個人事業主におすすめクレジットカード15選と審査基準や個人用との比較も

個人事業主におすすめのクレジットカード15選

フリーランスで事業規模が小さくてもビジネスカードは持つべき?
個人事業主が作りやすいおすすめカードは?

個人事業主が事業用のクレジットカードを作ると、経費の支払いでポイントが貯まったり会計ソフトとの連携で業務の効率化も可能なので事業用カードは1枚持っておくのをおすすめします。

特に青色申告特別控除額の変更*などもあり会計ソフトからe-Tax(電子申告)を行っている個人事業主やフリーランスの方は多いのではないでしょうか?

この記事では法人カードと個人用カードの違い個人事業主のカード審査についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

*引用:青色申告特別控除額が変わります! - 国税庁 令和2年分の所得税確定申告から、e-Tax(電子申告)または電子帳簿保存と事前申請でなければ、65万円の青色申告特別控除が受けられない

この記事でわかること

  • 法人カードは個人用カードにはないビジネス特典が豊富で、限度額が高い
  • ポイント還元率を重視するなら、個人用カードをビジネス用にするのがおすすめ
  • 開業直後でも個人のクレヒスに問題なければ、カードの審査に通る可能性が高い
  • 年会費無料でおすすめは三井住友カード ビジネスオーナーズ
  • 年会費は経費になるので、年会費が高いアメックスのビジネスカードを持つのもおすすめ

【編集部おすすめ】
三井住友カード ビジネスオーナーズ

\新規入会で最大8,000Ptプレゼント

おすすめポイント

  • 法人カードではめずらしい年会費永年無料
  • 利用履歴や明細はアプリで簡単に確認できる
  • カード番号の印字がないのでセキュリティ面で安心
  • 本人確認書類だけで作成可能

キャンペーン情報

  • ビジネスオーナーズに新規入会&利用で最大8,000円相当のVポイントプレゼント!

個人事業主におすすめ法人カード3選

クレジットカードに求める条件は人それぞれですよね。ここでは年会費、還元率、特典のそれぞれで特におすすめの法人カードを3枚紹介します。

用途や重視したいポイントを考えながら自身にあっているカードを選んでみてください。

年会費無料で特典充実の新カード 還元率1.5%!ポイント重視なら ステータス高!空港ラウンジが使える
三井住友カード ビジネスオーナーズ
三井住友カード ビジネスオーナーズ小
Airカード
Airカード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・カード(小)
年会費 無料 5,500円 13,200円*3
還元率 0.5%~ 1.5% 0.3~1.0%
国際ブランド VISAロゴ JCBロゴ アメックスロゴ
作成に必要なもの 本人確認書類 開業届、本人確認書類 本人確認書類
利用可能額 ~500万円*1 10~100万円 一律の上限なし
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(利用) なし 海外:最高5,000万円(利用)
国内:最高5,000万円(利用)
追加カード年会費 無料(19枚まで) 3,300円 6,600円
ETCカード年会費 無料*2 無料 550円
連携の会計ソフト freee、マネーフォワード、弥生会計 freee、弥生会計 freee、マネーフォワード、弥生会計
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
年会費無料で特典充実の新カード 還元率1.5%!ポイント重視なら ステータス高!空港ラウンジが使える
三井住友カード ビジネスオーナーズ
三井住友カード ビジネスオーナーズ小
Airカード
Airカード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・カード(小)
年会費 無料 5,500円 13,200円*3
還元率 0.5%~ 1.5% 0.3~1.0%
国際ブランド VISAロゴ JCBロゴ アメックスロゴ
作成に必要なもの 本人確認書類 開業届、本人確認書類 本人確認書類
利用可能額 ~500万円*1 10~100万円 一律の上限なし
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(利用) なし 海外:最高5,000万円(利用)
国内:最高5,000万円(利用)
追加カード年会費 無料(19枚まで) 3,300円 6,600円
ETCカード年会費 無料*2 無料 550円
連携の会計ソフト freee、マネーフォワード、弥生会計 freee、弥生会計 freee、マネーフォワード、弥生会計
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

表内は税込です。
*1 所定の審査があります
*2 入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードの利用がない場合は550円
*3 【限定特典】当サイトからの申し込みで初年度無料

三井住友カード ビジネスオーナーズは年会費無料で追加カード19枚まで無料

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズ

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 0.5%~
国際ブランド visa
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • カード番号の印字がないのでセキュリティ面で安心
  • Visaのタッチ決済によりサインや暗証番号も不要
  • 最大500万円の利用枠(※審査あり)

キャンペーン情報

  • 利用金額の10%分(最大8,000円相当)のVポイントをプレゼント

三井住友カード ビジネスオーナーズは三井住友カードが発行する法人カードです。法人カードの中でも数くない年会費無料の法人カードで作りやすく、カード番号の印字がないナンバーレスカードなので安心して使える一枚です。

カード作成時には登録謄本や決算書は不要で、運転免許証などの本人確認書類だけで発行できる申し込みやすさも魅力です。

またカードの利用枠が最大500万円*と法人カードの中でも比較的高額で機能が充実しているカードです。

*所定の審査あり

■三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(利用)
ショッピング補償 なし
利用可能枠 ~500万円
*所定の審査があります
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • リボ払い
  • 分割払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い
ETCカード年会費 無料(入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードの利用がない場合は税込550円)
追加カード年会費 無料(19枚まで)
おもな付帯サービス
  • ・日産レンタカー/タイムズ カー レンタルが優待料金
  • ・アート引越センター/サカイ引越センター/ラク越・引越革命の優待
  • ・ホテル宿泊、オフィス用品・事務用品、印刷サービスなどを優待価格で利用できる「Visaビジネスオファー」
  • ・希望路線の国際線航空券と世界各地のホテルの予約・手配を行う「エアライン&ホテルデスク」
  • ・「じゃらんnet」の法人限定シークレットプラン「JCS限定プラン」
  • ・宿泊施設やフィットネスクラブ、レジャー施設やカルチャースクールの優待など、各種福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を優待価格にて提供
-

Airカードはポイント還元率が1.5%の高還元率なビジネスカード

Airカード(エアカード)

Airカード(エアカード)

総合評価

表示しない
年会費 5,500円(税込)
還元率 1.5%
国際ブランド jcb
電子マネー
quicpay
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 最新かつ業界トップクラスの1.5%の高還元率を誇るカード
  • JCBが提供する法人会員向けサービスが付帯

キャンペーン情報

  • 新規入会で初年度年会費実質無料(適用条件あり) 5月18日申し込み分まで

AirカードはJCBとリクルートが提携して2021年1月に発行した比較的新しいカードです。最大の特徴は業界トップクラスを誇る1.5%の還元率。Airカードで貯まるリクルートポイントはdポイントやPontaポイントとも1対1で交換もできるため、ポイントの使い勝手がよいのも魅力です。

また、リクルートが提供している各種サービスの利用で還元率がアップします。備品の購入などに利用できる「ポンパレモール」では3.0%以上還元に、旅行などの手配が可能な「じゃらん」では2.0%還元とポイントが上乗せされます。ただし、公共料金などの支払いでは0.5%になってしまうので注意しましょう。

■Airカードの特徴
旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 100万円(自己負担10,000円)
利用可能枠 10~100万円
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • 2回払い
ETCカード年会費 無料
追加カード年会費 3,300円(税込)
おもな付帯サービス
  • ・「弥生会計 オンライン」と「やよいの青色申告 オンライン」を初年度0円で利用可能
  • ・クラウド会計ソフトfreeeの「法人ベーシックプラン」「個人スタンダードプラン」の初年度年会費が15%引き
  • ・トヨタ/レクサスの新車に乗ることができるクルマのサブスクサービスが利用可能
  • ・出張業務を最適化する法人向けインターネット出張手配システム「ANA Biz」対象
  • ・インターネットで簡単に航空券の予約ができる法人向け国内出張サービス「JCB de JAL ONLINE」
  • ・「じゃらんnet」の法人限定シークレットプラン「JCS限定プラン」
  • ・「クロスオフィス」のコワーキングスペースを優待料金で利用可能
  • ・保養所、スポーツクラブ、資格取得や育児サポートといった福利厚生サービス「福利厚生倶楽部」
-

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはステータスが高く海外出張で使える

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

総合評価

表示しない
年会費 13,200円(税込)【限定特典】当サイトからの申し込みで初年度無料
還元率 0.3~1.0%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 決算書や確定申告書の提出原則不要
  • クラウド会計ソフト freeeと連携可能

キャンペーン情報

  • 当サイト経由の申し込みで13,200円の年会費が初年度無料!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは豊富な付帯サービスと高いステータス性で知られているアメックスのなかでも一般的な法人カードです。カード券面のデザインからアメックスビジネスグリーンカードとも呼ばれることがあります。

一般カードではありますが、年会費は13,200円と高め。しかし、国内外29空港の空港ラウンジの無料利用や最高5,000万円の旅行傷害保険、補助金・助成金のコンサルティング費用の割引などほかカード会社のゴールドカード並の特典が利用可能です。

