

対象レストランが定期的に入れ替わっている点も心強く、常に新鮮な気持ちで、食の楽しみを存分に味わえるサービスです。

メリット3:国内外1,300ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用できる

アメックスプラチナには、世界各国の空港ラウンジが利用できる「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」が付帯しています。

アメックス・グリーンカードやゴールドカードには「プライオリティ・パス」というサービスが付帯しており、国内外1,300ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用できますが、「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」はさらにその上をいきます。

「プライオリティ・パス」で利用できる施設に加えて、アメックスプラチナ・アメックスビジネスプラチナ・センチュリオンカード会員専用で、ラスベガス、ニューヨーク等の米国にある国際空港のほか、香港など複数の国の空港に設置されている「センチュリオン・ラウンジ」、デルタ航空専用の空港ラウンジ「デルタ スカイクラブ」、中国やシンガポール、台湾などのアジアを中心とする「プライオリティ・パス・ラウンジプラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ」などが利用可能です。

なかでも、アメックスプラチナ以上の上級会員のみが利用できる「センチュリオン・ラウンジ」では、しっかりとした食事やコーヒーが無料でいただけるのに加え、お酒や紅茶などが無料のバーカウンターまで用意されています。

旅先でのちょっとした空腹をいやし、一時の安らぎをもたらしてくれるうれしいサービスといえるでしょう。

海外旅行で、くつろげる場所と機会が格段に増えることうけあいです。同伴者1名までの利用も無料です。

空港ラウンジ以外にも旅行に便利なサービスが豊富

世界中のホテルから厳選された、1,200か所以上のラグジュアリーホテルやリゾート施設で、アメックスプラチナ優待特典を受けられます。その内容は、部屋のアップグレードや朝食サービス、チェックアウト時間の延長などです。

また、日本語ホットラインサービス「プラチナ・カード・アシスト」では、海外旅行中に体調を崩した際などに、世界中のどの国からでもトール・フリーまたはコレクト・コールで相談することができます。

メリット4:ポイントアッププログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」に無料で登録可能

「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、以下のポイント特典が利用できます。

  • ポイントの有効期限が無期限に
  • 100円=3ポイントのボーナスポイントプログラムの適用(別途登録要/無料)
  • マイル移行やお支払い充当時の移行・交換レートがアップ

アメリカン・エキスプレス・カードやゴールド・カードの会員が登録する場合は年会費3,300円がかかるサービスを、アメックスプラチナ会員は無料で利用できます。

メリット5:アメックスプラチナは付帯保険サービスが充実

アメックスプラチナではそのステータスにふさわしく、付帯する保険やプロテクション・サービスも充実しています。

個人賠償責任保険 カード会員および家族が、居宅や日常生活などでの事故に関して、他人に対して賠償責任を負った場合、1事故につき1億円を限度に保険金が支払われる
旅行傷害保険 カード会員および生計を一にする家族についても、旅行傷害保険が適用される
スマートフォン・プロテクション 購入後2年以内のスマートフォンが破損した場合、修理代金を最大10万円まで補償
ホームウェア・プロテクション 手持ちの電化製品やパソコン、カメラなどが破損した場合、購入金額の50~100%を補償

メリット6:アメックスプラチナは家族カードが4枚まで無料発行可能

アメックスプラチナ会員の家族を対象に4枚まで無料で発行できる家族カードは、受けられるサービスは会員本人のプラチナ・カードとほとんど変わりません。

家族カードで利用できないサービスは「フリー・ステイ・ギフト」「セカンド・プラチナ・カードの発行」「メタルカードの発行」など、ごくわずかです。空港ラウンジの利用などはアメックスプラチナ会員本人と同様に行えます。

家族カードは1枚目までは無料発行とするクレジットカードが多い中、アメックスプラチナの4枚まで無料発行可能という利便性は、群を抜いています

アメックスプラチナの2つのデメリット

アメックスプラチナは年会費が高い

アメックスプラチナの年会費は143,000円(税込み)です。これまで見てきたように、豊富な特典を存分に使いこなすことができれば、決して割高ということはありませんが、金額自体が高額であることは事実です。

高いステータスはアメックスプラチナ同等で年会費の低いカードはある?

