デビットカードとクレジットカードはどっちがおすすめ?違いを比較

クレジットカード デビットカード

「デビットカードってどういうものなの?」
「クレジットカードは持ってるけど何が違うの?」

この記事では、「デビットカードというサービスがあるのを知って、興味を持っている」「自分も使えるものなのか、もっと知りたい」という人に向けて、その特徴やメリットなどをわかりやすく解説しています。

クレジットカードは持っているという人も多いと思います。クレジットカードで支払った代金は後で口座から引き落とされますが、デビットカードは「即時引き落とし」が特徴になります。

他にはどんな違いがあるのか、デビットカードを持つのがおすすめなのはどんな人なのか、詳しくまとめていますのでぜひ参考にしてください。

デビットカードとはクレジットカードと支払い方法が違うカード

デビットカードとは何かを知るには、クレジットカードと比較するとわかりやすいです。どちらも「カードで代金を支払う」サービスですが、その「支払うのが誰か」がクレジットカードとデビットカードでは次のように違います。

  • クレジットカード:決済をするときに、カード会社がいったん代金を支払う→後日、カード利用者がその代金をカード会社に支払う(毎月決まった日に口座から引き落とされる)
  • デビットカード:決済をするときに、カード利用者の口座から直接支払いをする(買い物と同時に即時引き落とし)

クレジットカードでは、カード会社が代金を一時的に「立て替える」かたちになります。これは、「利用者が後で立て替え分を支払ってくれる」という信用に基づくことで成立する仕組みです。この信用力をチェックするのが、クレジットカードをつくる際の審査ということになります。

それに対してデビットカードは、現金ではなく口座引き落としであるものの、利用者本人が直接支払うかたちになります。特にお金の貸し借りは発生しないので、カードをつくるときの審査もありません

クレジットカードは後から利用者が支払えるのであれば、口座にある金額以上の買い物をすることも可能ですが、デビットカードは即時引き落としなので純粋に口座にある金額の範囲内でしか買い物ができません

またデビットカードには、クレジットカードのようなキャッシング機能は付いておらず、利用できるお店やサービスもカードの種類によって違いがある、といった特徴があります。

次の表に、クレジットカードとデビットカードの違いをまとめてみましたので、参考にしてください。

クレジットカード デビットカード
支払い方法 1ヶ月分まとめて引き落とし 即時引き落とし
利用限度額 利用限度額の範囲内
(審査により決定)
口座残高の範囲内、利用限度額の範囲内
審査 審査あり 審査なし
キャッシング 利用可能 利用できない
利用できる場所 コンビニ、スーパー、ホテル、ネット通販、公共料金の支払いなど コンビニ、スーパー、ホテル、ネット通販(国際ブランド付きデビットカードの場合)など

クレジットカードとデビットカードの一体型カードはあるの?

それぞれにメリットのあるクレジットカードとデビットカードですが、「いっそのこと1枚のカードにまとまっていればいいのに」と考える人もいるかもしれませんね。

しかし残念ながら、クレジットカードとデビットカードが1つになった一体型のカードはありません

デビットカードとキャッシュカードの違いは?

デビットカードはキャッシュカードとも異なります。キャッシュカードは銀行口座への入金や出勤の際に利用するカードで、口座の開設の際に発行されます。

「キャッシュカードとデビットカード」や「クレジットカードとキャッシュカード」など一体型のカードとして持つことができます。

クレジットカードもデビットカードも、どちらもカードタイプであり、名前も見た目も似ています。見分け方として、デビットカードには「デビット」もしくは「DEBIT」と記載されているということがあります。

代金の支払い・決済に使うという点も同じなので、「クレジットカードじゃなくてデビットカードだけ持つのもアリなのでは?」と考える人もいるかもしれません。

実際には、それぞれのサービス内容はどこまで差があるのでしょうか。ここからは、クレジットカードとデビットカードの5つの違いを詳しく解説していきます。

デビットカードの違い(1)支払い方法

クレジットカードとデビットカードの大きな違いの1つは、支払い方法です。

デビットカードの支払い方法

カードで支払いをしたときに、銀行口座から即時に引き落とされます。「即時払い(デビット)」型の決済です。

デビットカードでタッチ決済はできる?