自営業の事業用カードの年会費は経費計上が可能なので、個人用としてはなかなか手が出ないクレジットカードを事業用として作りたいかたにおすすめのカードです。

■アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴
旅行傷害保険 海外:最高5,000万円(利用)
国内:最高5,000万円(利用)
ショッピング補償 年間最高500万円(自己負担1万円)
利用可能枠 一律の上限額なし
利用可能な支払い方法 ・1回払い
・リボ払い
ETCカード年会費 550円
追加カード年会費 6,600円
おもな付帯サービス
  • ・アフォーダブル料金(事前予約割引料金)よりさらに10%オフ
  • ・電話代行サービス「e秘書」月額基本業務料を12%オフ
  • ・DHLエクスプレスワールドワイド輸送料金10%オフ
  • ・「TKP研修ネット」宿泊研修プラン5%オフ、または「TKP貸会議室ネット」会議室室料10%オフ
  • ・オフィス・デポ商品代金3%オフ
  • ・PRESIDENT年間購読料46%オフ
  • ・週刊ダイヤモンド年間購読ご優待
  • ・補助金・助成金検索サービス
  • ・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」の登録料無料
  • ・国内外20万ヵ所以上の施設を特別料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料
  • ・全国300カ所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースの自由席が利用できる「OFIICE PASS」の月額料金10%割引
  • ・国内外29ヵ所の空港ラウンジが同伴者1まで名無料
-

個人事業主が法人カードを持つメリット

クレジットカードは企業や個人事業主に対して発行される「法人カード」と、個人に対して発行される「個人カード」の大きく2つに分けられます。

個人カードでも事業用に使用することはできますが、法人カードには以下のようなビジネスシーンにおけるメリットがあります。

法人カードのメリット

  • 経理業務が効率化される
  • ビジネス向けの特典が豊富
  • 必要経費でポイントが貯まる
  • 資金繰りに余裕が生まれる

1.経理業務が効率化される

クレジットカードでの支払いはすべて履歴が残るため、利用明細書*のもらい忘れや紛失といった経費精算処理でありがちなミスを防げます。使用履歴は会員サイトなどからも確認できるので、自社の支払い内容も一目でわかります。

従業員がいる場合も、支払口座が同一の追加カードを支給することで、領収書の受け渡しや立替経費の清算といった手間をなくせるでしょう。

また、クラウドサービスを利用した会計ソフトなどとクレジットカードをひも付ければ、自動で利用明細を登録してくれるので、経理業務の効率化につながります。

なお、個人用カードでも経費の支払いは行えるものの、社用の支払いと私用の支払いを区別する必要があります。後述しますが、より生産性の向上を追求するのであれば法人カードを持ったほうが無難です。

* 確定申告の際にはクレジットカードの利用店発行の領収書ではなく、クレジットカードの利用明細書を利用しましょう。(参考:国税庁 カード会社からの請求明細書 より)

2.ビジネス向けの特典が豊富

法人カードには個人カードと違い、ビジネス向け特典が付帯するのが一般的です。例えば、前述のクラウド会計ソフトが優待価格で使えたり、コワーキングスペースの使用料が割引になったりします。中にはコンサルティングを受けられるカードもあり、手厚いサポートが期待できます。

3.必要経費でポイントが貯まる

個人用カード同様、支払いでポイントが貯まる点もメリットです。備品の購入など、事業での支払いは高額になるケースも少なくありません。クレジットカードで支払いを行えば、より多くのポイントを貯めることができるでしょう。

また、貯まったポイントはカードの支払いに充当させられるため、経費削減につながります。

4.資金繰りに余裕が生まれる

クレジットカードにもよりますが、代金の引き落としは翌月に行われるのが一般的です。事業運営用に資金に余裕をもつのは大切ですが、今すぐまとまった資金が必要で、翌月には取引先からの振り込みが期待できる場合などは、カードで支払うことで臨機応変に対応できます。

個人事業主が法人カードを持つデメリット

ビジネスを効率化するメリットの多い法人カードですが、一方で以下のようなデメリットもあります。カードを申し込んだ後に後悔しないよう、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

法人カードのデメリット

  • 年会費無料のカードが少ない
  • ポイント還元率は高くない

1.年会費無料のカードが少ない

クレジットカードの中には年会費が永年無料のカードも多くあります。しかし、法人カードの場合は基本的に年会費が発生してしまいます。入会年のみ無料となるカードもありますが、決して多くはありません。

もし、コストパフォーマンスを重視して、年会費無料の法人カードを選ぶなら選択肢が少なくなってしまいます

2.ポイント還元率は高くない

クレジットカードの大きな特徴の一つともいえるポイント還元ですが、法人カードの還元率は一般的に0.5%と低めに設定されています。

一方、個人カードは還元率1.0%を超えるカードも多く、中には後述のリクルートカードのように常時1.2%の高還元率を誇るカードもあります。経費の支払いでもなるべく多くのポイントを貯めたいという方にとっては、法人カードよりも個人カードの選んだほうが後悔する可能性も少なくなるかもしれません。

個人事業主は審査に落ちやすい?審査基準とは?

継続的な収入が期待できる会社員とは異なり、自営業者である個人事業主やフリーランスは収入が安定しているとは必ずしもいえません。しかし個人事業主が審査に落ちやすいとも限りません。

個人事業主がビジネスカードを作る際、個人(本人)のクレジットヒストリーに問題がなければ、クレジットカードの審査に通る可能性は十分にあります。会社を辞めた独立直後など、起業してすぐでも関係ありません。

重要なのは、カードの審査対象が「個人(本人)」か「会社」かということです。

審査対象が「個人(本人)」の場合は、ローン状況や滞納歴などが無ければ審査に通る可能性は高く、「会社」の場合は、開業直後や赤字が続いているなど経営状態が悪いと審査に落ちる可能性があるということです。

クレジットカードの審査対象と審査内容

法人カードの審査対象と審査内容

ビジネスカードの申し込み画面には、入会対象者や申込対象者などの記載がありますし、この記事の中で紹介している法人カードは申込条件が「法人代表者」や「個人事業主」のカードです。

個人事業主の法人カード作成の審査

引用:三井住友カード ビジネスオーナーズ 基本情報

ちなみにクレジットヒストリーを傷つけない基本的な対策は、個人用カードを作るときと同じく、ローンや公共料金の支払いを滞りなく行う、クレジットカードの多重申し込みを避けるといった方法があげられます。

またクレジットカードの審査に関しては割賦販売法の改正が行われ、さまざまな角度から調査し総合的に判断されています。審査に不安な方は、クレジットカードの審査についての記事を参考にしてみてください。

個人事業主は「法人」と「個人」どちらのカードをもつべき?

個人事業主は法人カードと個人カードどっちを持つべき?

個人事業主やフリーランスは個人カードを事業用として経費の支払いに利用できるため、「法人カード」と「個人カード」のどちらを持つべきか迷いますよね。ここでは前述の法人カードのメリットとデメリットをもとに、「法人」と「個人」のカードはどのような人におすすめなのかを紹介していきます。

法人カードと個人カードの比較
法人用カード
個人用カード
メリット
  • ビジネス向け特典が豊富
  • ・年会費を経費にできる※
  • ・限度額が高い
  • ・ETCや追加カードを複数枚追加できる
  • 年会費無料のカードが多い
  • ・還元率が比較的高め
デメリット
  • ・還元率が低め
  • ・ビジネス向け特典がない
  • ・限度額が低い

※ 年会費がかかる個人用カードを事業用で利用しても年会費を経費計上できますが、そのカードでプライベートの利用がある場合は年会費を「家事按分」をして分けて計上しなければなりません

法人カードには、コワーキングスペースの優待、出張手配システム、会計ソフトを優待価格で利用できるなど、個人カードでは受けられない特典が豊富です。

年会費を経費にできるのも個人事業主だからこそ!年会費が高額なカードをあえて利用してみるもの良いかもしれませんね。次のような方は法人カードがおすすめです。

■法人カードがおすすめな人

  • ステータスが高いカードを持ちたい
  • 特典が充実している方がいい
  • 出張の機会が多い
  • ETCカードなどを複数ほしい

⇒⇒⇒個人事業主向けの「法人カード」はこちら

一方で、次のような場合は個人カードを事業用として利用してみてもいいでしょう。

■個人カードがおすすめな人

  • ビジネスサポートはなくていい
  • 高額な支払いをする予定はないので、限度額は低くてもよい
  • ポイントを貯めたい

⇒⇒⇒個人事業主向けの「個人カード」はこちら

個人事業主の法人カードの選び方

クレジットカードは途中で解約することもできますが、支払った年会費は戻ってはきません。作ってから「自分には合っていなかった……」と後悔しないためにも、ここからはカードの選び方、特に法人カードのチェックポイントついて解説していきます

個人事業主の法人カードの選び方

  1. 年会費:コストを抑えるなら年会費無料の法人カード
  2. 還元率:ポイントの有効活用をするなら還元率が1.0%のカード
  3. 利用枠:事業内容に応じて利用枠や支払い回数を考える
  4. 特典・付帯サービス:出張が多いならビジネス特典が充実したカード

1.コストを抑えるなら年会費無料の法人カード

事業用の支払いに利用するカードの年会費は基本的に全額経費扱いとなります。そのため、個人用カードを選ぶ場合と異なり、年会費無料にこだわる必要性はそれほど高くないかもしれません。むしろ特典がより充実している有料のカードをあえて選ぶのもいいでしょう。

ただし、コストを抑えたいのであればより年会費が安いカードを選ぶという考え方が無難といえます。

2.ポイントの有効活用をするなら還元率が1.0%のカード

クレジットカードでの支払いではポイントを貯めることができます。ポイントは備品の購入費用やカード代金に充当することもできるため、ポイントの分経費を削減できます。

ただし、一般的に法人カードのポイント還元率は0.5%と低め。もし還元率の高いカードを探しているなら、1.0%以上が高還元率の目安となります

3.事業内容に応じて利用枠や支払い回数を考える

法人カードはより細かく分類すると、大企業向けの法人カードと個人事業主向けの法人カードに大別でき、それぞれに特典の特徴が異なります。

例えば従業員数の多い大企業向けの法人カードには、追加カードやETCカードが何枚までも無料といった特典が付くことがあります。こういった特典は従業員数が少ない、あるいはいない個人事業主やフリーランスの方には必要がないかもしれません。