アメックスプラチナほどの年会費を負担することなく、充実した特典とステータスを享受できるカードもあります。以下に例をご紹介していきます。

おすすめカード1:セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

総合評価

表示しない
年会費 22,000円(税込)
還元率 0.75%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 一般的なセゾンカードの1.5倍のポイント還元率
  • プライオリティ・パスに無料で登録できる
  • JALマイルを貯めやすい「SAISON MILE CLUB」の年会費が無料

キャンペーン情報

  • 新規入会・利用で最大9,000円相当の永久不滅ポイントプレゼント

セゾンカードを発行しているクレディ・セゾンが、アメックスとの提携で発行しているカードです。アメックスブランドを象徴するセンチュリオン(古代ローマ軍の隊長)が描かれています。 年会費は22,000円(税込み)で、アメックスプラチナに比べると格安です。

旅行関連のサービスは、国内外1,300ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に無料で申し込めるほか、ショッピングご利用でマイルがたまる「SAISON MILE CLUB」も特筆もの。登録すると、ショッピング利用1,000円につきJALのマイルが10マイルたまります。
さらにセゾンプラチナ・アメックス会員専用のコールセンターが設けられ、旅行関連のさまざまな相談や手配、レストランの案内・予約といったコンシェルジュサービスを受けることができます。

このほか、セゾンカードに共通するポイントシステム「永久不滅ポイント」やセゾンポイントモールが利用でき、全国のロフトなどで5%オフで利用できる機会もあるなど、アメックスプラチナにはないサービスもあります。比較検討に値する1枚と言えるでしょう。

おすすめカード2:ラグジュアリーカード(Mastercard Black Card)

ラグジュアリーカード(ブラック)

ラグジュアリーカード(ブラック)

総合評価

表示しない
年会費 110,000円(税込)
還元率 1.25%
国際ブランド master
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 24時間365日対応のコンシェルジューサビスで食事や職場の会食の手配が簡単
  • 還元率1.25%の高還元率!マイルへの交換手数料無料
  • ラグジュアリーリムジンでレストランの片道送迎サービスあり

ラグジュアリーカードは、非常にステータスの高い富裕層向けのカードです。ポイント還元率が1.25%と高率で、会員限定の充実した優待予約制度、リムジン送迎サービス、不満足の場合初年度会費全額返金などが話題を呼んでいます。アメックスプラチナと同じメタル製のカードは品格にあふれています。

ラグジュアリーカードの年会費は110,000円(税込み)で、メールでの依頼・回答が可能な使い勝手の良いコンシェルジュサービスが便利です。一方、海外旅行関連サービスやホテル特典では、アメックスプラチナに軍配が上がります。自分のニーズに合わせて、比較・検討の対象となる1枚です。

特典の廃止や新設があり、改悪になる場合もある

アメックスプラチナの過去の特典内容の変更は、改悪と言われることもありました。

  • シャングリラホテルの会員プログラム登録受付中止
  • 国内ホテル・国内旅館プレミアムプラン終了
  • ゴルフのプレー代無料プログラム終了

これらは明らかに改悪と言えるサービス中止ですが、同時に新しく始まったサービスも多くあります。中止となるサービスは利用者が少ないものであることが多く、セールスポイントとなっているコンシェルジュサービスや、海外旅行関連サービスに魅力を感じる人であれば、比較的影響は少ないと言えるでしょう。

アメックスプラチナと他社カードを徹底比較

こちらでは、他のプラチナカードと比較できるよう、各カードの特徴を紹介します。

カード名称 アメックスプラチナ
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(小)
ダイナースクラブ プレミアムカード
ダイナースクラブ プレミアムカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)
Orico Card THE PLATINUM
ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナ
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード
ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード
ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード(小)
年会費 143,000円 143,000円 11,000円 20,370円 22,000円 23,100円 66,000円
特徴 メタル製カードの品格ある券面が人気。「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」や「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」などのサービスで、日常生活からラグジュアリーな旅行まで快適にサポート。 取得にはインビテーションが必要。24時間対応のコンシェルジュや世界1,000カ所の空港ラウンジ利用など、アメックスプラチナに匹敵する高い水準のサービスを受けられる。 楽天カードのゴールドに当たる。 最大のメリットとして楽天市場で還元率5%以上が狙えるほか、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジが無料でつかえるプライオリティパスを無料で取得できる。 ポイント高還元率が売りで、常時1.0%以上、誕生月の還元率は2.0%となる。24時間対応のコンシェルジュサービスや、海外1000か所以上の空港ラウンジを年6回まで無料で利用できる「ラウンジ・キー」サービスを提供。 常時1.5%以上のポイント高還元率が売り。24時間対応のコンシェルジュサービスや、海外1000か所以上の空港ラウンジを年6回まで無料で利用できる「ラウンジ・キー」サービスを提供。 Marriott Bonvoyの会員資格「シルバーエリート」が提供され、ポイントがたまりやすい。家族カード1枚目無料。特典参加ホテル内での利用代金に対して10%のボーナスポイント。カード継続毎に5泊分の宿泊実績プレゼント。 カード利用と継続でウィークエンド無料宿泊を最大2泊プレゼント。ヒルトンの上得意に付与されるヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが無条件で提供される。カード利用100円につき最大7ポイントが貯まる。
詳細 詳しく見る インビテーションが必要 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