コンビニやスーパーなどで広く普及しているタッチ決済ですが、一部のデビットカードも電子マネーのようにタッチで支払いができます

タッチ決済ができるのは非接触対応の機能が付いたデビットカードだけで、券面にタッチ決済対応のマークが付いています。

現金払いのように小銭を出す必要もなく、クレジットカードのようにサインや暗証番号入力をする必要もないので、手軽でスピーディーに買い物をしたいという人にとっては便利なサービスといえます。

クレジットカードの支払い方法

使った金額が1ヶ月分まとめて口座から引き落とされます。いわゆる「後払い(ポストペイ)」型の決済です。締め日や請求日はカードによって異なります。

例えば「月末締め、翌月27日払い」の場合、8月の利用分は8月31日に締められ、引き落としは9月27日となります。

デビットカードの違い(2)利用限度額の違い

2つ目の違いは利用限度額です。そのカードで買い物できる上限額を利用限度額といいますが、これもクレジットカードとデビットカードでは大きく違っています。

デビットカードの利用限度額

デビットカードは、基本的に支払いの時点で口座にある残高以上は使えません。したがって、口座残高が事実上の限度額ということになり、それ以上の使いすぎを防止することになります。

残高不足の場合は、引き落とし不能を知らせるメールが届くデビットカードもあるようです。引き落とし不能の状態が続くと利用停止になることもありますので、口座の残高はこまめに確認するようにしましょう。

クレジットカードの利用限度額

利用限度額は審査で決まります。また利用限度額には、通常の買い物に利用できる「ショッピング枠」と、急な出費があったときなどにお金を借りられる「キャッシング枠」が設けられています。ショッピング枠の中に、さらに分割払いやリボ払いができる枠があります。

ふだん利用限度額を気にすることは少ないと思いますが、海外旅行や結婚式の披露宴の費用など高額な支払いをクレジットカードでする予定のある人は、事前に確認しておくと安心です。

デビットカードの違い(3)審査基準の違い

クレジットカードとデビットカードでは審査の基準にも違いがあります。なぜかというと、利用代金が支払われる仕組みが違うからです。

デビットカードの審査基準

デビットカードは口座から即時引き落としで、口座残高の範囲内でしか利用できないため、年収などで支払い能力をチェックする審査はありません。年齢も15歳以上であれば高校生でも作れます。

「クレジットカードの審査に自信がない」「一度クレジットカードに申し込んだが審査に落ちてしまった」という人にとっても、デビットカードは選択肢の1つといえるでしょう。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードは、利用者の信用を元にカード会社が一時的に代金を立て替えるものです。

したがって、後から立て替え分を支払う能力があるかどうか、年収や勤務状況などによって審査が行われます。カードの種類にもよりますが、年齢も基本的に18歳以上(高校生を除く)としているクレジットカードがほとんどです。

デビットカードの違い(4)キャッシングの違い

キャッシングとは、手持ちの資金がない人に対してカード会社がお金を融通してくれるサービスのことで、「利用者が後からお金を返してくれる」という信用に基づいています。

デビットカードのキャッシング

デビットカードではキャッシングはできません。利用者の信用力をチェックする審査を行わないので、お金を貸すサービスを付けることができないのです。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードは、そもそもが信用に基づくサービスなので、キャッシングも利用することが可能です。カードをつくる際に支払い能力の審査を行うので、その範囲の中で「いくらまでなら借りられる」というキャッシング枠が設定されます。

デビットカードの違い(5)利用できる場所の違い

最後に、クレジットカードとデビットカードで使えるお店や場所がどう違うのか、見ていきましょう。

デビットカードを利用できる場所

デビットカードには国際ブランドが付いた「ブランドデビット」と「J-Debit(ジェイデビット)」の2種類があり、それぞれで利用できる場所も変わってきます。

国際ブランドが付いたブランドデビット

金融機関窓口やインターネット、郵送で申し込み可能です。銀行などの金融機関に口座を持っている人なら、ATMでお金を出し入れするときに使うキャッシュカードをデビットカードと一体型のものに切り替えることもできます。また、口座を開設するときに、最初からデビットカードと一体型のキャッシュカードを申し込むことも可能です。

J-Debitカード

デビットカードサービスの日本での呼び名がJ-Debitです。独自のカードが発行されるわけではなく、基本的に銀行のキャッシュカードを兼ねているため、申し込み手続きや会費などは不要です。

デビットカードが使えないお店やサイトは多いの?