備品の購入や出張費など、事業用の支払いは高額になることも少なくありません。最低でも100万円前後、利用枠を気にせず使いたいのであれば上限額が300万円程度のカードを選ぶとよいでしょう。

また大企業向けの法人カードは1回払いが基本ですが、個人事業主向けの法人カードは分割払いなど豊富な支払い方法が選べる場合が多いです。支払いを分けることができれば、資金繰りに余裕をもたせることも可能です。

中には「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」のように一律の上限設定がないカードもあります。事前に相談しておけば上限額を上げてくれる場合もあるので、もし高額な出費が考えられるのであれば、そのようなカード会社を選ぶのも一つの手です。

4.出張が多いならビジネス特典が充実したカード

ビジネスカードと個人用カードで大きく異なるのはビジネス特典です。ビジネスカードによくある特典は次の通りです。

ビジネス特典のおもな種類

  • オフィス用品の優待サービス
  • 出張手配サービス
  • 会計ソフトの利用料の優待
  • コワーキングスペースの優待
  • 保養所など福利厚生サービス

また、カードごとに旅行サービスが手厚い、グルメの優待が豊富など特典の傾向も異なります。

自分にとって使用頻度の高い特典がより多く付帯するカードを選ぶことができれば、後悔も少なくなるかもしれません

個人事業主向けのおすすめ法人カード9選

ここからは前述の「三井住友カード ビジネスオーナーズ」「Airカード」「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」の他に個人事業主が持ちたい法人カードを紹介します。

NTTファイナンス Bizカード for owners
NTTファイナンス Bizカード for owners
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード
freee MasterCard
freee Mastercard
JCB CARD Biz
JCB CARD Biz
EX Gold for Biz S
EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド小
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード縮小
年会費 無料 無料 無料 1,375円*1 2,200円*1 5,500円*2 22,000円 27,500円 36,300円*5
還元率 1.0% 0.5% - 0.5% 0.6% 0.5% 0.75% 0.4% 0.5%
国際ブランド VISAロゴ アメックスロゴ mastercardロゴ JCBロゴ VISAロゴmastercardロゴ VISAロゴ アメックスロゴ ダイナースクラブ アメックスロゴ
作成に必要なもの 本人確認書類、補完書類(住民票や公共料金の領収証書など) 本人確認書類 本人確認書類 本人確認書類 本人確認書類、(場合により、個人事業開業届出書または営業許可証) 本人確認書類 本人確認書類 本人確認書類 本人確認書類
利用可能額 ~80万円 一律の上限なし 10~300万円 10~100万円 10~300万円 50~500万円*3 一律の上限なし なし 一律の上限なし
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(自動)
国内:最高2,000万円(利用)
なし なし 海外:最高3,000万円(利用)
国内:最高3,000万円(利用)
海外:最高2,000万円(自動)
国内:最高1,000万円(利用)
海外:最高2,000万円(利用)
国内:最高2,000万円(利用)
海外:最高1億円(利用)
国内:最高5,000万円(自動)
海外:最高1億円(うち5,000万円自動)
国内:最高1億円(利用)
海外:最高1億円(うち5,000万円自動)
国内:最高5,000万円(利用)
追加カード年会費 無料 無料(4枚まで) 無料(3枚まで) なし なし 無料 3,300円 無料 13,200円
ETCカード年会費 1枚につき550円 無料(5枚まで) 無料(1枚まで) 無料 無料 無料*4 無料(5枚まで) 無料 550円
連携の会計ソフト 弥生会計 freee freee freee、弥生会計 freee、マネーフォワード freee、マネーフォワード、弥生会計 freee、マネーフォワード freee freee、弥生会計
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

表内は税込です。
*1 初年度無料
*2 年間100万円以上の利用で翌年度以降も年会費無料
*3 所定の審査があります
*4 入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードの利用がない場合は550円
*5 【限定特典】当サイトからの申し込みで初年度無料

NTTファイナンス Bizカード for ownersは年会費無料で還元率1.0%の高還元率カード

NTTファイナンス Bizカード for owners

NTTファイナンス Bizカード for owners

総合評価

表示しない
年会費 無料
還元率 1.0%
国際ブランド visa
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 年会費が無料
  • Web明細編集サービスが利用可能

NTTファイナンス Bizカード for ownersは法人カードとしては数少ない、年会費無料でビジネス向けのさまざまな特典を利用できるカードです。さらに、基本還元率も1.0%と法人カードの中では高水準となっています。

また、Web明細編集機能を搭載しており、経理処理単位に応じて明細を10枚のPDFに分割可能なほか、費用科目の編集やメモを追記することもできます。

■NTTファイナンス Bizカード for ownersの特徴
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(自動) 国内:最高2,000万円(利用)
ショッピング補償 100万円(自己負担10,000円)
利用可能枠 〜80万円
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • 2回払い
  • リボ払い
  • 分割払い(3回以上)
  • ボーナス一括払い
ETCカード年会費 1枚につき550円(税込)
追加カード年会費 無料
おもな付帯サービス
  • ・ホテル宿泊、オフィス用品事務用品、印刷サービスなどを優待価格で利用できる「Visaビジネスオファー」
  • ・全国の出光興産系列のサービスステーションでガソリンの給油などを2円~最大40円/ℓ引き
  • ・宿泊施設やフィットネスクラブ、レジャー施設やカルチャースクールの優待など、各種福利厚生サービスが利用できる「ベネフィット・ステーション」を優待価格にて提供

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは最短3営業日で発行可能

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード

総合評価

表示しない
年会費 無料
還元率 0.5%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
quicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • ビジネスシーンで利用の多い一部サイトでの利用でポイントが4倍の2%還元
  • 最短3営業日で発行可能

キャンペーン情報

  • 新規入会&利用で最大8,000円相当(1,600ポイント)プレゼント

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは最短3営業日で発行可能な法人カードです。スピーディーに作れるため、急遽クレジットカードが必要になった場合にも選択肢となります。さらに2022年1月26日から年会費永年無料へ変更となり、ますます使いやすいカードとなりました。

また、本カードのポイントプログラムである永久不滅ポイントは利用期限がなく、じっくりとポイントを貯められます。貯めたポイントで社員旅行に行くことも夢ではありません。

さらに、通常の還元率は0.5%と低めですが、「アマゾン ウェブ サービス」や「モノタロウ」などビジネスシーンで利用の多いサイトでの利用ではポイントが4倍、2.0%還元となります。

ポイント4倍対象サイト

  • aws
  • Xserver
  • お名前.com
  • かんたんクラウド
  • CrowdWorks
  • cybozu
  • SAKURA internet
  • Money Forwardクラウド
  • モノタロウ
  • YAHOO! JAPAN(ビジネスサービスのみ)
■セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴
旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 月額300円で各種補償をそれぞれ追加できる「Super Value Plus」に加入可能
利用可能枠 一律の上限額なし
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • ボーナス一括払い
  • (セゾンカード加盟店では下記が追加)
  • 2回払い
  • ボーナス2回払い
  • ショッピングリボ払い
ETCカード年会費 5枚まで無料
追加カード年会費 9枚まで無料
おもな付帯サービス
  • ・レンタルサーバーサービス「エックスサーバー」の初期設定費用が無料
  • ・会計・給与のクラウドサービス「かんたクラウド(MJS)」3ヶ月無料
  • ・事務用品やレンタカー、宅配サービス、レンタル会議室の優待価格利用、ビジネス雑誌の年間購読料割引などの優待「ビジネスアドバンテージ」
  • ・セゾンカード感謝デーでは全国の西友、リヴィン、サニーで5%引き
  • ・ダイエットとボディメイクに特化したパーソナルトレーニングジム「24/7Workout」の入会金無料

freee MasterCardは会計ソフトとカード会社の共同開発カード

freee MasterCard

freee Mastercard

総合評価

表示しない
年会費 無料
還元率
国際ブランド master
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • ライフカードとの提携カード
  • ライフカードやMastercardのビジネス特典が利用できる

会計ソフトの「freee」がカード会社との共同開発した年会費無料の事業用クレジットカードです。1秒でわかる入会診断や簡単なWeb申し込みで、最短4営業日で手元に届くので、事業用カードを急いで作りたい人におすすめです。

クレジットカードによくあるポイント制度がないため、経費の支払いでポイントを貯めることはできません。そのため事業経費が少なかったり、ポイントは不要というフリーランスの方は使いやすいでしょう。

またfreeeのビジネスカードには、ほかにも数種類ありますが、年会費無料なのはfreee MasterCarだけです。freeeのビジネスカードのおもな種類と特徴は次の通りです。

freeeのビジネスカード

  • freee MasterCard ゴールド
    ・年会費2,200円(税込)*1、国内・海外旅行傷害保険あり、空港ラウンジ利用可能、還元率0.5%*2
  • freee VISAクラシックカード
    ・年会費1,375円(税込)*1(条件を満たせば無料or割引)、ポイント制度なし
  • freee VISAゴールドカード
    ・年会費11,000円(税込)*1(条件を満たせば無料or割引)、国内・海外旅行傷害保険あり、空港ラウンジ利用可能、還元率0.5%
  • freee セゾンビジネスプラチナカード・年会費22,000円(税込)、国内・海外旅行傷害保険あり、空港ラウンジ利用可能、ポイント制度あり

freee VISAカードは三井住友カード、freee セゾンビジネスプラチナカードはクレディセゾンとの共同開発のカード
(引用:カード会社と共同開発した事業特化のクレジットカード「freeeカード」
*1 初年度年会費無料
*2 1,000円につき1ポイント、1,000ポイントでJCBギフト券5,000円分に交換可能