表内の金額はすべて税込みです。

アメックスプラチナの審査条件は公開されていない

アメックスプラチナの審査を通過するために、必要な年収の額は公開されていません。

アメックス社から公表されている申し込み条件は以下の3つです。

  • 年齢が満20歳以上
  • 日本国内に居住している
  • 安定した収入と職業を得ている

アメックスカードが他社のカードと比べて、特に審査が厳しいということはありません。アメックス社独自の審査基準があるため、他社カードの審査に落ちてしまった場合でも、アメックスカードの審査が通る可能性もあります。

年収の基準は公開されていませんが、過去の発行実績からの推定で、アメックスプラチナの加入には年収500万円以上が求められると言われています

アメックスプラチナを利用したい人は、根拠のない評判に惑わされずに申し込んでみましょう。

アメックスの審査について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

>> 「アメックスの審査基準の誤解|必要な年収は?通過のポイントを解説」

法人向けの「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」との違いはビジネスサポート面

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

総合評価

表示しない
年会費 143,000円(税込)
還元率
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 年会費は会計上経費として計上可能
  • 追加カードは4枚まで無料
  • 「プラチナ・セクレタリー・サービス」なら24時間365日で出張や接待の手配を依頼できる

キャンペーン情報

  • 入会後3ヶ月以内のカード利用で、アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」合計50,000ポイント獲得可能

個人向けのアメックスプラチナと、ビジネスユースのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの特徴を比較してみます。

アメックスプラチナ
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(小)
アメックスビジネスプラチナ
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
年会費(税込)
143,000円
143,000円
ポイント
100円=3ポイント
100円=3ポイント
コンシェルジェ・サービス
×
秘書サービス
×
ビジネスサポート
×
ショッピング・プロテクション
×
ホームウェア・プロテクション
×
個人賠償責任保険
×
フリー・ステイ・ギフト
×

アメックスプラチナは、プライベートユースの保険・プロテクションサービスや、旅行・宿泊関連サービスでビジネス・プラチナにはないサービスを取り揃えています。

一方、ビジネス・プラチナが提供する幅広いビジネスサポート関連サービスは、アメックスプラチナにはないものです。法人代表や個人事業主としてのカード利用がある場合は、ビジネス・プラチナがおすすめとなります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
ビジネスサポート関連サービスの一例

  • クラウドソーシング仕事依頼
  • プロフェッショナル・サービス(社労士、会計士・税理士、弁護士、弁理士)紹介
  • 24時間365日、出張や接待の手配をはじめとする様々なビジネスニーズを相談・依頼できるプラチナ・セクレタリー・サービス
  • 全国300ヶ所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースの自由席が利用できるシェアオフィスサービス「OFFICE PASS」
  • 名刺管理アプリ「Eight」が利用可能
  • 「クラウド会計ソフト freee会計」へのデータ連携
  • 社員へ追加カードを発行可能
  • 社員も利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」年間登録料無料
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」月会費無料

アメックスプラチナのよくある質問

アメックスプラチナを解約する方法は?

アメックスプラチナの解約手続きは、カード裏面に記載されている電話番号に連絡して行います。解約手続きの完了後、カードをハサミで切って廃棄すれば完了です。

申し込みからカードが届くまでにどれくらいかかる?

本人確認資料やその他申込み情報に不備がなく、審査が通れば通常は申し込みから2週間程度でカードが手元に届きます。

アメックスプラチナの限度額はいくら?