まずJ-Debitカードの場合は、J-Debitのマークが付いているところでしか利用できません。インターネット上で運営状況を確認できる店舗のみが利用できるため、提携しているお店が比較的少ないです。ネット通販では利用できるところが限られており、海外では利用できません。

国際ブランドが付いたブランドデビットの場合は、同じブランドのクレジットカードが使えるところなら基本的に使えます海外やネット通販でも利用可能です。ただし高速道路や飛行機の機内販売、ガソリンスタンドなどでは使えないこともあるようです。

また、以前はデビットカードで公共料金を払えないケースが多くありましたが、現在は改善が進み、ブランドデビットを中心に公共料金や携帯電話料金の支払いにも対応したカードが多くなっています

クレジットカードを利用できる場所

国際ブランドと提携しているお店なら基本的に国内外を問わずどこでも使えます。コンビニや飲食店はもちろん、ネット通販などオンラインの決済や、公共料金・携帯電話料金の支払いなどにも利用可能です。

ワンポイント解説

「国際ブランド」とは
世界中に決済機能を提供している事業者のことで、国内・海外のさまざまな場面でクレジットカードが使える環境を支えています。代表的な国際ブランドは次の5つです。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ

デビットカードとクレジットカードのメリットやデメリット

デビットカードとクレジットカードの違いは、それぞれを持つことによるメリットとデメリットにも結びつくものです。ここでは、クレジットカードとデビットカードの長所・短所を、注意点もふまえて解説します。

デビットカードを持つメリット・デメリット

次にデビットカードを持つメリットとデメリットを押さえておきましょう。

メリット

  • 使いすぎて後で払えなくなるというリスクがなく、家計の管理がしやすい
  • 国際ブランドが付いたデビットカードなら、クレジットカードと同じようにお店やネット通販で使える
  • クレジットカードとは異なり、年齢や年収などによる審査がない

デメリット

  • 口座の残高以上の買い物ができない
  • 国際ブランドが付いている場合でも利用できない場所がある(例:高速道路や飛行機の機内販売、ガソリンスタンドなど)
  • ポイントが付くデビットカードもあるが、還元率が低くポイントが貯まりにくい

口座から即時引き落としのデビットカードは、「そのときにある現金から払う」のが基本になるので、お金の動きが見えやすいというメリットがあります。

キャッシュレスで小銭を持たなくていい便利さがありながら、必要以上に使い込んでしまうリスクも小さいところが大きな魅力といえるでしょう。

クレジットカードを持つメリット・デメリット

まず、クレジットカードを持つメリットとデメリットから見ていきましょう。

メリット

  • 口座に現金がなくても買い物ができる
  • 分割払いやリボ払いなど、支払い方法が選べる
  • ポイントやマイルが貯まる

デメリット

  • 手持ちの現金がなくても使えるので、使いすぎてしまう可能性がある
  • カードの種類によっては年会費がかかる
  • リボ払いや分割払い、キャッシングを利用すると手数料や金利がかかる

1ヶ月分の利用額が後日まとめて引き落とされるクレジットカードは、支払いのタイミングをコントロールできるのが大きなメリットです。手持ち資金はないけれど、今すぐに必要なものがあるときや、旅行の計画があるときなどはクレジットカードの利用がおすすめです。

例えば、冬休みに海外旅行に行きたいけれど今は手持ち資金に余裕がないというシチュエーションを想像してみてください。そのようなときは、先にホテルや飛行機の決済をクレジットカードでしておき、支払いはボーナス払いや分割払いにするといったことができます。

デビットカードとクレジットカードはどっちがおすすめ?

最後に、これまでの内容をふまえて、デビットカードとクレジットカードが結局どんな人に向いているのか、まとめてみましょう。

デビットカードがおすすめの人

デビットカードは銀行口座からの即時引き落としなので、現金での支払いと同じ感覚で利用できます。使いすぎの心配がないので、カードの利用にあまり慣れていない学生でも安心です。

その一方、口座残高以上の支払いはできないことや、支払いのタイミングをまとめられないなどのデメリットもあります。まとめると、デビットカードがおすすめなのは次のような人になります。

  • クレジットカードを作ることができない人
  • お金の管理に自信がない人
  • キャッシュレス決済の手段を増やしたい人
  • ATM手数料や振込手数料を節約したい人

この他、「現金・小銭をあまり持ちたくない」「決済のときにサインしたり暗証番号を入力するのが手間に感じる」「電子マネーはチャージするのが面倒」といった人にも、デビットカードはおすすめです。

クレジットカードがおすすめの人

クレジットカードは手持ち資金よりも大きな買い物ができるだけでなく、支払いのタイミングをコントロールできるなど、使い勝手のよいものです。日常の買い物をクレジットカードで支払えばポイントが貯まるので、うまく利用すれば家計にもプラスになります。