■freee MasterCardの特徴
旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 なし
利用可能枠 ショッピング枠:10~300万円
キャッシング枠:0~50万円
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い
  • ショッピングリボ払い
ETCカード年会費 1枚まで無料
追加カード年会費 最大3枚まで無料
おもな付帯サービス
  • ・「Adobe Creative Cloudコンプリートプラン(個人版)」を初年度15%OFF(税別 10,224円/年 相当の値引き)
  • ・officee:仲介手数料無料+新品オフィス家具の優待(オフィス検索サイト「officee」に掲載の物件に限る)
  • ・Kagg.jp:新品オフィス家具を優待価格で購入可能
  • ・キャスタービズ:初月利用料10%off(3ヶ月以上の継続利用が条件)
  • ・ダイエットとボディメイクに特化したパーソナルトレーニングジム「24/7Workout」の入会金無料

JCB CARD Bizは年間100万円の利用で還元率50%アップする

JCB CARD Biz(一般カード)

JCB CARD Biz

総合評価

表示しない
年会費 1,375円(税込)*
還元率 0.5%
国際ブランド jcb
電子マネー
quicpay
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

*初年度無料

おすすめポイント

  • 年間の利用金額に応じて翌年のポイント還元率が最大50%アップ
  • 海外の利用で常時ポイント2倍

キャンペーン情報

  • 【Web限定】新規入会&利用で最大20,000円分のAmazonギフト券(Eメールタイプ)プレゼント
    ※申し込み期間:2022年9月30日(金)カード入会受付分まで

JCB CARD BizはJCBの法人カードの中でもより個人事業主向けの法人カードです。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、JCB STAR MEMBERS対象のカードのため、年間の利用金額に応じて翌年のポイント還元率が最大50%アップします。

■JCB STAR MEMBERSによるポイント増加率

利用金額の合計 メンバーランク名称 ポイントアップ率
30万円以上 スターe(イー)PLUS 10%UP
50万円以上 スターβ(ベータ)PLUS 20%UP
100万円以上 スターα(アルファ)PLUS 50%UP

事業用の支払いは高額になることも少なくありませんから、条件達成はそれほど難しくないといえます。また、Web明細サービス「MyJチェック」への登録で、海外利用でのポイント還元率が常時2倍となります。

その他、貯まったポイントはAmazonで1ポイント=3.5円JAL・ANAマイルで1ポイント=3マイルJCBギフトカードにも変えられるので、ポイントの使いみちが豊富なのもうれしいですね。

なお、JCBの一般的な法人カードであるJCB法人カードとの違いは以下のとおりです。

【JCB CARD BizとJCB法人カードの比較】
JCB CARD Biz
JCB CARD Biz
JCB法人カード
JCB一般法人カード(小)
年会費 1,375円(税込、初年度年会費無料) 1,375円(税込、初年度年会費無料)
申し込み対象 法人代表者または個人事業主 法人または個人事業主
追加カード年会費 なし 1,375円
ETCカード年会費 無料(1枚まで) 無料(複数枚発行可能)
支払い方法
  • ショッピング1回払い
  • ショッピング2回払い
  • ボーナス1回払い
  • ショッピングリボ払い
  • ショッピング分割払い
  • ショッピングスキップ払い
  • ショッピング1回払い
  • ショッピング2回払い
決済口座 ・【法人代表者の場合】法人口座、個人名義口座
・【個人事業主の場合】屋号付き口座、個人名義口座
・【法人の場合】法人口座
・【個人事業主の場合】屋号付き口座、個人名義口座
キャッシング キャッシング1回払い(国内・海外)
キャッシングリボ払い
なし

上記のとおり、JCB CARD Bizは従業員用の追加カードが発行できない分、豊富な支払い方法を選べてキャッシングも可能です。資金繰りが不安定になることも少なくない個人事業主やフリーランスの方にも使いやすいカードといえるでしょう。

■JCB CARD Bizの特徴
旅行傷害保険 海外:最高3,000万円(利用)
国内:最高3,000万円(利用)
ショッピング補償 最高100万円(自己負担10,000円)(海外のみ)
利用可能枠 10~100万円
利用可能な支払い方法
  • ショッピング1回払い
  • ショッピング2回払い
  • ボーナス1回払い
  • ショッピングリボ払い
  • ショッピング分割払い
  • ショッピングスキップ払い
ETCカード年会費 無料
追加カード年会費 なし
おもな付帯サービス
  • ・「弥生会計 オンライン」と「やよいの青色申告 オンライン」を初年度0円で利用可能
  • ・クラウド会計ソフトfreeeの「法人ベーシックプラン」「個人スタンダードプラン」の初年度年会費が15%引き
  • ・トヨタ/レクサスの新車に乗ることができるクルマのサブスクサービスが利用可能
  • ・出張業務を最適化する法人向けインターネット出張手配システム「ANA Biz」対象
  • ・インターネットで簡単に航空券の予約ができる法人向け国内出張サービス「JCB de JAL ONLINE」対象
  • ・「じゃらんnet」の法人限定シークレットプラン「JCS限定プラン」を提供
  • ・「クロスオフィス」のコワーキングスペースを優待料金で利用可能
  • ・保養所、スポーツクラブ、資格取得や育児サポートといった福利厚生サービス「福利厚生倶楽部」の利用

EX Gold for Biz Sはビジネスゴールドカードの中でも年会費が安い

EX Gold for Biz S

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)

総合評価

表示しない
年会費 2,200円(税込)*
還元率 0.6%
国際ブランド visamaster
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

*初年度無料

おすすめポイント

  • ゴールドカードならではの手厚いサービスを低コストで享受できる
  • 空港ラウンジ無料で出張が多い人にも
  • MastercardビジネスアシストまたはVisaビジネスオファーを利用できる

キャンペーン情報

  • 新規入会&条件達成で最大7000オリコポイントプレゼント

EX Gold for Biz Sは2,200円(税込)と年会費を抑えつつもゴールドカードならではの特典が付帯した法人カードです。

さらに、EX Gold for Biz Sの基本還元率は0.5%ですが、常時20%加算される特典が付帯するので最低でも0.6%還元となっています。

また、オリコのポイントサービス「暮らスマイル」は利用額に応じて還元率がアップします。

累計利用金額 クラステージ 加算倍率
50万円未満 ノーマルステージ 1.0倍
50万円以上 ステージ50 1.5倍
100万円以上 ステージ100 1.7倍
200万円以上 ステージ200 2.0倍

全国約200店の有名レストランにて、2名以上の利用で1名分が無料となる「ダイニング by 招待日和」Marriott Bonvoyの国内対象ホテルが15%オフで宿泊できる特別優待、国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジを無料で利用できるなど手厚いサービスが特徴です。特に、出張が多い方には特典を使う機会が多いカードといえます。

もちろん、ビジネス向けの特典も充実しています。従業員の福利厚生をサポートする「えらべる倶楽部」の入会金が割引となるほか、会計ソフト「freee」の有料年額プランが3ヶ月分割引されます。

■EX Gold for Biz Sの特徴
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(自動)
国内:最高1,000万円(利用)
ショッピング補償 年間最高100万円(自己負担10,000円)
利用可能枠 10~300万円
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • 分割払い
  • 据置き一括払い
  • 半年賦併用払い
  • リボルビング払い
ETCカード年会費 無料
追加カード年会費 なし
おもな付帯サービス
  • ・高級レストランでの優待や空港クロークサービスなど「Mastercard T&E Savings(Mastercardブランドのみ)」
  • ・福利厚生プログラムや経理システム、日本企業海外進出サポートが受けられる「Mastercardビジネスアシスト(Mastercardブランドのみ)」
  • ・ホテル宿泊、オフィス用品・事務用品、印刷サービスなどを優待価格で利用できる「Visaビジネスオファー」
  • ・クラウド会計ソフト freee(フリー)の有料プランが通常より3ヶ月分割引
  • ・宿泊施設やフィットネスクラブ、レジャー施設やカルチャースクールの優待など、各種福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を優待価格にて提供
  • ・国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジの無料利用

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドは条件達成で年会費永年無料になる

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド

総合評価

表示しない
年会費 5,500円※
還元率 0.5%~
国際ブランド visa
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

※年間100万円以上の利用で翌年度以降も年会費無料

おすすめポイント

  • 【継続特典】年間100万円以上の利用で10,000ポイント進呈
  • 国内の主要空港とハワイ ホノルル空港内にあるラウンジを無料で利用可能
  • 最大500万円の利用枠(※審査あり)
  • 入会月から11ヶ月間で100万円以上の利用があれば、年会費永年無料

キャンペーン情報

  • 利用金額の10%分(最大10,000円相当)のVポイントをプレゼント

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドは前述の三井住友カード ビジネスオーナーズの上位のカードです。通常年会費は5,500円(税込)ですが、加入月の11ヶ月後末までに100万円の利用があればその後の年会費が永年無料となります。

ゴールドカードとクラシックカードの違いは以下のとおりとなります。

【三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドとクラシックの違い】
ゴールドカード
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド小
クラシックカード
三井住友カード ビジネスオーナーズ小
年会費
5,500円*1
永年無料
追加カード年会費
無料
無料
カード利用枠
〜500万円*2
50~500万円*2
旅行傷害保険
国内・海外:最高2,000万円
海外:最高2,000万円
ショッピング補償
年間300万円(国内・海外)
なし
Vポイント有効期限
3年
2年