アメックスプラチナの限度額は一律に決まっているわけではなく、個別の事情によって変動します。

まず、申し込んだときの年収や職業などから審査したうえで、初期の限度額が決められます。その後はカードの利用状況に応じて、限度額が知らない間に上がったり、下がっていたりすることがあります。

利用額が常に大きい人は限度額が上がり、利用の少ない人は下がっていくようです。利用の際には、限度額を定期的に確認しておくと間違いがありませんし、一時的な限度額引き上げ申請も可能です。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

総合評価

表示しない
年会費 143,000円(税込)
還元率 0.3〜1.0%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • プラチナ・コンシェルジェ・デスクが使える
  • カードを更新すると国内の対象ホテルの無料ペア宿泊券がもらえる(年1回、1泊分)
  • 家族カードが4枚まで無料で作れる

キャンペーン情報

  • 入会後3ヶ月以内のカード利用で、アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」で最大50,000ポイント獲得可能

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

総合評価

表示しない
年会費 11,000円(税込)
還元率 1.0%
国際ブランド visamasteramericanexpressjcb
電子マネー
rakuten
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 楽天市場の利用で、いつでもポイント5倍 誕生月はポイント6倍
  • プライオリティ・パス付帯
  • 楽天ビジネスカード(年会費:2,200円)を追加発行できる

キャンペーン情報

  • 新規入会&カードの利用で最大8,000ポイントもらえる

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)

orico-card-the-platinum

総合評価

表示しない
年会費 20,370円(税込)
還元率 1.0%
国際ブランド master
電子マネー
quicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 誕生月の還元率は2.0%になる
  • 家族カードは3枚まで無料
  • 世界のWi-Fiホットスポットを無料で使えるWi-Fiサービス「Boingo(ボインゴ)」が付帯。

キャンペーン情報

  • 新規入会で3,000オリコポイントをプレゼント

ジャックスカードプラチナ

総合評価

表示しない
年会費 22,000円(税込)
還元率 1.5%
国際ブランド master
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービスが利用できる
  • 国内・海外旅行傷害保険の最高補償額が最高1億円

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード券面画像

総合評価

表示しない
年会費 23,100円(税込)
還元率 0.6%~
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 年間100万円以上の利用で「Marriott Bonvoyゴールドエリート」資格へアップグレード
  • 家族カード1枚目が無料
  • 毎年のカード継続時に、無料宿泊特典をプレゼント

キャンペーン情報

  • 【入会特典】入会後3ヶ月以内のカード利用で合計16,000獲得可能

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード

総合評価

表示しない
年会費 16,500円(税込)
還元率 0.5~0.75%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • カード利用と継続でウィークエンド無料宿泊を1泊プレゼント
  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを無条件で提供

キャンペーン情報

  • 入会後6ヶ月以内のカード利用で最大25,000ポイント+無料宿泊券1泊分が獲得可能
    *無料宿泊券は世界中のヒルトンホテルズ&リゾーツ (HH&R) ブランドのホテルで利用可能
    *2022年5月31日の申し込み分まで

アメックスプラチナのまとめ

アメックスプラチナは、143,000円という高額の年会費がかかりますが、それに見合うだけの、非常に充実したサービスを受けることができるカードです。その詳しい内容はこれまで見てきたとおりですが、今一度ポイントをまとめておきます。

  • インビテーションがなくても申し込み可能
  • 世界の高級ホテルやレストランでVIP待遇を楽しめる
  • 国内外を問わず旅行や出張が多い人に役立つ、案内・手配・予約などのコンシェルジュサービスを24時間265日利用可能
  • アメックスグリーンカードやゴールドカードをはるかに凌駕する、グローバルな空港ラウンジサービス
  • 家族カードが4枚まで無料発行可能。家族全員でハイクラスのサービスを利用できる
  • プラスチックカードでは味わえない、メタルカードの手触り、重み、品格

これらの特典はどれも非常に価値が高いもので、特典を上手に使いこなせば、費用換算で年会費を超えるサービスを受けることも決して難しくありません。

一説には審査が厳しいと言われるアメックスプラチナですが、安定した職業についており、年収500万円以上であれば発行が認められる可能性があると言われています。そのステータスとラグジュアリーなサービスにニーズを感じるかたは、申し込んでみることをおすすめします。

関連記事

時間アイコン22.05.20

AMEXの埼玉西武ライオンズ パートナー特典「プレミアムエキサイトシート」体験記

時間アイコン22.05.20

マリオットボンヴォイAMEXはSPGよりお得?新旧カードの比較や新たな特典も

時間アイコン22.05.12

アメックスの審査基準の誤解|必要な年収は?通過のポイントを解説

アメックスの審査

時間アイコン22.05.13

アメックスグリーンのメリットは?審査基準や限度額について徹底解説

アメックスグリーン

時間アイコン22.05.12

アメックスゴールドは年会費以上のメリットあり?特典や必要年収も解説

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

TOP