一方で、しっかりと管理しないと使いすぎてしまう心配もあります。まとめると、次のような人におすすめのカードといえるでしょう。

  • お金の管理をしっかりできる人
  • ポイントやマイルを貯めたい人
  • 手元に資金はないけれど、高額な買い物をする予定がある人(ボーナス払い、分割払い、リボ払いなどを利用したい人)

学生が作れる人気のクレジットカードランキングはこちら

クレジットカードとデビットカード両方持つのもおすすめ

クレジットカードとデビットカードはどちらにもメリットがあるので、両方とも持つのもおすすめです。

「口座残高に余裕があり、使いすぎを防ぎたいとき」はデビットカード、「急な出費などで支払いを先に済ませたいとき」はクレジットカード、というように使い分けをすると便利です。

また、デビットカードよりもクレジットカードの方がポイントが貯まりやすいので、大きな買いもののときはクレジットカードを積極的に利用するとよいでしょう。

楽天銀行などでは、クレジットカードとデビットカードの両方を申し込んで所持することも可能です。

楽天銀行デビットカードと楽天カードの違いを具体的に比較

ここまでクレジットカードとデビットカードの違いやメリット・デメリットなどについて解説してきましたが、どちらを選んだらいいのか、どういう使い方ができるのか、もっと具体的に検討したいという人もいるでしょう。

そこで今回は、ともに楽天グループから発行されている「楽天銀行デビットカード」と「楽天カード(クレジットカード)」を、イメージをつかむための参考例として紹介します。

楽天銀行デビットカード

楽天グループの金融機関である楽天銀行が発行するデビットカード。申し込むには楽天銀行に口座を持っていることが条件になります。

楽天カードとの違いとしては、まず選べる国際ブランドがVISA、Mastercard、JCBの3つで、アメリカン・エキスプレスを選ぶことができません

また、楽天銀行デビットカードでは1日あたりの利用限度額を設定することが可能で、これは楽天カードにはない特徴です。利用者本人の使いすぎを防ぐだけでなく、第三者による悪用の被害を抑える対策にもなります。

気になるポイント還元率は1%で、楽天カードと同率です。ただし、「楽天市場での買い物で最大3%還元」といったプラスアルファの特典は楽天カードの方が手厚いといえます。

このように、楽天グループの2つのカードを比較してみると、「楽天ポイントを最大限に貯める」という意味ではやはり楽天カードの方がお得感がありそうです。しかし、デビットカードならではの安心感を加味すれば、ポイント還元率1%の楽天銀行デビットカードも十分メリットがあるといえそうです。

楽天カードの特徴(クレジットカード)

楽天グループが発行するクレジットカードで、ポイント還元率の高さが魅力のカードです。

どこで買い物してもポイント還元率は1%で、楽天市場での買い物なら最大3%になります。楽天モバイルや楽天銀行など、楽天グループのサービスを利用すればさらに還元率が高くなります。

楽天のサービスと楽天ポイントをよく利用する人にとっては、かなりお得感のあるクレジットカードといえるでしょう。

「新規入会かつカード利用で5000ポイントがもらえる」といったキャンペーンで、ポイントが多くもらえるチャンスが多くあるのも特徴です。

この記事のまとめ

  • クレジットカードとデビットカードは、支払い方法が大きく異なる。クレジットカードはまとめて後払い(ポストペイ)、デビットカードは即時払い(デビット)
  • ポイント還元率はクレジットカードの方が高い傾向があるが、デビットカードも種類によっては還元率が高い
  • クレジットカードは「支払い時期をコントロールしたい」「効率的にポイントを貯めたい」「さまざまな支払い方法をしたい」人におすすめ
  • デビットカードは「使いすぎが心配な人」「クレジットカードを作れない人」「キャッシュレス決済の選択肢を増やしたい」人におすすめ

関連記事

時間アイコン22.05.20

クレジットカードの有効期限の見方と確認方法!更新時にやるべきこと

クレジットカードの有効期限の見方

時間アイコン22.05.20

クレジットカードの番号の意味とは?番号流出だけで悪用される原因と手口

クレジットカードの番号の意味

時間アイコン22.05.20

クレジットカードの解約はタイミングが重要!解約のデメリットも解説

クレジットカードの解約

時間アイコン22.05.19

クレジットカードの利用限度額を引き上げるには?年収と上限額の関係

クレジットカード 限度額

時間アイコン22.04.19

クレジットカードの本人確認書類とは?書類がないときの対処法を解説

no-image

TOP