*1 年間100万円の利用で翌年以降の年会費無料
*2 所定の審査があります。

上記のとおり、旅行傷害保険やショッピング補償が手厚くなっており、万が一の備えをより充実させたい人におすすめです。

また、国内32ヵ所の空港、海外(ハワイ)の空港ラウンジが無料で利用できるサービスも付帯します。

■三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドの特徴
旅行傷害保険 国内:最高2,000万円(利用)
海外:最高2,000万円(利用)
ショッピング補償 年間最高300万円
利用可能枠 〜300万円
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • リボ払い
  • 分割払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い
ETCカード年会費 無料(入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードの利用がない場合は税込550円)
追加カード年会費 無料(19枚まで)
おもな付帯サービス
  • ・国内32ヵ所の空港、海外(ハワイ)の空港ラウンジが無料で利用可能
  • ・日産レンタカー/タイムズ カー レンタルが優待料金
  • ・アート引越センター/サカイ引越センター/ラク越・引越革命の優待
  • ・ビジネス消耗品から出張、会議室の利用といった特典「Visa ビジネスオファー」
  • ・希望路線の国際線航空券と世界各地のホテルの予約・手配を行う「エアライン&ホテルデスク」
  • ・「じゃらんnet」の法人限定シークレットプラン「JCS限定プラン」を提供
  • ・宿泊施設やフィットネスクラブ、レジャー施設やカルチャースクールの優待など、各種福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を優待価格にて提供
-

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはJALマイルが貯まる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

総合評価

表示しない
年会費 22,000円(税込)
還元率 0.75%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
quicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 年間200万円以上の利用で次年度の年会費が半額に
  • 1,000円のカード利用で10マイルのJALマイルを獲得
  • 運転免許証などの本人確認書類だけで申し込むことができる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの中でも最高クラスの法人カードです。

旅行やレストラン予約の手配を代行してくれる「コンシェルジュサービス」や老舗料亭の紹介といった多彩なサービスを提供する「セゾンプレミアムセレクション」、話題のビジネス書がわずか10分で読める要約サイト「flier(フライヤー)」の読み放題プラン(ゴールドプラン)が30日間無料&月額利用料金15%引きといった特典を利用できます。

また通常年会費4,400円(税込)の「SAISON MILE CLUB」が無料で登録可能で、JALマイルの還元率が最大1.125%になります。またポイント以降の手続き不要で、自動でマイル移行できるのも魅力的ですね。出張が多い場合や旅行好きな方におすすめのカードといえるでしょう。

■セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴
旅行傷害保険 国内:最高5,000万円(自動)
海外:最高1億円(利用)
ショッピング補償 年間最高300万円
利用可能枠 一律の上限額なし
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • ボーナス一括払い
  • (セゾンカード加盟店では下記が追加)
  • 2回払い
  • ボーナス2回払い
  • ショッピングリボ払い
ETCカード年会費 5枚まで無料
追加カード年会費 3,300円(税込)
おもな付帯サービス
  • ・プラチナ会員様専用コンシェルジュ・サービス
  • ・「セゾンプレミアムセレクション」に無料で登録
  • ・国内一流ホテルでの朝食サービスやアーリーチェックインといった特典
  • ・国内の主要空港ラウンジを無料でご利用
  • ・事務用品やレンタカー、宅配サービスなど、さまざまな業種の経費のお支払いに、料金交渉の手間もなくいつでも優待価格で利用できる「ビジネスアドバンテージ」
  • ・レンタルサーバーサービス「エックスサーバー」の初期設定費用が無料
  • ・会計・給与のクラウドサービス「かんたクラウド(MJS)」3ヶ月無料
  • ・全国のコナミスポーツクラブおよび提携施設合わせて約500ヵ所の施設が法人会員料金に

ダイナースクラブ ビジネスカードは接待やゴルフ予約で使える高ステータスカード

ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカード

総合評価

表示しない
年会費 27,500円(税込)
還元率 0.4%
国際ブランド
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 2名以上の予約で所定のコース料理が1名分無料になる「エグゼクティブ ダイニング」
  • 追加カードを無料で2名まで発行できる
  • 会員制ラウンジ「銀座サロン」を無料で利用できる

ダイナースクラブ ビジネスカードはアメリカン・エキスプレスと並び特典に定評のあるダイナースクラブの法人カードです。

商談や交流の場として使えるダイヤモンド経営者倶楽部運営の会員制ラウンジ「銀座サロン」の利用や相続・事業承継支援、税務顧問サービスにかかる初回の相談料が無料と、ビジネスシーンで役に立つ特典が多く付帯します。

また、レストランにてコース料理を2名分注文すると1名分が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」や予約が難しい料亭の席の確保など、接待でも活躍するグルメ特典も特徴の一つです。

さらに「名門ゴルフ場予約」では、国内約100コースの名門ゴルフ場のラウンド予約を依頼できるのもゴルフ好きには嬉しいポイントです。

■ダイナースクラブ ビジネスカードの特徴
旅行傷害保険 国内:最高1億円(利用)
海外:最高1億円(うち5,000万円自動)
ショッピング補償 年間最高500万円(自己負担1万円)
利用可能枠 なし
利用可能な支払い方法
  • 一回払い
  • ボーナス一括払い
  • リボルビング払い
ETCカード年会費 無料
追加カード年会費 無料
おもな付帯サービス
  • ・ジーサーチや健康診断、法律相談などの優待がそろった「ダイナースクラブ ビジネス・オファー」
  • ・ダイヤモンド経営者倶楽部が運営の会員制ラウンジ「銀座サロン」の利用
  • ・レストランおすすめのコース料理を2名以上で利用すると1名分が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」
  • ・予約が難しい高級料亭をダイナースクラブが会員に代わって予約する「料亭プラン」
  • ・名門ゴルフ場約100コースでプレーできる「名門ゴルフ場予約」

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは海外出張に強くメタル製カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド

総合評価

表示しない
年会費 36,300円(税込)【限定特典】当サイトからの申し込みで初年度無料
還元率 0.5%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 多彩なトラベルサービスが付帯
  • 利用限度額は一律上限なし
  • メタル製のカードを本カードと追加カード(1枚まで)で発行可能

キャンペーン情報

  • 当サイト経由の申し込みで36,300円の年会費が初年度無料!
  • 入会後1年以内に200万円以上のカード利用で30,000ポイントプレゼント

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは前述のアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードより特典がワンランクアップした法人カードです。

基本的な特典は一般カードと同じですが、全国約150店舗のレストランで、所定のコース料理2名以上の利用で1名分のコース料金が無料になる「ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン」や、名刺管理アプリ「Eight」の企業向けプレミアムサービスが初年度12ヶ月間割引で利用できるといった特典が追加で付帯します。

■アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの特徴
旅行傷害保険 海外:最高1億円(うち5,000万円自動)
国内:最高5,000万円(利用)
ショッピング補償 年間最高500万円(自己負担10,000円)
利用可能枠 一律の上限額なし
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • リボ払い
ETCカード年会費 550円
追加カード年会費 13,200円
おもな付帯サービス
  • ・アフォーダブル料金(事前予約割引料金)よりさらに10%オフ
  • ・電話代行サービス「e秘書」月額基本業務料を12%オフ
  • ・DHLエクスプレスワールドワイド輸送料金10%オフ
  • ・「TKP研修ネット」宿泊研修プラン5%オフ、または「TKP貸会議室ネット」会議室室料10%オフ
  • ・オフィス・デポ商品代金3%オフ
  • ・PRESIDENT年間購読料46%オフ
  • ・週刊ダイヤモンド年間購読ご優待
  • ・補助金・助成金検索サービス
  • ・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」の登録料無料
  • ・国内外20万ヵ所以上の施設を特別料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料
  • ・全国400ヵ所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースの自由席が利用できる「OFFICE PASS」の月額料金10%引き
  • ・国内外29ヵ所の空港ラウンジを、同伴者1名と共に無料で利用できる
  • ・海外出張の際、出発時に自宅から空港まで、帰国時に空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送
  • ・「Eight企業向けプレミアム」に新規申し込みでアカウント人数に関わらずひと月あたり2,000円分を初年度12ヶ月間割引
  • ・日経電子版Pro 月額利用料1ヶ月無料

個人事業主向けのおすすめ個人カード3選

ここまで法人カードをいくつか紹介してきましたが、もし年会費永年無料で、還元率も高水準のカードを探している方は以下のような個人用カードも検討してみてはいかがでしょうか。個人用のおすすめクレジットカードの中から3種類ご紹介します。

JCB CARD W
JCB CARD W
楽天カード
楽天カード
リクルートカード
リクルートカード
年会費 永年無料 永年無料 永年無料
還元率 1.0% 1.0% 1.2%
国際ブランド JCBロゴ VISAロゴmastercardロゴアメックスロゴJCBロゴ VISAロゴmastercardロゴJCBロゴ
作成に必要なもの 本人確認書類 本人確認書類 本人確認書類
利用可能額 ~100万円 ~100万円 10~100万円
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(利用) 海外:最高2,000万円(利用) 海外:最高2,000万円(利用)
国内:最高1,000万円(利用)
追加カード年会費 無料 無料 無料
ETCカード年会費 無料 550円*1 無料
連携の会計ソフト freee、弥生会計 freee、弥生会計、マネーフォワード freee、マネーフォワード
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

表内は税込です。
*1 楽天PointClubでプラチナ会員、ダイヤモンド会員であれば無料

JCB CARD Wは年会費無料でAmazonの利用がお得なカード

JCB CARD W

総合評価

表示しない
年会費 無料
還元率 1.0%
国際ブランド jcb
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 提携店舗での利用で還元率大幅アップ。スターバックス10倍、セブン-イレブン3倍、ビックカメラ2倍
  • 39歳以下が申し込めるWeb入会限定カード
  • 利用付帯の海外旅行傷害保険付き

キャンペーン情報

  • 新規入会&MyJCBアプリのログインのうえ、Amazonの利用で20%(最大10,000円)キャッシュバック
    *2022年6月30日(木)まで

JCB CARD Wは通常還元率1.0%と高還元なカードです。また39歳以下なら年会費無料で、39歳までに入会すれば40歳以降も年会費がかからずに使うことができます。

さらに貯まったポイントはnanacoやPontaポイント、WAONなどへ交換できるので、経費の利用で貯まったポイントをプライベートの買い物でも使いやすくなります。

■交換可能ポイントと交換レート
nanacoポイント 1pt=5nanacoポイント
Pontaポイント 1pt=5Pontaポイント
WAON 1pt=4WAONポイント
JCBギフトカード 350pt=1,000円分から
Amazon 1pt=3.5円
JAL、ANAマイル 1pt=3マイル

すでに紹介した法人向けの「JCB CARD Biz」とのおもな違いは次のとおりです。

JCB CARD Bizに付帯する「会計ソフトの割引」「出張手配サービス」「コワーキングスペースの優待」などの法人向けサービスが不要で年会費をかけたくない方は「JCB CARD W」がおすすめです。

【JCB CARD WとJCB CARD Bizの比較】
JCB CARD W
JCB CARD W
JCB CARD Biz
JCB CARD Biz
年会費
無料
1,375円(税込)
初年度年会費無料
還元率
1.0%
0.5%
決済口座
個人名義口座
・【法人代表者の場合】法人口座、個人名義口座
・【個人事業主の場合】屋号付き口座、個人名義口座
保険 ・海外:最高2,000万円(利用付帯)
・国内:なし
・海外:最高3,000万円(利用付帯)
・国内:最高3,000万円(利用付帯)
おもな特典 ・セブン-イレブンの利用でポイント3倍
・Oki Doki ランドの利用でポイント3~20倍
・JCB特約店の利用でポイント最大11倍
・法人向け出張サービス
・「じゃらんnet」の法人限定シークレットプラン「JCS限定プラン」
・「弥生会計 オンライン」と「やよいの青色申告 オンライン」が初年度無料
■JCB CARD Wの特徴
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(利用)
国内:なし
ショッピング補償 なし
利用可能枠 ~100万円
利用可能な支払い方法
  • ショッピング1回払い
  • ショッピング2回払い
  • ボーナス1回払い
  • ショッピングリボ払い
  • ショッピング分割払い
  • ショッピングスキップ払い
ETCカード年会費 無料
追加カード年会費 無料

楽天カードは楽天市場の利用でポイント最大15倍になる

楽天カード

楽天カード

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 1.0%
国際ブランド visamasteramericanexpressjcb
電子マネー
rakuten
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

おすすめポイント

  • 楽天サービスでの利用でポイントアップ

キャンペーン情報

  • 新規入会と利用で5,000ポイントもらえる

楽天カードは基本還元率は1.0%ですが、楽天市場での利用は還元率3.0%となったり、ポイントアップキャンペーンが頻繁に実施されるため、インターネットでの買い物が多い方はポイントが貯めりやすくおすすめです。

楽天トラベルや楽天ブックスなど楽天グループの幅広いサービスでポイントを使うことができます。

2022年4月1日から楽天市場のポイント付与ルールが「税込価格」から「税抜価格」へ変更されます

■楽天カードの特徴
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(利用)
国内:なし
ショッピング補償 なし
利用可能枠 ~100万円
利用可能な支払い方法
  • ショッピング1回払い
  • ショッピング2~36回払い
  • リボ払い
  • ボーナス1回、2回払い
ETCカード年会費 無料*
追加カード年会費 無料

* 楽天PointClubでプラチナ会員、ダイヤモンド会員であれば無料

リクルートカードはいつでも還元率1.2%の高還元率カード

リクルートカード

総合評価

表示しない
年会費 永年無料
還元率 1.2%
国際ブランド visamasterjcb
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

国際ブランドにより、ポイント対象の電子マネーが異なる

おすすめポイント

  • 年会費 永年無料なのに、常時1.2%の高還元率

キャンペーン情報

  • 新規入会と利用で最大6,000円分相当のポイントプレゼント(JCB限定)

リクルートカードは年会費永年無料ながら、還元率が常時1.2%と高水準のカードです。公共料金の支払いなども対象のため、毎月の経費の支払いで効率的にポイントを貯めたいという方にとっては選択肢の一つとなります。

ただし、一部の電子マネーチャージでは1ヶ月あたり30,000円分までが1.2%還元の対象です。

■リクルートカードの特徴
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(利用)
国内:最高1,000万円(利用)
ショッピング補償 年間200万円
利用可能枠 10~100万円
利用可能な支払い方法
  • ショッピング1回払い
  • ショッピング2回払い
  • ショッピング分割払い
  • リボ払い
  • ボーナス1回払い
ETCカード年会費 無料
追加カード年会費 無料

ビジネス特典を国際ブランドとクレジットカード会社の2種類で比較

ビジネスカードの特典は発行する国際ブランドに付帯している特典と、クレジットカード会社の特典の2種類があります。

例えば、三井住友カードビジネスオーナーズの場合、発行している国際ブランドの種類はVISAなので、VISAのVISAビジネスオファーと三井住友カードのビジネスサポートサービスの両方の特典が利用できるということです。

またクレジットカード会社独自のビジネス特典がない場合は、国際ブランド付帯のビジネス特典のみが適用となります。

クレジットカードのビジネス特典比較表

クレジットカード 国際ブランドのビジネス特典 カード会社のビジネス特典
三井住友カード ビジネスオーナーズ
三井住友カード ビジネスオーナーズ小
VISAビジネスオファー ・アスクルサービス
・日産レンタカー/タイムズ カー レンタルを優待価格で利用可能
・アート引越センター/サカイ引越センター/ラク越・引越革命*1優待
・GVA 法人登記サービスが三井住友カード限定クーポンで利用可能*2
・SMBCクラウドサイン 電子契約サービス
Airカード
Airカード
JCBの法人会員向けサービス
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・カード(小)
アメリカン・エキスプレス ビジネス・セービング ・福利厚生プログラム「クラブオフ」(登録制)
・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」月会費無料(登録制)
・ビジネス・カード会員様限定 補助金・助成金検索サービス
NTTファイナンス Bizカード for owners
NTTファイナンス Bizカード for owners
VISAビジネスオファー ・JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)(1年中、同じ値段で東海道・山陽新幹線(東京~博多間)に乗車可能)
・出光キャッシュバックシステム(ガソリン代が2円~最大40円/ℓ引き)
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード
ビジネスアドバンテージ ・「flier(フライヤー)」の読み放題プラン(ゴールドプラン)が30日間無料、月額利用料金が永久に15%オフ
・クラウド型経費精算の「Staple(ステイプル)」の優待
・エックスサーバーのレンタルサーバーの初期設定費用無料
・法人向けモバイルWi-Fiが特別価格
・かんたんクラウド(MJS)の月額利用料3ヶ月無料
freee MasterCard
freee Mastercard
Mastercardビジネスアシスト ・「クラウド会計ソフト freee会計」2,000円分ディスカウントクーポン(freee会計の新規申込が条件)
・「Adobe Creative Cloudコンプリートプラン(個人版)」を初年度15%OFF(税別 10,224円/年 相当の値引き)
・オフィス検索サイト「officee」に掲載の物件が仲介手数料無料、新品オフィス家具も割引
・「Kagg.jp」で新品オフィス家具を割引
・キャスタービズ初月利用料10%off(3ヶ月の継続利用が条件)
・ビジネス向けインターネット接続サービス「TRIBE-biz」が割引
・モノタロウ10%offクーポン
・弁護士、税理士、社労士への相談1回無料*3
JCB CARD Biz
JCB CARD Biz
JCBの法人会員向けサービス -
EX Gold for Biz S
EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
・VISAビジネスオファー
・Mastercardビジネスアシスト/Mastercard T&E Savings
・空港ラウンジ無料サービス(国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川)
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド小
VISAビジネスオファー ・アスクルサービス
・日産レンタカー/タイムズ カー レンタルを優待価格で利用可能
・アート引越センター/サカイ引越センター/ラク越・引越革命*1優待
・GVA 法人登記サービスが三井住友カード限定クーポンで利用可能*2
・SMBCクラウドサイン 電子契約サービス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ビジネスアドバンテージ ・「flier(フライヤー)」の読み放題プラン(ゴールドプラン)が30日間無料、月額利用料金が永久に15%オフ
・クラウド型経費精算の「Staple(ステイプル)」の優待
・エックスサーバーのレンタルサーバーの初期設定費用無料
・法人向けモバイルWi-Fiが特別価格
・かんたんクラウド(MJS)の月額利用料3ヶ月無料
ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネス・オファー ・ビジネスラウンジ&コ・ワーキングスペース
・ビジネスコンサルティングサービス
・クラウド会計ソフト「freee会計」
・ゴルファー保険
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード縮小
アメリカン・エキスプレス ビジネス・セービング ・福利厚生プログラム「クラブオフ」(登録制)
・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」月会費無料(登録制)
・ビジネス・カード会員様限定 補助金・助成金検索サービス
・クラウドソーシング仕事依頼サイト「Lancers」が初回無料
・補助金・助成金検索サービスを割引価格で利用可能
・DELL Technologies 優待特典
・ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン
クレジットカード 国際ブランドのビジネス特典 カード会社のビジネス特典
三井住友カード ビジネスオーナーズ
三井住友カード ビジネスオーナーズ小
VISAビジネスオファー ・アスクルサービス
・日産レンタカー/タイムズ カー レンタルを優待価格で利用可能
・アート引越センター/サカイ引越センター/ラク越・引越革命*1優待
・GVA 法人登記サービスが三井住友カード限定クーポンで利用可能*2
・SMBCクラウドサイン 電子契約サービス
Airカード
Airカード
JCBの法人会員向けサービス
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・カード(小)
アメリカン・エキスプレス ビジネス・セービング ・福利厚生プログラム「クラブオフ」(登録制)
・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」月会費無料(登録制)
・ビジネス・カード会員様限定 補助金・助成金検索サービス
NTTファイナンス Bizカード for owners
NTTファイナンス Bizカード for owners
VISAビジネスオファー ・JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)(1年中、同じ値段で東海道・山陽新幹線(東京~博多間)に乗車可能)
・出光キャッシュバックシステム(ガソリン代が2円~最大40円/ℓ引き)
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード
ビジネスアドバンテージ ・「flier(フライヤー)」の読み放題プラン(ゴールドプラン)が30日間無料、月額利用料金が永久に15%オフ
・クラウド型経費精算の「Staple(ステイプル)」の優待
・エックスサーバーのレンタルサーバーの初期設定費用無料
・法人向けモバイルWi-Fiが特別価格
・かんたんクラウド(MJS)の月額利用料3ヶ月無料
freee MasterCard
freee Mastercard
Mastercardビジネスアシスト ・「クラウド会計ソフト freee会計」2,000円分ディスカウントクーポン(freee会計の新規申込が条件)
・「Adobe Creative Cloudコンプリートプラン(個人版)」を初年度15%OFF(税別 10,224円/年 相当の値引き)
・オフィス検索サイト「officee」に掲載の物件が仲介手数料無料、新品オフィス家具も割引
・「Kagg.jp」で新品オフィス家具を割引
・キャスタービズ初月利用料10%off(3ヶ月の継続利用が条件)
・ビジネス向けインターネット接続サービス「TRIBE-biz」が割引
・モノタロウ10%offクーポン
・弁護士、税理士、社労士への相談1回無料*3
JCB CARD Biz
JCB CARD Biz
JCBの法人会員向けサービス -
EX Gold for Biz S
EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
・VISAビジネスオファー
・Mastercardビジネスアシスト/Mastercard T&E Savings
・空港ラウンジ無料サービス(国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川)
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド小
VISAビジネスオファー ・アスクルサービス
・日産レンタカー/タイムズ カー レンタルを優待価格で利用可能
・アート引越センター/サカイ引越センター/ラク越・引越革命*1優待
・GVA 法人登記サービスが三井住友カード限定クーポンで利用可能*2
・SMBCクラウドサイン 電子契約サービス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ビジネスアドバンテージ ・「flier(フライヤー)」の読み放題プラン(ゴールドプラン)が30日間無料、月額利用料金が永久に15%オフ
・クラウド型経費精算の「Staple(ステイプル)」の優待
・エックスサーバーのレンタルサーバーの初期設定費用無料
・法人向けモバイルWi-Fiが特別価格
・かんたんクラウド(MJS)の月額利用料3ヶ月無料
ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネス・オファー ・ビジネスラウンジ&コ・ワーキングスペース
・ビジネスコンサルティングサービス
・クラウド会計ソフト「freee会計」
・ゴルファー保険
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード縮小
アメリカン・エキスプレス ビジネス・セービング ・福利厚生プログラム「クラブオフ」(登録制)
・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」月会費無料(登録制)
・ビジネス・カード会員様限定 補助金・助成金検索サービス
・クラウドソーシング仕事依頼サイト「Lancers」が初回無料
・補助金・助成金検索サービスを割引価格で利用可能
・DELL Technologies 優待特典
・ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン

*1 ・アート引越センター:引越し基本料金(車両費+人件費)30%割引
・サカイ引越センター:引越し基本料金(車両費+人件費)25%割引
・引越革命:引越し基本料金(車両費+人件費)30%割引 ほか 国内引越しに限る。3~4月の繁忙期には、一部対象とならない期間あり。各引越会社で同時期に実施するほかの優待との重複不可。
*2 クーポンコードは、GVA 法人登記の購入ページにて利用。申し込みの際の登録内容はGVA TECH株式会社にて収集・保護・管理される
*3 所定の弁護士、税理士、社労士への相談

クレジットカード会社や国際ブランドのビジネス特典内容

ここからは国際ブランド別のビジネス特典について詳しくご紹介します。

VISAビジネスオファーの特典内容

  • トビラフォン Cloud

    ・初期費用の3万円が無料

  • ヤフー株式会社

    ・新規のYahoo!広告の申し込みで、広告費用5,000円分をプレゼント

  • サーブコープジャパン

    ・バーチャルオフィス・コワーキングスペースの優待

  • ユーゴ / 印刷サイト「スプリント」

    ・プリントサービスを5%割引

  • 日本交通

    ・ハイヤー利用料の優待

  • オプティVAT登録代行サービス

    ・VAT登録手数料、申請手数料の優待

  • ブラザーダイレクトクラブ

    ・ブラザーダイレクトクラブにて全商品10%OFF

  • マネーフォワード クラウド会計・確定申告

    ・特定プランの契約で利用開始から3ヶ月無料

  • エグゼクティブセンター

    ・優待価格で利用可能

  • スマイルワークス

    ・SmileWorksの無料トライアル

  • エグゼクティブセンター

    ・サービスオフィス12ヵ月以上の契約で20%割引
    ・コワーキング・バーチャルオフィス6ヶ月以上の契約で1ヶ月無料利用
    ・会議室の利用料金を20%割引

  • メリービズ バーチャル経理アシスタント

    ・サービス料金から10%割引

  • ナバシス

    ・Visa法人カードでの支払いで、Google Cloudプラットフォーム(GCP)またはGoogle Mapsプラットフォーム(GMP)のクレジット5,000ドルをプレゼント。

  • Amazon ビジネスとの提携

    ・優待価格で利用可能

引用:Visaビジネスオファー
* 優待に関する内容は、各サービス会社に直接お問い合わせください。

利用可能カード

  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ
  • NTTファイナンス Bizカード for owners
  • EX Gold for Biz S(VISAを選択した場合)
  • 三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド

JCBの法人会員向けサービスの特典内容

  • JCBタクシーチケット
  • ANA Biz
  • JCB de JAL ONLINE
  • JR東海「エクスプレス予約」サービス
  • じゃらんコーポレートサービス
  • KINTO
  • クロスオフィス

    ・1ヶ月利用料無料

  • 福利厚生倶楽部
  • アスクルサービス

引用:法人会員向けサービス一覧
JCBの法人会員向けサービスの中でも次の特典は、JCB系のビジネスカードで利用できます。
※一部、サービスの対象とならない法人カードがあります。カード券面に「CORPORATE」や「JCB CARD Biz」の記載があり、カード番号が「354」からは始まるものが対象です。

利用可能カード

  • Airカード
  • JCB CARD Biz

Mastercardビジネスアシストの特典内容

  • VAT(付加価値税)回収サービス

    ・通常手数料の40%ディスカウント

  • JTB リアル&オンライン イベントサポート

    ・施設問わずカード決済可能
    ・営業進行管理費5%オフ

  • LAPITA(ラピタ)

    ・LAPITA主催のイベント、ツアー優待

  • ベネフィット・ステーション

    ・入会金無料、月会費も特別価格

  • 経費 BankⅡ

    ・初期導入支援費用25万円が半額、月額費用3ヶ月間無料

  • eKeihi

    ・初期登録費用10万円が無料

  • 0063携帯電話使い分けサービス

    ・通常の通話料金から20%割引

  • じゃらんコーポレートサービス

    ・じゃらん限定ポイント1%を追加付与

引用:Mastercardビジネスアシスト サービス・特典一覧

Mastercard T&E Savingsの特典内容

  • ダイニング by 招待日和

    ・全国約200店の有名レストラン 2名様以上の利用で1名様が無料

  • 国内ホテル Hotels.com 優待サービス

    ・4%~8%割引にてホテル予約

  • 国内ダイナミックパッケージ優待サービス
  • タイムズ カー レンタル

    ・レンタカー基本料金より15%割引(軽自動車は10%割引)

  • ニッポンレンタカー

    ・レンタカー基本料金より約5%割引

  • 東京リスマチック

    ・オンデマンド印刷のプリントフィー、大判カラー出力の出力料金を通常価格より15%割引

  • 国際線手荷物優待サービス

    ・帰国時の手荷物を優待価格 500円で宅配サービス

  • 空港クローク優待サービス

    ・1着につき10%割引

  • 海外携帯電話 WiFiレンタルサービス

    ・海外WiFiルーターは通信料15%OFF
    ・海外携帯電話は通信料15%OFF レンタル料金50%OFF

  • 海外ホテル Hotels.com 優待サービス

    ・4%~8%割引にてホテル予約

  • 国際線手荷物無料宅配(2個)

    ・出発・帰国時の手荷物を無料宅配(2個まで)

  • 海外航空券優待サービス

引用:Mastercard T&E Savings サービス・特典一覧

利用可能カード

  • EX Gold for Biz S(Mastercardを選択した場合)

ビジネスアドバンテージの特典内容

  • ハーツレンタカー

    ・アフォーダブル料金(事前予約割引料金)よりさらに10%オフ

  • 電話代行サービス「e秘書」

    ・月額基本業務料を12%オフ

  • DHLエクスプレスワールドワイド

    ・輸送料金10%オフ

  • TKP

    ・「TKP研修ネット」宿泊研修プラン5%オフ
    ・「TKP貸会議室ネット」会議室室料10%オフ

  • オフィス・デポ

    ・商品代金3%オフ

  • PRESIDENT

    ・年間購読料46%オフ

  • 週刊ダイヤモンド

    ・年間購読料優待

引用:ビジネスアドバンテージ

利用可能カード

  • セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス ビジネス・セービングの特典内容

  • ハーツレンタカー

    ・アフォーダブル料金(事前予約割引料金)よりさらに10%オフ

  • ベルシステム24の電話代行サービス「e秘書」

    ・月額基本業務料を12%オフ

  • DHLエクスプレスワールドワイド

    ・輸送料金10%オフ

  • TKP

    ・「TKP研修ネット」宿泊研修プラン5%オフ
    ・「TKP貸会議室ネット」会議室室料10%オフ

  • オフィス・デポ

    ・商品代金3%オフ

  • PRESIDENT

    ・年間購読料46%オフ

  • 週刊ダイヤモンド

    ・年間購読料優待

参考:アメリカン・エキスプレス 中小規模企業の経営者・個人事業主向けビジネス・カード

利用可能カード

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

ダイナースクラブ ビジネス・オファーの特典内容

  • 企業情報/入札情報サービス

    ・G-Searchデータベースサービスの月額基本料を6ヵ月間無料

  • 健康診断

    ・人間ドックなどが利用できる複数の病院の優待割引

  • 株式会社INSPA

    ・法人会員入会金110,000円(税込)*1が無料

  • ベリーベスト法律事務所

    ・3,480円(税込)/月(通常3,980円(税込)/月)で法律顧問契約が締結可能

  • 辻・本郷 税理士法人

    ・相続・事業承継支援、税務顧問サービスにかかる初回の相談料が無料(1時間程度)*2

  • G-Callショッピング

    ・リサイクルトナー5%割引

  • オフィスステつkーション

引用:ダイナースクラブ ビジネス・オファー
*1 法人会員会費は店舗によって異なります
*2 初回以降の相談は有料。依頼内容により費用が異なる。

利用可能カード

  • ダイナースクラブ ビジネスカード

個人事業主の法人カードの作り方と必要なもの

最後に個人事業主の法人カードの作り方について紹介します。まずはカードの発行に必要なものです。

1:法人カード発行に必要なもの

法人カードの発行では基本的に下記の3つが必要になります。

法人カードの発行に必要なもの

  • 登記簿謄本 or 印鑑証明書
  • 代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 法人(事業用)口座

ただし、法人カードの中でも個人事業主向けのカードは登記簿謄本などが不要のカードが多くあります。なるべく手間を削減したい、開業前にカードを作りたいという場合は次のような本人確認書類と口座のみで発行可能なカードを申し込むといいでしょう。

本人確認書類と口座だけで作れる法人カード

  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ
  • 三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド
  • JCB CARD Biz
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • ダイナースクラブ ビジネスカード

2:法人カードの申し込みの流れ

クレジットカードの申し込みは、インターネットから簡単に行うことができます。基本的には個人カードの発行の流れと変わりません

Step1:オンラインフォームから各種必要情報を記入
クレジットカードの申し込みサイトから、フォームの指示に従って氏名や生年月日、年収などの本人情報などを入力します。
また職業や勤務先の記入は「自営業」とし、屋号を入力します。事務所などをもたない場合は、勤務地に自宅の住所を入力しましょう。
Step2:審査を受ける
記入した情報をもとに、カード会社にて審査が行われます。審査は数日で完了する場合もあれば、1ヶ月程度かかるケースもあります。もし直近でカードが必要な場合は、今回紹介した「三井住友カード ビジネスオーナーズ」なら、審査結果は最短当日、発行は最短3営業日なのでおすすめです。
Step3:書類の記入や本人確認書類の提出
申し込みの際にインターネットを通じてアップロードしている場合は必要ありません。もしカード会社より送られてきた必要書類の返送や必要書類の提出が求められた場合には対応しましょう。
Step4:カード発行
全ての手続きが完了すると、ようやくカードが発行・発送されます。基本的には「簡易書留」で郵送され、発送元や住んでいる地域によって手元に届くまでの時間は異なります。

個人事業主の事業用クレジットカードのよくある質問

ここからは個人事業主がクレジットカードを持つ際の疑問について解説します。

Q:個人事業主は事業用と個人用でクレジットカードを分ける方がいいのか?

結論からいうと、分けた方がいいです。

事業用のクレジットカードでプライベートの支払いをした場合や、個人用のクレジットカードで経費を支払った場合は分けて帳簿をつけなくてはなりません。

青色申告の場合は、最高65万円の青色申告特別控除が受けられますが、複式簿記となりなおさら面倒です。個人事業主は事業用のクレジットカードを1枚は持っておくといいでしょう。

Q:個人事業主の口座は?事業用口座と個人用口座と分けるべき?

確定申告では事業に関するお金の流れをすべて申告しなくてはいけません。

そのため口座にプライベートの出金や入金、事業の報酬や支出が混ざっていると会計処理が複雑になってしまいます。そのため個人事業主は事業用口座を作成したほうがいいでしょう。

法人カードの引き落とし口座は個人名義の口座でも登録できます。口座に屋号がついていなくても問題ありません。もし口座に屋号を付けたい場合は、開業届を出す際に屋号記載し申請する必要があります。

Q:個人事業主向けのカードで審査が甘いカードはある?

基本的にクレジットカードによって審査が甘いということはありません。クレジットカードの審査はローン状況や滞納歴などによります。

また個人カードの中には申し込みから最短5分でカード番号が発行されるものや翌日にはカード会社から発行・発送されるものがあります。審査による発行の遅れが心配な場合は、個人用カードの即日発行可能なクレジットカードを選ぶといいでしょう。

Q:個人事業主のクレジットカード利用分の確定申告の方法は?

青色申告の個人事業主が事業用クレジットカード(法人カードや個人用カード)利用分を会計処理する場合、複式簿記となるので「実際にカードを利用した日」と「カード利用料を引き落とされた日」を分けて処理する必要があります。

帳簿には「実際にカードを利用した日」の貸方勘定項目を未払金とし、「カード利用料を引き落とされた日」には借方勘定項目に未払金、貸方勘定項目に事業用口座(普通預金など)を記載します。

例)
2/9に事業用のクレジットカードで5,000円の事務用品を購入し、3/31に事業用の口座から引き落とされた。

日付
借方勘定項目
金額
貸方勘定項目
金額
2/9 消耗品費 5,000円 未払金 5,000円
日付
借方勘定項目
金額
貸方勘定項目
金額
3/31 未払金 5,000円 普通預金 5,000円

Q:クレジットカードのポイントの仕訳はどうするの?

クレジットカードの特典によってはポイントがキャッシュバックされ、支払額と引き落とし額が異なる場合がありますよね、その際はポイント分を「値引き」か「収入」として処理します。

「値引き」の場合はポイントで引かれた額、「収入」の場合はポイントで引かれる前の金額とポイントを雑収入として処理します。

Q:会計ソフトとの連携ってなに?

会計ソフトの多くはクレジットカードとAPI連携ができ、利用明細等を会計ソフトに取り込めます。クレジットカードの明細を自身でパソコンなどに打ち込む必要はないので、経費精算処理が簡単で確定申告もスムーズに行えます。

クレジットカードによって連携可能なソフトが異なるので、事前に確認したうえでクレジットカードや利用する会計ソフトを選ぶといいでしょう。

Q:クレジットカードの領収書はいらない?

クレジットカードでの支払いの際は領収書は不要ですがクレジットカードを利用した際に店舗でもらえる「クレジットカードの利用明細書」や「売上票」などは保管しておきましょう。もし税務調査の対象になった場合に最大7年分の資料が必要となります。

また2022年1月1日より電子帳簿保存法の改訂が行われ、メールやECサイトでの電子取引の紙保存はNGとなり、電子保存が原則となるので注意が必要です(ただし令和5年12月31日までは、準備期間として紙保存も許容されています)。(参考:電子帳簿保存法が改正されました - 国税庁)

Q:クレジットカードは開業前に作った方がいい?

法人向けのクレジットカードを作成を希望する場合は、開業届を出した後にカードの申し込みを行います。またその際は開業届を2部用意し1つは控えとして保管しておくことをおすすめします。

もしくは個人事業主は個人向けクレジットカードでも事業用として利用できるので、会社を退職し独立起業を考えている方は退職前に個人用カードを1枚作成し、まずは事業用として利用してみてもいいかもしれません。

Q:コーポレートカードって何?法人カードと違うの?

コーポレートカードとは、従業員が多い大企業向けのクレジットカードのことです。

また「法人カード」は総称で、中小企業や個人事業主向けのカードは「ビジネスカード」と呼ばれます。つまり、この記事内で紹介しているクレジットカードはすべてビジネスカードということです。

この記事のまとめ

  • 経費をクレジットカード払いにすると管理が楽になる
  • 法人カードがおすすめの個人事業主
    ・ステータスが高いカードを持ちたい
    ・特典が充実している方がいい
    ・出張の機会が多い
    ・ETCカードなどを複数ほしい
  • 個人用カードがおすすめの個人事業主
    ・ビジネスサポートはなくていい
    ・高額な支払いをする予定はないので、限度額は低くてもよい
    ・ポイントを貯めたい

経費処理の手間を削減するうえでクレジットカードの利用は欠かせません。ポイントを貯めることで経費削減につながるほか、ビジネスの効率をあげるさまざまな特典も付帯します。

ぜひ自分にぴったりのクレジットカードを検討してみてくださいね。

関連記事

時間アイコン22.05.12

【アメックスビジネスゴールド】アメックスならではの豊富な特典や注意点について解説

アメックスビジネスゴールド

時間アイコン22.05.20

年会費無料の法人カードでも大丈夫? 機能十分のおすすめカードを紹介

年会費無料の法人カード

時間アイコン22.04.28

アメックスビジネスグリーンは事業立ち上げ初期にもおすすめ!審査難易度も解説

アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・カード

TOP